遊戯王5'DSもう一人のシグナー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ・紅蓮の不死鳥が地に落ちる時

説明しよう!カードゲーム・デュエルモンスターズとは
ネオ瞳実野シティいや全世界、老若男女問わずこの世界に浸透した言わば娯楽である!
そして、その熱はプロリーグやそのデュエルモンスターズを学ぶ学校アカデミーなどがある。

デュエルアカデミー・校舎裏

そこでデュエルが行われていた。
赤髪の少女と白髪の髪の少年のデュエルの様だ
ただそのデュエルは一つ様子がおかしい…何故ならその白髪の少年は顔とデュエルディスクをしている手から血を垂らし今にも倒れる寸前の様だ。


「ネフティスで、ブラックローズドラゴンを攻撃!紅蓮鳳凰天翔翼!」
白髪の少年のマイフェイバリットにしてエースカード、ネフティスの鳳凰神が炎の不死鳥となって赤と黒の薔薇の龍に攻撃を仕掛けてゆく

「速攻魔法!禁じられた聖杯をブラックローズに装備、この瞬間のみブラックローズドラゴンの攻撃力は2400から2700に成る!やれブラックローズドラゴン!ブラックローズフレア!!」
だが爪が甘く相手の瞬間パワーアップに対応できずそして!
LP300→0


「ネフティス!うわぁぁぁ!!」
ブラックローズドラゴンの炎は黄金の不死鳥のカード…そしてデッキが燃やしそして白髪の少年の意識もまたそこで消える。




それから、4年後―――

「おい起きろ、遊!」
シティのD-ホイール修理屋のソファーを我が物顔で占領しながら寝てる青年、中年の親父…その修理屋のオーナー門田卓三はその青年を起こす
白髪の青年その青年の顔には×印の様な傷が着いている。
彼の名前は白城遊(はくじょう・ゆう)三年前ふらりとこの修理屋にきた少年だった。
何でも記憶を無くして覚えているのは名前と自分が決闘者で有ることだけ、ほっとけなく此処のバイト兼自分の手製D-ホイールのテストパイロットを任してある。
マーカーは付いてないし多分大丈夫だろうと思い置いている、知り合いのセキュリティーにも協力をして貰ったから多分大丈夫なんだがどうも納得がいかない何故なら3年たったがこいつの捜索願いが無い事にいぶかしめているのだ。
そしてこいつの腕にも大きな傷が有るし、そして謎なのが背中に変な模様みたいな痣が有るのも謎より一層深くする。


「なんすか、おやっさん?」

「また魘されてたぞ、それと牛尾が来ていた。またお前に挑戦だとよ、既に高速方面に行った。」

「牛尾さんのやつまたですか…解りました、相手して来ます。」
そう言うと真っ黒なバイクスーツを着て自分のD-ホイールに乗りに行く。

そのD-ホイールも真っ黒っで赤くXのラインが入ったD-ホイール…あいつの愛機ブラックイクスだ。

「んじゃ言って行きまーす。」

「おう行って来い。」
この見送りがもう出来なくなるとはこの私自信思いもして居なかった。