※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

帝國化を目指すまっくろ島と、それを阻止する義務を負う当時帝國島のN島を中心にT.2887に起こった戦争。
参戦島は14島、総計人口被害は1663万1100人に上り、史上最大の世界大戦である。

経緯 [#hee136c3]

T.1900にN島帝國となり、世界は第3シーズンへと進んでいった。
この第3シーズンにおけるポイント制度ではまっくろ島は、完全に他の追随を許さないものであった。
まっくろ島は前人未到の600万人を突破し、財政状況も平均水準の3倍を維持し、まさに最強の島であった。
まっくろ島は人口面だけでなく、弱小であった軍事力にも手を入れ、防衛衛星を打ち上げるまでに至った。
こうしてまっくろ島は、2100、2200ターン杯獲得、帝國化回避のため2300を譲り、首位復帰し2400、2500を獲得後、再び2600を辞退し、さらに2700、2800と、第3シーズンだけで6回ものターン杯を獲得するに至った。
そしてついに2800ターン杯獲得後、まっくろ島の2度目の帝國化宣言が出され、第二次まっくろ島帝國化戦争が勃発した。

戦闘経緯 [#j23aee8d]

※宣戦布告の括弧内は戦略発動時期

T.2879 [#l8c3f95e]

N島とエコーズact3島、まっくろ島に宣戦布告(2888)
まっくろ島、N島に宣戦布告(2888)

T.2885 [#a3b22982]

ぱられる島水底島、エコーズact3島に宣戦布告(2888)

T.2886 [#ec49b160]

竜宮島、まっくろ島とN島に宣戦布告(2888)及びエコーズact3島に宣戦布告宣戦布告(2890)
◇水晶◇島、エコーズact3島に宣戦布告(2888)
水晶、クレタに宣戦布告(2893)
暗黒島、まっくろ島に宣戦布告(2888)

T.2887 [#s5bbd367]

まっくろ島が宣戦布告を破棄し、N島に奇襲攻撃開始。同島の防災型食物研究所をレーザーで破壊。

T.2888 [#d4296c76]

エコーズが自ら105万5700人の人口を削減し、3位に順位を下げる。
グリード島がまっくろ島に宣戦布告(2890)

T.2890 [#r09c2765]

エコーズがクレタ・モラッタ島、ぱられるに抜かれ3位から5位に転落
水底島がN島に宣戦布告(2894)及びグリード島に宣戦布告(2892)

T.2891 [#wd3b52ce]

エコーズが8位転落
ぱられる島がN島、クレタ、暗黒島に宣戦布告(2893)
水晶島、クレタに宣戦布告(2893)、クロード島に宣戦布告(2893)さらにN島に宣戦布告(2895)
水底島がN島とクレタに宣戦布告(2894)
クロード島がまっくろ島に宣戦布告(2895)
Another Moebius島がまっくろ島に宣戦布告(2894)

T.2892 [#fc044456]

まっくろ島4位転落
まっくろ島、Another Moebius島に宣戦布告(2894)

T.2893 [#f7ed844f]

Another Moebius島、宣戦布告を破棄し、まっくろに攻撃
水底島、クロード島及びAnother Moebius島に宣戦布告(2895)

T.2894 [#ca8d124b]

ぱられる島がクロード島、グリード島及びAnother Moebius島に宣戦布告(2896)
水晶島が、マレーシア諸島、グリード島及びAnother Moebius島に宣戦布告(2897)

T.2895 [#t53a473e]

ブラボー島がまっくろ島に宣戦布告するが、正当な宣戦布告にあらず(2896)
水底島がマレーシア諸島及び暗黒島に宣戦布告(2897)
水晶島が、マレーシア諸島への宣戦布告を撤回し、戦闘回避を提案

T.2896 [#d950ee10]

マレーシア諸島、声明を発表し水晶、水底との戦闘回避

T.2898 [#g5e91a74]

まっくろ島N島に再度宣戦布告
ぱられる島、マレーシア諸島に宣戦布告(2900)その後声明発表。
水底島、マレーシア諸島に宣戦布告(2900)

T.2899 [#be577b9d]

N島、滅亡する。

T.2900 [#l7d09cb2]

帝國化戦争終戦 停戦命令発令
まっくろ島の帝國化は失敗する
ぱられる島がマレーシア諸島を逆転し、ターン杯獲得


結果 [#r1f8d15a]

まっくろ島の帝國化はまたも失敗に終わった。
しかし、現帝國のN島は、戦闘によって滅亡し帝國を剥奪された。
事実上の戦勝国はエコーズact3島率いるム~さん陣営となった。
一方まっくろ島の帝國化に加担したMonster Busters加盟島は敗戦国となり、
MB同盟は解散した。


戦後処理 [#l42725f6]

終戦後、マレーシア諸島の首都ファイレクシアで、ファイレクシア会議が開かれ、戦後処理が行われた。


一般報道 [#g95448ae]

戦時中は、マジョルカ国際通信(ECIM)が世界情勢の報道を行った。
これらは、同局のバックナンバーECIM 01より参照できる。

関連記事 [#la4265e2]