※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犬ヶ淵 礼

#ref(ここに画像のURL)
名前 犬ヶ淵 礼(いぬがふち れい)
危険度 激高
人間友好度
活動場所 梅山
種族 獣人
能力 位相を操る程度の能力
二つ名 狂気の娘御、無限の抱影
性格・特徴 異様な程純真無垢で人懐っこい。反面無邪気故の残酷さも覗かせ、その際は狂気に浮かされた様に見える。
趣味 一人遊び、独り言
登場作品、SS 東方七怪山Exボス
特技 分身の術
身長 低い
体重 軽い
外見・服装 護符が貼り付けられた拘束衣を着ている。肌は抜ける程に白く、髪はライトブラウンで足首辺りまで伸びている。犬耳、尻尾付き
3サイズ つるぺた。これ以上書く必要性皆無
座右の銘 無し
好きなもの 陽光、肉
嫌いなもの 孤独、暗がり

かつて梅山の七怪として名を連ねていた犬の妖怪と人間の間に産まれた子供。その出自とそれに似つかわしく無い程に強力な能力を持って居たが故に洪と昊の手によって封印されていた。
しかし、2人が敗北し、封印が破られたことによって自由になり、外に出て来た。
教養はあるものの他人を疑うことを知らず、幻想郷の住人の中ではかなり騙されやすい部類に入る。
位相を操る程度の能力とは、対象の位相を"ずらす"ことによって"そこにいる"のに実際には居ない状態を作り出したり、位相を"ぶれさせる"ことによって、同時に複数の座標に同一の事物が存在する状況を作り出す事が可能な能力である。別位相の存在に対するダメージは本体にフィードバックしないという性質も併せ持つ。
この能力を利用すれば、フランにのみ視える"目"を別位相の存在に肩代わりして貰った上で、その別位相体を隠してしまうことで完全に見えなくするという応用も可能。



スペルカード
食符「焼き鳥を食うハチ公の図」
誤報「ライカ犬クドリャフカ」
狂熱「スプートニク2号」
疾風「大狒々と早太郎」
反射「パブロフの犬」
共食「極寒の南極調査隊」
忠誠「伍長殿のブロンディ」
憑依「犬神刑部」
壱号開放「バスカヴィルの狂犬」
弍号開放「ニヴルヘルの番犬」
参号開放「獄門の番犬」
肆号開放「クー・フーリン」

台詞
「ねぇ、遊ぼうよ!私と遊ぼう!」
「あハハッ、そうやって踊るンだ!ならもっと……愉しく踊らせてあげるッ!」