戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU-乱&大乱@まとめwiki
メニューページで#nomenu2()プラグインはご利用できません。3カラムでなく、2カラムのデザインテンプレートをご利用ください。

不如帰 大乱







不如帰 乱

メニュー



カードリスト



その他




更新履歴

取得中です。


現在の知行高は - 石です
今日は - 石増加しました
昨日は - 石増加しました


武将カード:東日本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No.001
武将名 なんぶ のぶなお 能力 知行 3 武力 3 槍兵
南部 信直 行動 2 兵力 5
所属 南部家 大名 値段 45金
大樹の陰
戦闘開始時、敵軍武将の「武力」と「行動」を基本値に戻し、それぞれの数値を入れ替える。この効果はゲーム終了時まで継続する。
出現 - Illustration F.S
南部氏中興の祖といわれる南部氏第26代当主。

「大樹の陰」は、行動の低い猛将タイプの武将に使うのが基本だが、
戦闘の度に入れ替えが発生するので2回目の戦闘では元の武力に戻してしまうので注意。
地味に「基本値に戻す」効果が強い。政宗無双や腰元無双で手が付けられなくなった時にも役に立つ能力。



No.002
武将名 くのへ まさざね 能力 知行 2 武力 2 槍兵
九戸 政実 行動 1 兵力 4
所属 南部家 家臣 値段 35金
大暴れ
戦闘での攻撃時、一定の確率で1回~3回の攻撃を行う。攻撃回数それぞれの確率は、1回攻撃が40%、2回攻撃が30%、3回攻撃が30%。
出現 - Illustration F.S
『北の鬼』の異名を持つだけあって、イラストはもはや人外の域。
今作では南部氏の家臣扱いであるが、歴史上では南部氏と並ぶ大名であったりする。

能力・特技ともに決して弱くは無いのだが、知行2には有用な武将が数多いために彼の出番は少ないだろう。



No.003
武将名 つがる ためのぶ 能力 知行 2 武力 3 弓兵
津軽 為信 行動 4 兵力 4
所属 南部家 家臣 値段 40金
反逆の徒
合戦場に配置される場合、自軍の予備兵力を減少させる。予備兵力の減少量は、3~5の中からランダムで決定される。
出現 - Illustration F.S
三国志の英雄・関羽になぞらえて「髯殿」と呼ばれた弘前藩初代藩主。

対人戦では士気や予備兵力を狙われやすいので、自らの兵力を削ってしまう特技は厳しい。
高スペックとはいえ知行2なので、戦況を引っくり返すほどの爆発力が期待できないのも痛いところ。



No.004
武将名 だて てるむね 能力 知行 3 武力 3 騎兵
伊達 輝宗 行動 3 兵力 5
所属 伊達家 大名 値段 45金
先人の知恵
戦闘開始時に、自身と敵軍武将の持つ「伝令」を1枚だけ入れ替える。
出現 - Illustration 木村明広
戦国時代には珍しく、温厚であったといわれる伊達家16代当主。

「先人の知恵」を活かすには自身にマイナス効果の伝令を装備させておく必要があり、使いどころが難しい。
また、自分と敵の両者が伝令を装備していることが発動条件なので
自分だけが装備し、何も持っていない相手に渡す(もしくは逆に奪う)などの使い方は不可能であることに注意。



No.005
武将名 かさい はるのぶ 能力 知行 2 武力 3 弓兵
葛西 晴信 行動 3 兵力 4
所属 伊達家 家臣 値段 40金
萎縮
敵軍武将より知行値が低い場合、自身の「武力」を減少(-1)させる。
出現 - Illustration 木村明広
歴史的には家臣ではなく、伊達氏と同盟を結んでいた大名であるのだが、今作では家臣扱い。

「萎縮」は、葛西家を秀吉に改易された史実を再現した特技だと思われるが、
今作での秀吉は葛西晴信と同じ知行2であり、秀吉に萎縮は発動しない。一体彼は誰に萎縮しているのだろうか…。

スペックは悪くないのだが、肝心の知行が2では相手の主力ほとんどに萎縮が発動してしまうため出番は少ないだろう。



No.006
武将名 かたくら かげつな 能力 知行 3 武力 1 鉄砲
片倉 景綱 行動 5 兵力 5
所属 伊達家 家臣 値段 40金
伊達の双璧
敵軍武将より「兵力」が大きい場合、自身の「武力」を大幅に増加(+2)させる。
出現 - Illustration 木村明広
政宗の軍師にして片腕。「片倉小十郎」と言った方が馴染みが深いかもしれない。
伊達家中において「武の成実」と並び「智の景綱」と称された伊達家の双璧。

「伊達の双璧」はその名に恥じない強力な特技であり、相手よりも兵力が多いと武力が+2される。
兵力が5あり、ほとんどの相手に対して発動が見込めるため、実質3/3/5/5と考えて良い。
明智光秀が3/3/5/5でマイナス特技であることを考えれば破格のスペックと言えるだろう。



No.007
武将名 よしひめ 能力 知行 3 武力 2 腰元
義姫 行動 4 兵力 4
所属 伊達家 家臣 値段 30金
奥羽の鬼姫
一定確率(20%)で敵軍武将を捨て札にする。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration 木村明広
政宗を毒殺しようとしたことで有名だが、近年の研究で実は政宗との関係は悪くなかったと判明した奥羽の鬼姫。

3/2/4/4という腰元としては中々のスペックもさることながら、「奥羽の鬼姫」が非常に強力。
乙女の誘惑などと組み合わせて使えば手の付けられない強さになることも。
ただし、発動確率は低めなので過度の期待は禁物。



No.008
武将名 もがみ よしあき 能力 知行 3 武力 3 鉄砲
最上 義光 行動 4 兵力 3
所属 最上家 大名 値段 75金
てるてる坊主
自身が合戦場に配置される場合、天候を「晴れ」に変化させる。
出現 - Illustration F.S
義姫の兄であり政宗の伯父にあたるが、伊達家とは対立していた。
奥羽においては伊達家と並ぶ一大勢力であったが、義光の死後最上家が改易されてしまったために史料は少ない。
また、現存する史料の多くが敵対していた伊達家の物であり、そのため義光は悪人として描かれることが多い。

スペックは平凡だが「てるてる坊主」は自身の兵種である鉄砲と実にマッチした特技である。
晴天の祈祷の代わりにデッキに入れてみるのも良いかもしれない。



No.009
武将名 うじいえ もりむね 能力 知行 1 武力 1 忍者
氏家 守棟 行動 4 兵力 3
所属 最上家 家臣 値段 40金
戦意喪失
一定確率(50%)で、戦闘を強制的に終了させる。
出現 - Illustration F.S
最上氏の家臣で、謀略に長けていたといわれる。

「戦意喪失」は城攻めの際に相手の重臣を寝返らせ、戦意を喪失させることで戦わずして降伏させた逸話から。
知行1武力1なのでほぼ戦力にはならないが、この特技のおかげで粘り強く前線に居座ることができる。



No.010
武将名 たておか みつしげ 能力 知行 1 武力 2 槍兵
楯岡 満茂 行動 2 兵力 3
所属 最上家 家臣 値段 45金
雪中行軍
「雪原」に配置されている場合、自身の「武力」を大幅に増加(+2)させる。
出現 - Illustration F.S
最上家中において最高の禄高を与えられていた、最上家家臣筆頭。

通常は平凡な能力であるが、雪原だと1/2/4/3という知行1とは思えない超スペックとなる。
ただし最大の問題点は、雪原のあるマップが非常に少ないことだろう。これでは活躍のしようがない。



No.011
武将名 あしな もりうじ 能力 知行 2 武力 2 僧兵
芦名 盛氏 行動 2 兵力 4
所属 芦名家 大名 値段 50金
神仏の加護
自身に「僧兵」が隣接して配置されている場合、「武力」と「行動」を増加(+1)させる。この効果は重複して発揮される。
出現 - Illustration 前河悠一
一大勢力を築くも、息子達が早死にしたために急速に衰退することとなった不幸な当主。
兵種が僧兵なのは剃髪して隠居した史実に基づくものだろう。

僧兵としては平凡な能力で、特技も「神仏の加護」と平凡。
他の僧兵に比べても地味であり、僧兵デッキでも組まない限りはお呼びがかかることは無いだろう。
まさに史実どおりの不幸さである。



No.012
武将名 かながみ もりはる 能力 知行 1 武力 1 槍兵
金上 盛備 行動 4 兵力 4
所属 芦名家 家臣 値段 45金
蘆名の執権
戦闘開始時、敵軍武将が持つ「伝令」を無作為に1枚捨て札にさせる。
出現 - Illustration 前河悠一
その卓越した政治手腕から「蘆名の執権」と称された武将。

「蘆名の執権」は中々強力ではあるが、自身が知行1武力1の槍兵であるため返り討ちにあう可能性が高い。
知行1の軽さを活かして、特攻させて相手主力の伝令を捨て札させようとしても、
兵力が4と大きいため予備兵力の減少が地味に痛い。なんとも詰めの甘い執権である。



No.013
武将名 うえすぎ けんしん 能力 知行 5 武力 5 騎兵
上杉 謙信 行動 4 兵力 6
所属 上杉家 大名 値段 115金
毘沙門天の化身
戦闘時に敵軍武将の「兵力」が2以下の場合、その敵軍武将を捨て札させる。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration 陸原一樹
数多くの戦で勝利を収め、戦国最強といわれた大名。

知行こそ5と高いものの、武力・行動・兵力全てが高水準。
武力を上げる伝令と組み合わせればほぼ全ての敵将を倒す事ができるだろう。
能力だけ見ても強いのだが、特技「毘沙門天の化身」も強力。
相手の兵力が2以下であれば(相手が遠距離攻撃であっても)問答無用で即死させるというもので、
一揆の扇動と組み合わせて使えば、総大将以外とは戦闘になることなく倒せるだろう。

ただし、厳密には「戦闘開始時に兵力2以下の相手に2ダメージを与える」処理をしているようであり
戦闘中に敵武将が伝令で兵力を回復した場合は「毘沙門天の化身」が発動しても相手が即死しないので注意。



No.014
武将名 あまかす かげもち 能力 知行 2 武力 2 槍兵
甘粕 景持 行動 3 兵力 4
所属 上杉家 家臣 値段 45金
背水の陣
背面攻撃を受けた場合、自身の「武力」を大幅に増加(+2)させる。
出現 - Illustration 陸原一樹
柿崎景家と並ぶ上杉家の重臣。上杉四天王の1人。
その見事な戦ぶりを見た信玄は、謙信が戦っていると勘違いしたほどであったという。

「背水の陣」は背面攻撃を受ける事が条件であるため、一見すると使い勝手が悪そうに感じるが
実は自分から先制攻撃を仕掛ける際にわざと敵に背面を見せてもしっかりと発動する。
このため、先制攻撃で敵を倒しきる事が出来ればノーリスクで2/3/4/3として戦わせる事が可能。
ただし、兵力が4あるとはいえ相手も武力+2されているので、相手の攻撃を受けるとほぼ間違いなく倒されてしまう。
一撃で倒せない武将を相手にするときは、地形効果や陣形効果でフォローするようにしよう。



No.015
武将名 うさみ さだみつ 能力 知行 3 武力 2 弓兵
宇佐美 定満 行動 6 兵力 4
所属 上杉家 家臣 値段 60金
慧眼
戦闘開始時、敵軍武将の持つ「伝令」を無作為に1枚捨て札させる。
出現 - Illustration 陸原一樹
上杉謙信の軍師であり、上杉四天王の1人。人によっては「宇佐美定行」と呼んだ方がわかりやすいかもしれない。

「慧眼」は「蘆名の執権」等と同じ効果で、相手の伝令をランダムに1枚捨てる特技。
武力は2と心もとないが行動が6と高く設定されているため、
「慧眼」で相手の伝令を捨てつつ、自身の行動値を活かして複数の伝令を使いこなして戦うスタイルになるだろう。

NHK大河ドラマ「風林火山」において宇佐美定満を演じたのが緒形拳であったからか、
カードイラストはどう見ても緒形拳をイメージして描かれたものになっている。



No.016
武将名 かきざき かげいえ 能力 知行 3 武力 4 騎兵
柿崎 景家 行動 1 兵力 3
所属 上杉家 家臣 値段 60金
先読み
戦闘時に、敵軍武将からの先制攻撃を受けない。
出現 - Illustration 陸原一樹
川中島の戦いにおいて、武田本陣を壊滅寸前まで追い込んだ猛将。上杉四天王の1人。

「先読み」は単純ながら強力であり、後攻であればほぼ無敵状態である。
更に自身の行動値の低さも相まって、こちらから攻撃を仕掛けない限りはまず間違いなく後手を取れるのも魅力。
逆に言えば、行動値が低いために伝令はほぼ使用できないが、もとから武力4なので攻撃面でも引けを取らない。
このゲームでは強制先攻を取る特技が強力であるが、それらの武将に対する完全なメタカードとなれる。

遠距離攻撃だけは普通に食らってしまうため、弓兵・鉄砲には注意すること。



No.017
武将名 なおえ かげつな 能力 知行 2 武力 1 槍兵
直江 景綱 行動 5 兵力 4
所属 上杉家 家臣 値段 50金
包囲殲滅
挟み撃ちの「陣形効果」が発生している場合に、敵軍武将を捨て札させる。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration 陸原一樹
上杉四天王の1人で、政治面で特に優れた力を発揮した。
名前から勘違いされやすいが、愛の前立てで有名な直江兼続と直接の血縁は無い。
(景綱の死後、直江家の断絶を惜しんだ謙信が樋口兼続と景綱の娘を結婚させ、樋口に直江家を相続させたため)

発動条件こそ厳しいものの「包囲殲滅」は相手の能力に影響されず、条件を満たせば必ず発動するため非常に強力。
知行値5を活かして、伝令「国人衆の援軍」を使ってしまえば簡単に相手を捨て札にしてしまえる。



No.018
武将名 さたけ よしあき 能力 知行 1 武力 3 槍兵
佐竹 義昭 行動 3 兵力 3
所属 佐竹家 大名 値段 55金
戦々恐々
戦闘時に敵軍武将よりも知行値が低い場合、自身の「武力」を大幅に減少(-2)させる。
出現 - Illustration 末弥純
常陸の戦国大名、佐竹氏の第17代当主。

史実では上杉謙信らと同盟を結び、常陸統一寸前(病死したため統一はかなわず)にまで至った大名なのだが
なぜかこのゲームにおいては大物相手に弱体化してしまう小物扱いである。

素のスペックは知行1にしては最高級であるが、相手が知行2以上だと「戦々恐々」により弱体化してしまう。
つまり、実質的に知行1の武将以外は相手にできないということであり
せっかくの知行比高能力が有効に活用される機会はまずないと考えていいだろう。



No.019
武将名 さたけ よししげ 能力 知行 3 武力 3 鉄砲
佐竹 義重 行動 2 兵力 4
所属 佐竹家 家臣 値段 80金
慈悲の心
敵軍武将より兵力が大きい場合、自身の「武力」を減少(-1)させる。
出現 - Illustration 末弥純
佐竹義昭の嫡男であり、佐竹氏第18代当主。
戦において7人の敵を一瞬で斬り捨てたことから「鬼義重」「坂東太郎」の異名を持つ。
史実においては勇猛果敢な猛将であり、佐竹氏の最盛期を築いたのだが
このゲームにおける特技は「慈悲の心」。鬼の目にも涙ということだろうか…。

兵力4と平均以上であるため「慈悲の心」が発動する機会は多い。
いくら遠距離攻撃が出来るとはいえ、知行3で実質武力2では使い勝手が悪いと言わざるを得ないのが現状。
これでは違う意味で鬼の目に涙が浮かんできてしまう…。



No.020
武将名 ゆうき はるとも 能力 知行 1 武力 2 弓兵
結城 晴朝 行動 2 兵力 2
所属 佐竹家 家臣 値段 35金
恩賞の約束
敵軍武将が減少する「兵力」と同等の自身の「兵力」を回復させる。
出現 - Illustration 末弥純
秀吉の養子である家康の次男・秀康を養嗣子に迎えたことで有名な結城氏17代当主。

名のある武将にもかかわらず、能力は長弓衆 壱と全く同じである。
違うのは特技「恩賞の約束」を持つことであるが、兵力が2と少ないために
回復効果が発揮される場面は非常に少ないだろう。

華やかな家系とは対照的に、能力も特技も今一つパッとしない武将である。



No.021
武将名 うつのみや ひろつな 能力 知行 2 武力 2 槍兵
宇都宮 広綱 行動 4 兵力 4
所属 宇都宮家 大名 値段 55金
天の助け
天候が「雨天」の場合、自身の「武力」を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 末次誉亮
7歳にして父を殺され、そのわずか2年後に父の仇討ちを果たした武将。

知行2にしては中々の能力を持ち、特に行動と兵力に優れるため
伝令を上手く使えば知行値以上に活躍できる。
また、鉄砲を防ぐために天候を雨にされることも多いので
「天の助け」が発動する機会もそれなりに多いだろう。



No.022
武将名 はが たかさだ 能力 知行 1 武力 2 騎兵
芳賀 高定 行動 2 兵力 3
所属 宇都宮家 家臣 値段 70金
太陽の加護
「昼間」で天候が「晴天」の場合、自身の「武力」を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 末次誉亮
下克上が常の戦国において、広綱が幼少の頃から補佐し続けた清廉な人物。

能力は平凡であるが、昼間かつ晴天であれば「太陽の加護」により1/2/3/3となるため侮れない。
ただ、「太陽の加護」は広綱の「天の助け」と正反対の効果であり相性が悪いため
中を尽くした主君と同じデッキに入ることはまず無さそうだ。



No.023
武将名 ながの なりまさ 能力 知行 4 武力 4 騎兵
長野 業正 行動 3 兵力 4
所属 長野家 大名 値段 45金
一騎当千
戦闘エリアに味方武将が1体も配置されていない場合、自身の「武力」を上昇(+1)させる。
出現 - Illustration 菅原健
知勇兼備の猛将。信玄すらその武勇を恐れ、業正の存命中には上野に手を出せなかったと言われる。

「一騎当千」が発動すると武力5となり、ほとんどの武将を一撃で倒せるようになる。
が、発動させると陣形効果が一切得られなくなるため、地形効果や伝令でフォローしていこう。



No.024
武将名 かみいずみ のぶつな 能力 知行 1 武力 3 槍兵
上泉 信綱 行動 1 兵力 1
所属 長野家 家臣 値段 55金
明鏡止水
敵軍武将からの先制攻撃を受けない。
出現 - Illustration 菅原健
長野の16人の槍と称えられた兵法家。新陰流の開祖であり、柳生宗厳に新陰流を伝授したことで有名。

知行1にして武力が3もあり、さすがは新陰流開祖といったところ。
武力以外の能力は最低値だが、「明鏡止水」の効果により先制攻撃を受けないため
必ず相手武将に武力3のダメージを与えられるのが強み。



No.025
武将名 さとみ よしたか 能力 知行 3 武力 1 弓兵
里見 義堯 行動 4 兵力 5
所属 里見家 大名 値段 45金
矢継ぎ早
戦闘での攻撃時に、2回攻撃を行う。
出現 - Illustration みんこ
北条氏と通じて当主を殺して成り代わったり、足利義明と組みながらも彼の死後その領地を奪ったりと
イラストからは想像できないほどの野心家であった。

「矢継ぎ早」は必ず2回攻撃するという特技で、このため実質的な攻撃力は2倍になると言っても良い。
ただし素武力は1と低いため、伝令や陣形での強化が必須となるだろう。

余談だが、「里見八犬伝」の里見氏の子孫であるためかイラストには犬が描かれている。

No.026
武将名 さとみ よしひろ 能力 知行 2 武力 1 弓兵
里見 義弘 行動 3 兵力 3
所属 里見家 家臣 値段 50金
矢継ぎ早
戦闘での攻撃時に、2回攻撃を行う。
出現 - Illustration みんこ
里見氏の最盛期を築き上げるも、分割相続を遺言したために里見家分裂を招いてしまった義堯の長男。

父である里見義堯を1回り小さくしたようなスペックで、特技も全く同じ「矢継ぎ早」
ただ、知行が下がっている割には武力は変わらず、行動も1低いだけなので
使い勝手はむしろ上がっていると言えるだろう。

こちらも父義堯と同じく、八犬伝つながりでイラストに犬が描かれている。



No.027
武将名 まさき ときしげ 能力 知行 2 武力 3 槍兵
正木 時茂 行動 3 兵力 2
所属 里見家 家臣 値段 40金
熟練の技
戦闘時に、一定確率(30%)で敵軍武将を捨て札させる。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration みんこ
里見家には「正木時茂」という名の家臣が2人いるのだが、
時代を考えるにこちらは戦国時代に活躍し、「槍太膳」と称された先代の正木時茂であると思われる。

知行2で武力3行動3は戦力として十分な能力。
更に、運が良ければ「熟練の技」で知行値の高い武将でも倒せることがある。
義姫の「奥羽の鬼姫」に比べ、発動確率が10%高いのも密かな強み。



No.028
武将名 ほうじょう うじやす 能力 知行 4 武力 1 弓兵
北条氏康 行動 4 兵力 5
所属 北条家 大名 値段 100金
相模の獅子
3ターンごとに「武力」を増加(+1)させる。この効果はゲーム終了時まで継続する。
出現 - Illustration 戸橋ことみ
軍事においては信玄・謙信と並び、内政においては「戦国随一」と称された相模の獅子。

素の能力は知行4で武力1と、正直言ってどうしようもない低スペックだが
「相模の獅子」の効果で3ターンごとに武力が1づつ上がっていくため、
戦場に長く居座り続ける事ができれば、際限なく強くすることもできる。
ただし、実用レベルである武力3に到達するのにすら6ターンもかかるので、
敵軍の不意の急襲にやられてしまわないよう守りを固めておこう。

南部信直らが持つ「数値を基本値に戻す」効果が天敵。
武力上昇だけでなく、武力上昇のターン数カウントもリセットされてしまうので
そういった特技をもつ武将とは間違っても戦闘しないように。

また、特技の性質から長期戦になりやすいので
自軍の士気や予備兵力を回復させる手段も用意しておく必要がある。



No.029
武将名 だいどうじ まさしげ 能力 知行 3 武力 3 槍兵
大道寺 政繁 行動 3 兵力 4
所属 北条家 家臣 値段 65金
戦上手
戦闘時に先制攻撃を得る。
出現 - Illustration 戸橋ことみ
河越州と呼ばれる軍団を率いて活躍した北条家家臣。特に攻城戦における働きに優れていたといわれる。

能力は平凡ながら、「戦上手」がとにかく強力。
防御や回避といった概念のないこのゲームにおいて、常に先手を取れるということは大きな意味を持つ。
行動も3あるので、伝令「童子切」などを装備させれば凄まじい強さになる。
また、本来は先制を受けてしまう奇襲戦においても「戦上手」で逆に先制を取れる。覚えておくと良いだろう。

柿崎景家など、先制無効の特技を持つ武将には全く歯が立たないので、その点には注意。



No.030
武将名 ふうま こたろう 能力 知行 3 武力 3 忍者
風魔 小太郎 行動 3 兵力 4
所属 北条家 家臣 値段 45金
隠密行動
敵軍武将に隣接しないかぎり、相手の索敵範囲内に入っても敵軍からは姿が見えない。
出現 - Illustration 戸橋ことみ
北条家を支えた忍者集団、風魔一族の頭領で身長は2mを超すと言われた。

「隠密行動」により、敵軍から姿を隠して行動できるので
上手く使えば一方的に相手の状況を把握する事が可能。
また、忍者武将にしてはなかなかのスペックであり
伝令と組み合わせることで奇襲役として運用することも可能である。



No.031
武将名 ほうじょう うじまさ 能力 知行 1 武力 1 槍兵
北条 氏政 行動 1 兵力 3
所属 北条家 家臣 値段 45金
長槍兵
戦闘での攻撃時、3回攻撃を行う。
出現 - Illustration 戸橋ことみ
北条家を滅ぼした当主であり、様々な逸話とともに暗愚として名高い。

「長槍兵」は攻撃時に必ず3回攻撃をするという強力な特技なのだが
元の武力が1しかないため、相手が地形効果や陣形効果で防御力を上げている場合はダメージを与えられない。
行動1であるため、伝令で武力をフォローできないのも少なからぬマイナスポイント。

が、計略「乙女の祈り」で弱点である武力と行動を強化してしまえば、途端に強力武将へと豹変する。
そこまでして使う価値があるかと言われればそれまでだが。



No.032
武将名 ほうじょう つなしげ 能力 知行 2 武力 2 騎兵
北条 綱成 行動 2 兵力 4
所属 北条家 家臣 値段 35金
地黄八幡
戦闘での攻撃時、一定確率(80%)で2回の攻撃を行う。
出現 - Illustration 戸橋ことみ
北条軍の先鋒として無類の強さを誇り、朽葉色の旗指物から「地黄八幡」と称された猛将。

「地黄八幡」は80%と高い発動確率を持つものの、2回攻撃の特技は100%発動のものが多いため
逆に言えば20%の確率で発動しないこちらは少々頼りない。



No.033
武将名 むらかみ よしきよ 能力 知行 3 武力 2 騎兵
村上 義清 行動 1 兵力 5
所属 村上家 大名 値段 55金
乱れ斬り
戦闘での攻撃時、一定確率(50%)で3回の攻撃を行う。
出現 - Illustration 末弥純
武勇に優れ、槍戦術創始者とされる村上氏最後の当主。

「乱れ斬り」は発動確率が50%と高く3回攻撃は魅力的だが、
素武力2が少々頼りなく、行動も1なので伝令でのフォローもしにくいため、使い勝手はあまり良くない。

槍戦術の創始者と言われているのに、自身が騎兵である点に突っ込んではいけない。



No.034
武将名 おがさわら ながとき 能力 知行 1 武力 3 騎兵
小笠原 長時 行動 3 兵力 2
所属 村上家 家臣 値段 35金
多勢に無勢
敵軍武将より「兵力」が少ない場合、自身の「武力」を減少(-1)させる。
出現 - Illustration 末弥純
南北朝時代から続く名門・小笠原家の当主。
武勇は信玄に匹敵すると言われながら、傲慢な態度であったため家臣の裏切りを招き信玄に敗北してしまう。

1/3/3/2は知行1としてはかなりの高スペックだが
兵力が2と少なく、大抵の場合「多勢に無勢」が発動するため実質1/3/2/2となる事がほとんど。
騎馬衆 壱よりも少しマシ程度の能力では使われることはないだろう。



No.035
武将名 きそ よしまさ 能力 知行 2 武力 2 騎兵
木曽 義昌 行動 4 兵力 4
所属 村上家 家臣 値段 35金
雪月花
天候が「雪」の場合、自身の「武力」を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 末弥純
武田家親族衆でありながら織田信長に恭順し、武田家滅亡の一因を担ったとされる武将。

知行2で行動4兵力4はなかなか。武力も2あり、「雪月花」が発動すれば更に+1される。
が、雪原マップでさえ貴重なのに、更に天候「雪」が条件では…。



No.036
武将名 たけだ しんげん 能力 知行 5 武力 3 騎兵
武田 信玄 行動 5 兵力 6
所属 武田家 大名 値段 110金
風林火山
敵軍武将の背後に味方武将を配置させる。但し、敵軍武将の背後に武将が配置されている場合は効果を発揮しない。
出現 - Illustration 寺田克也
上杉謙信と並ぶ東日本最大の戦国大名。風林火山の旗はあまりにも有名。

知行5で武力3は心もとないが、「風林火山」の効果が発動すれば2回攻撃になるため
実際の攻撃力は見た目以上に高い。
行動5を活かして伝令で強化すれば、全武将でも最高クラスの攻撃力となる。

戦闘時のマップの性質上、相手に攻撃を受けた場合は「風林火山」が発動しないので
敵軍に囲まれずに1対1の状況になるように意識して動かすと良いだろう。



No.037
武将名 さんじょうのかた 能力 知行 2 武力 1 腰元
三条の方 行動 2 兵力 3
所属 武田家 家臣 値段 30金
慈愛の手
ターン開始時に、隣接している自軍武将の兵力を回復(+1)させる。
出現 - Illustration 寺田克也
信玄の正室。摂関家に次ぐ京都の名家、三条家から信玄に嫁いだため三条の方と呼ばれる。

知行2で武力1なので戦力としては期待できないが、「慈愛の手」が強力。
全武将中で唯一の「味方の兵力を回復する」特技であり、
他の武将での代用が利かない為にその需要は大きいと思われる。



No.038
武将名 ないとう まさとよ 能力 知行 2 武力 2 騎兵
内藤 昌豊 行動 4 兵力 3
所属 武田家 家臣 値段 40金
挟撃の陣
挟み撃ちの「陣形効果」が発生している場合、自身の「武力」を大幅に増加(+2)させる。
出現 - Illustration 寺田克也
武田軍の副将と評され、多数の戦果を上げた猛将。武田四名臣の1人。

「挟撃の陣」は発動条件が厳しいが、行動が4あり伝令「国人衆の援軍」を使用できるので発動は容易。
しかし、「国人衆の援軍」を使うなら直江景綱の「包囲殲滅」の方が強力なのが痛いところ。
単純な戦力と考えるならもっと優秀な武将は数多く存在し、
特技目当てで使おうにも直江景綱の下位互換なので、どうにも使いづらい感が否めない。



No.039
武将名 ばば のぶはる 能力 知行 2 武力 2 騎兵
馬場 信春 行動 3 兵力 3
所属 武田家 家臣 値段 40金
九死に一生
兵力が0になる攻撃を受けた場合、一定確率(30%)で兵力が1残った状態となる。
出現 - Illustration 寺田克也
武田四名臣の1人。
40数年に渡り、計70回以上の戦に参戦したが、かすり傷一つ負わなかった事から「不死身の鬼美濃」と称された。

知行2として平凡な能力だが「九死に一生」が発動すれば高知行の武将からの攻撃にも耐えられるのが強み。
運が良ければ何度戦闘をしても死なず、「不死身」の異名に恥じない活躍を期待できる。

なお、「九死に一生」と言いながらも実は発動確率は30%だったりする。



No.040
武将名 やまもと かんすけ 能力 知行 3 武力 2 忍者
山本 勘助 行動 6 兵力 4
所属 武田家 家臣 値段 40金
啄木鳥戦法
戦闘エリアに味方武将を配置させる。但し、他の武将が配置されている場合や武将が侵入できない地形には配置されない。
出現 - Illustration 寺田克也
NHK大河ドラマ「風林火山」の主役で一躍有名になった武田家軍師。
実は史料にほとんど名前が登場せず、その生涯の逸話の多くは後世の創作とされている。

「啄木鳥戦法」は、自身と敵武将を除いた戦闘エリア7箇所のうちランダムで1箇所に味方を配置するもの。
防御+1か攻撃回数+1か武力+1がランダムでセットされると考えると分かりやすい。
信玄の「風林火山」に比べて、攻められた時でも何らかの効果が期待できるのはメリット。



No.041
武将名 いまがわ よしもと 能力 知行 4 武力 4 僧兵
今川 義元 行動 4 兵力 8
所属 今川家 大名 値段 115金
大軍の油断
敵軍武将より兵力が大きい場合、自身の「武力」を大幅に減少(-2)させる。
出現 - Illustration 仙田聡
東海一の弓取りと称された大名。
ほとんどのゲームや漫画において公家スタイルのかませ犬で信長の引き立て役という扱いを受けているが、
近年の研究により、実は優秀な武将だったのではないかとも言われている。
もちろん、このゲームでは公家スタイルのかませ犬で登場する。

能力値は優秀なのだが、「大軍の油断」が足を引っ張る。
というか兵力8はこのゲームの最高値なので常時武力-2のようなもんである。
が、このゲームには兵力上限をあげる伝令などが存在しないため兵力8は大きな強みであり
防御に重点を置いた総大将として起用すると意外なほど活躍したりする…かもしれない。



No.042
武将名 すがぬま さだみつ 能力 知行 1 武力 3 槍兵
菅沼 定盈 行動 1 兵力 2
所属 今川家 家臣 値段 40金
雨男
合戦場に配置される場合、天候を「雨」に変化させる。
出現 - Illustration 仙田聡
今川義元の家臣であるが、実際は徳川家の家臣と言ったほうが正しいかもしれない。

「雨男」は単純な能力であるが、鉄砲を封じる事が出来るためなかなか有用。
計略「雨乞いの儀式」と違い「看破」される心配がないのは強み。
相手に鉄砲がいない場合でも、知行1で武力3あるので完全な死に武将にならないのも利点。



No.043
武将名 たいげん せっさい 能力 知行 2 武力 1 僧兵
太原 雪斎 行動 7 兵力 3
所属 今川家 家臣 値段 50金
先見の明
戦闘開始時、敵軍武将の持つ「伝令」を無作為に1枚捨て札させる。
出現 - Illustration 仙田聡
今川氏の右腕であり「雪斎が生きていれば桶狭間の大敗はなかった」と評された。

特筆すべきは行動値の高さであり、知行値2にして行動7という破格のスペック。
武力は1だが行動7を利用すれば伝令で簡単にフォローできるし、兵力も最低限の3はある。
伝令無効化さえされなければ知行2とは思えない活躍をしてくれるだろう。