※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月谷 三助


名前 月谷 三助 (つきだに みすけ)
種族 (生前は)玉兎
能力 弾幕を乱射する程度の能力
二つ名 バイオレンスなグルメ野郎
職業 (生前は)玉兎部隊の一人(下っ端兵のまだいい方)
年齢 生前18,9
趣味 ルーレット
身長 173
体重 56
外見・服装 ヘッドフォン(戦争当時に使用した無線らしい?)、青色の破れたニット、レザー
好きなもの 美味しい物

幻想月面戦争の際に戦った玉兎の一人。戦闘中、幻想郷で紫に殺され冥界を彷徨っていたが、成仏すれば美味い物ががあるというホラを信じ、半年掛けて消滅しかけながらも天界に来たが、食べ物が桃だけということに腹を立て、美味しい物を求めて地上に降りてきた。
生前はかなりのグルメで、美味しい物を食べることにもう一つの生きがいを感じていた。
一見、ただの変な兎だが、兵隊としての精神はまだ消えておらず、襲いかかった人妖の殆どが撃ち殺されている。

スペルカード
死弾「マシンエッセンス」
歓迎「モロトフフルーツ」
渓落「バレーハレーライク」
乱符「アイアンプラッド」
顰蹙「バースデートリガー」

台詞
「何故私がここで戦わなきゃならんのだ!私は美味しい物が食いたいのだよ!」
「ああ私という兎が、なんでこんな桃ばっかり食わなきゃならんのだ…シクシク」

会話

バカルテット「人間だー!」
三助「ぬおぉぉぉぉぉ!!あと少しで紅魔館のパーティなのだぁーっ!!ここで死んでたまるかぁ!!」
ズダダダダダダダダダダダダ
バカルテット(チルノ)「全部避けきるなんて、あたいったら最強ね!」
三助「何をぉぉぉぉっ!!呼ばれたからには行くしかなぁぁぁぃっ!どかんかー!!」
三助「ぬおぉぉぉぉぉっ!!玉兎魂を見せつけてやるわぁぁぁぁっ!!」

数分後、紅魔館 パーティ会場

三助「ゼーハーゼーハー…なんとか着いたぞ…!」
霊夢「…(今にも死にそうね」