09315_PPA01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆アクトトレーラー
都会には捕食者(プレデター)が潜むという。
クロームの牙をぎらつかせ、硝煙の咆哮を愛する狼(ウルフ)。
必殺の一撃を狙うスズメ蜂(ホーネット)。
人脈という糸を張り巡らす蜘蛛(スパイダー)。
それぞれのやり方(スタイル)がある。

異形の蝶が放たれたとき、愛と憎悪、友情と裏切りが交錯し、陰謀と復讐が暗躍する。
狩るか狩られるか、弱肉強食の世界に見える真実とは!

トーキョーN◎VA The Detonation
「HUNTING STYLE」

友情という絆で支えあい、運命の卵を手にすることはできるのか!



◆ファーストハンドアウト
キャスト1 推奨スタイル:ヒルコ
アクトコネクション:“月光蝶”ヒトミ/感情
 ストリートをぶらぶらしていたあなたの前に、一人の少女が現われた。異常に白い肌、真紅の目。そして額には一対の角。少女の後を追って、派手なスーツを着た男達が現われた。恐怖に怯える少女の表情を見て、あなたはこの子を守ることにした。それは善意か仲間意識か、あるいは……。

キャスト2 推奨スタイル:クロマク
アクトコネクション:“モナ・リザ”エリザベス・フェスラー /外界
 エリザベス・フェスラー。依頼人はそう言った。“死なない黒幕”マイケル・グローリーの紹介でここに来たという。早速話を聞いてみると、それはなんとも奇妙な依頼だった。5人の人物を守って欲しいという。そして、そのうちの一人はあなたなのだ!

キャスト3 推奨スタイル:アラシ
アクトコネクション:“昏き星”篁綾 /外界
 歴戦の傭兵であるあなたは、今はイワサキのテストパイロットである。今回、N◎VAセニットの要請を受けて、遂行して欲しい任務があるという。試作型ウォーカーの実践テストも兼ねているらしい。内容は、N◎VAに潜伏するあるヒルコを射殺することだ。
※シナリオ中に与えられる試作型ウォーカー+専用装備があります。データは当日公表致します。

キャスト4 推奨スタイル:イヌ
アクトコネクション:“首切判事”御堂茜 /外界
 ブラックハウンド機動捜査課に安息の日々はない。今日は休日のはずだったのだが、御堂茜隊長からの命令であれば仕方なかった。どうやら、M●○Nから侵入した危険なヒルコがスラム街に潜伏しているらしい。早速現場に急行する事にした。

キャスト5 推奨スタイル:カタナ
アクトコネクション:クサナギ /生命
 いつもの通り、クサナギが現われた。今日は視線だけで殺してやろうかと思案していると、クサナギが話しかけてきた。どうやら、共同戦線をはりたいらしい。N◎VAに凶悪なヒルコが潜入し、急いで退治する必要があるという。さてどうするか――。



◆セカンドハンドアウト
A.推奨スタイル:レッガー
アクトコネクション:“追い込み師”ジェイソン/感情
 “追い込み師”ジェイソン。そいつは、あなたの友人である柴田を連続殺人犯に仕立て上げ、死刑に追い込んだクロマクだ。名前以外の個人データは一切不明。一説ではAIではないかともいわれているほどだ。
 あの時の柴田の恨み、いずれ叶えてやらねばならぬ。

B.推奨スタイル:チャクラ
アクトコネクション:スティング・スティンク/生命
 天敵、ともいうべきか。これまで不敗を誇ってきたあなたは、一度だけ負けた。そいつの名は、スティング・スティンク。ストリートに潜む殺し屋だ。次に見えたときは、勝つ――必ず。

C.推奨スタイル:カブトワリ又はカブト
アクトコネクション:轟紫朗/理性
 あなたには、誇るべき友人がいる。名は轟紫朗。つい先日までイワサキのテストパイロットとして名を馳せた凄腕のウォーカー乗りだ。最近連絡をとっていないが、どうしているだろうか――。

D.推奨スタイル:バサラ、マヤカシ、カリスマなど
アクトコネクション:“血祭り”/感情
 あなたは凄腕の退魔師だ。最近では、“血祭り”のコードネームを持つ吸血鬼が、N◎VAで暴れているという。そのような存在は許されない。すべてのアヤカシを滅すときまで、あなたの戦いは続く……。

E.推奨スタイル:特になし
アクトコネクション:“月光蝶”ヒトミ/感情
 これは、恋、というものなのだろうか。あなたはあろうことか、13歳の少女に恋してしまった。あなたの恋は実るのだろうか、それとも……?

F.推奨スタイル:ヒルコ
アクトコネクション:轟紫朗/感情
 あなたの属していたグループは、虐殺を受けた。治安維持という目的で。N◎VA軍であると報道されていたが、真実は違う。彼らはイワサキのウォーカー部隊。そのリーダーの名は、轟と言った。

G.推奨スタイル:クロマク
アクトコネクション:“追い込み師”ジェイソン/外界
 “追い込み師”ジェイソン。随分と昔からお世話になっているクロマクだ。マスクで顔を隠しているが、その声からは、おそらく30歳前後の男性だと思われる。正体などどうでもよい。ストリートで敵を追い落とすのに、これほど有能な刺客はいないだろう。

H.推奨スタイル:アラシ
アクトコネクション:轟紫朗/理性
 轟紫朗。エースパイロットとしてのあなたの師匠だ。ウォーカーを操る白兵戦に長けたその姿は、まさしく現代の騎士だった。彼にはとても感謝している。今は警備会社を設立しているとのことだ。

I.推奨スタイル:イヌ
アクトコネクション:スティング・スティンク/感情
 レッドエリアは、どうしても検挙率が低くなってしまう。凶悪な犯罪者が隠れるのに都合が良いのだ。連続通り魔のスティング・スティンクも、その犯罪者の一人だ。これまで、あなたの同僚が挑み、多数が命を落とした。いずれ必ず検挙し、裁きを受けさせなければ……!

J.推奨スタイル:カタナ
アクトコネクション:スティング・スティンク /理性
 スティング・スティンクといえば、ストリートでは恐れられた殺し屋だ。外見も醜悪な奴だが、もともとはいい奴だった。入れ込んだ女に捨てられ、殺人の片棒を担がされるまでは……。
 いまでもその名を聞くことがあるが、まだ殺し屋は続けているのだろうか……

◆必要な神業
 キャスト全員で防御系神業が最低3個必要である。展開によってはそれ以上必要な場合もある。

◆レギュレーション
A.ルール範囲:
 オフィシャルで公表されている範囲。
GF、別冊GF含む。SSS及びGF掲載でサプリと重複するものは、後出を優先。
 エニグマ、ブランチ、全身義体ルール使用。
 ※マルチブランチについては応相談。
 PSルール、切り札ルールも使用。PSはリサーチで取得します。

B.最大達成値:
 最大達成値は設けません。
 ゲストの最大達成値は原則としてA25となっています。

C.経験値制限:
 特になし。シナリオでは100~300程度を想定。

D.持ち込みキャスト:
 可能。ルーラー側でデータと設定を確認してから判断します。
 あまりに強すぎたりアクトの雰囲気に合わないとルーラーが判断した場合は不可とさせていただきますので、ご了承下さい。

E.新造キャスト:
 ドレスアップ(下駄)100点まで可能です。

F.≪腹心≫について
 管理はクロマクのプレイヤーにおまかせします。手札も共用です。
 腹心は神業を使用できません。また、通常は舞台裏判定もできませんが、クロマクが判定を放棄して、自身の代わりに腹心に判定させることは可能とします。
 登場判定においては、(登場判定に成功すれば)腹心だけを登場させることもできます。その際は「シーンに登場した」と見なしませんが、特技<代理派遣>を使用した場合は特例として「登場した」と見なします。

G.キャスト間戦闘について
 キャスト間で戦闘を行う場合、キャストに対して「仮死」「昏睡」「完全死亡」「精神崩壊」「抹殺」のダメージを与えること、装備品を「破壊」することは避けてください(ただし、プレイヤーがはっきりと同意する場合はこの限りではありません)。

■PPA手順
 枠決定はファーストハンドアウトで行います。その際持込キャストがある場合は提示していただけると助かります。
 ファーストハンドアウトによる枠が確定した後に、セカンドハンドアウトをA~Jのうちから一つ選びます。まず1枠の方が選択し、2枠→3枠……の順に決定していきます。同じセカンドハンドアウトは選べませんが、アクトコネクションが重なるのは構いません。
 PLが4人の場合、イヌかカタナのいずれかを削除します。

 不明な点があればご質問下さい。宜しくお願い致します。