※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず、http://trac.osgeo.org/osgeo4w/に行く。
(実は、これはhttp://www.qgis.org/en/download/current-software.html
1.3.0 Mimas, Windows-OSGeo4W,
Download: http://trac.osgeo.org/osgeo4w/,
Package qgis-unstable in'Advanced Installation'からたどり着く) ”

Quick Start for OSGeo4W Users”の下にある

1. Download the OSGeo4W Installer.
2. Run the installer
.......
で、 OSGeo4W Installerをダウンロードして、適当なディレクトリに保存する
(または保存せずにそのまま実行ボタンを押してもよい)。
保存されたosgeo4w-setup.exeを実行する。
"OSGeo4W Net Release Setup Program"で、"Advanced Install"をチェック。
次に、"Install from Internet"をチェック。
あとは何回か「次へ」のボタンを押して、
”Select Packages"のウィンドウで、  
"Desktop"の部分をクリックすると、GRASSとQGISの選択するプルダウンメニューが出てくる。
デフォルトではすべて"Skip"になっている。
ここで、一行目の"grass"の行の左端の"Skip"をクリックすると、
"Skip"の文字が"6.4.0svn-3"に変わり、ボックスにチェックが入る。
QGISの方は、上から6番目のqgis-unstable: Quantum GIS (unstable release)の
先頭の"Skip"を同様にクリックすると、"Skip"が"1.3.0-1"に変わり、
ボックスにチェックが入る。
この二つの作業だけで、「次へ」のボタンを押す。
インストール作業はこれで完了です。
後は、QGISを立ち上げて、プラグインでGRASSが使えるようにする。