※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

博麗 霊長 Hakurei Reicho


#ref(ここに画像のURL)
名前 博麗 霊長
危険度
種族 人間with不動明王
能力 あらゆる存在を見下す程度の能力
二つ名 唯我独尊の巫女、歴代最高の巫女
性格 プライドが高い。カリスマがすごい。女王属性有り。
活動場所 博麗神社
外見・服装 霊夢と似た服装。ただしスカートの裾が斜めになっており、前が膝くらいの高さで後ろは地面に触れそうなくらい長い。背中に白い肩幅のマント。女性としては背が高い。
歴代史上最高の力を持ったと言われる博麗の巫女。
幻想郷の秩序を守るにあたり、手っ取り早く力でねじ伏せようと不動明王と融合したのが始まり。彼女が幻想郷に有害と判断したものを次々に粛清していく独裁的な正義ではあったが、理にかなっており横暴というわけでもない。かくして彼女は民に認められる暴君となったのだった。
生まれついての才能と力で常に周囲に君臨していた。頼み事は命令口調、気に入らなければ即制裁。
すぐに幻想郷中を敵に回しそうな人格だが、彼女は独自の帝王学を作り上げて王者としての美学を持っていたので、ただただ外道なだけの行いをすることはなかった。
あまり博麗神社から動こうとはせず、スキマ妖怪や参拝に来た里人との会話から幻想郷の状況を把握し、何か気になれば「視察」というかたちで動き出す。

「あらゆる存在を見下す程度の能力」とは、自身を絶対王者とし、周囲の存在に圧倒的な影響を与える能力である。
「一睨みで岩を砕く」「一言で妖怪を平伏させる」「覇気だけで封印を打ち破る」「腕の一振りで森を潰す」など神にも匹敵しかねない能力であるが、彼女としては幻想郷の統治以外に力を振るうのは帝王学に反するらしい。
また体の動きに連動しているようでもある。

古風な口調(めだかボックスの黒神めだかのような口調)でしゃべる。
霊長とは「不思議な力を持つ最も優れたもの」という意味。

現代に復活した彼女は、自身の力を発揮できる弾幕ごっこをとても気に入ったようである。
スペルカード
霊符「夢想封印 王」
夢符「幻想天地唯我独尊」
結界「博麗結界 獄」
大結界「博麗王弾幕結界」
神霊「無双封印 烈」
神剣「降魔の博麗三鈷剣」
神技「迦楼羅焔陣」
宝符「猛る陰陽玉」
宝符「金剛磐石」
「博麗超力大結界」
不動明王「博麗教令輪身」
不動明王「夢幻火生三昧」
粛清「五大明王処断」
「三千世界を征する巫女」





@ky