※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上筒の天

名前 住吉 上(すみよし・じょう)
種族 精霊
能力 返す程度の能力
二つ名 上筒の天
性格・特徴 主人に対し従順で、一切しゃべらない。
外見・服装 大きな嘴を持つ鳥。ポンチョで首から下の全身をスッポリ包む。
鳥の羽とは別に、背中から白い光のような羽が4枚生えている。
イメージカラーは白。
解説
人間「住吉中(すみよし・あたり)」に使役されている精霊。
身近に不吉な気配を感じ取ると、それを痛みに変え、好きな対象に送り返す事ができる。
この能力を使い、主人に敵対する者に対しダメージを与える事ができる。

底筒の地

名前 住吉 底(すみよし・てい)
種族 妖獣
能力 吸い取る程度の能力
二つ名 底筒の地
性格・特徴 忠誠心が強く、身を挺してでも常に主人の言う事を聞く。
外見・服装 額に大きな一本の角が生えた、巨大な狼。
角には梵字のようなマークが刻まれている。
イメージカラーは黒。
解説
人間「住吉中(すみよし・あたり)」に使役されている妖獣。
不屈の肉体と精神を持ち、あらゆる妖力、魔力、法力、霊力、物理力を込めた攻撃を、自らの身体で受け止め、ダメージを不吉なオーラに変え、角から放出する事で受け流す。
この能力を使い、主人の身の安全を守ると同時に、反撃のための力を錬成することが可能。

中筒の人 ~ 住吉 中 ~

名前 住吉 中(すみよし・あたり)
危険度 なし
人間友好度
活動場所
種族 人間
能力 見極める程度の能力
二つ名 中筒の人
性格・特徴 気が弱く、普段はオドオドとしているが、危機対応能力はそこそこ高い。
職業 巫女
所在
年齢 ?(見た目は幼い)
身長 低い
体重 軽い
外見・服装 紫色のポニーテール、太眉に大きな垂れ気味のオッドアイ(右が青、左が赤)。
白とミカド・イエローの脇出し巫女服に、白い足袋。
背は低く、幼く見える。
解説
妖獣「住吉底」、精霊「住吉上」を使役し、三位一体の力を操る少女。
巫女だが神社に所属しておらず、流浪の旅をして生活している。最近、幻想郷に流れ着いた。
彼女はあらゆる力の性質を見極め特定する力を備えており、使役する妖獣に力を吸い取らせ、精霊に力を跳ね返させる事で、多くの能力者に対抗する事が可能となっている。
そのため、博麗大結界も、現実と幻想の境界すらも、その目で確認し、一部分に穴を開けて、幻想郷に自力で入る事ができた。
本人と使役する妖獣・精霊がセットなら、ほとんどの能力が無効化されるので、スキマ妖怪ですら手が出しづらく、幻想郷に入れない、もしくは幻想郷から出さないなどの、彼女の行動を制限する手段が現状無いのと、彼女自身に悪意は無く、異変を起こす気配も見られないため、幻想郷への出入りは事実上自由となっている。

スペルカード
厄府「オホマガツヒノカミ」
天筒「ウワツツノオノミコト」
地筒「ソコツツノオノミコト」
人筒「ナカツツノオノミコト」
天地人「サント・スミヨシ・トリニテ」

スペルカード解説
  • 厄府「オホマガツヒノカミ」
禍々しい念の宿った呪物を取り出し、そこから不吉なオーラを発散させるスペル。
画面中に黒い靄のようなものが広がり、黒い米粒のような弾幕がランダムに撒かれる。
この後の攻撃に繋げるための下準備を攻撃に転化したスペル。
  • 天筒「ウワツツノオノミコト」
画面中に広がった不吉なオーラを精霊「住吉上」に吸い取らせた後、精霊から自機狙いのレーザーを5秒程度発射させる。
これらを繰り返す。
レーザーは予告無しのため、タイミングを見計らって紙一重で避ける必要があり、放っている間も狙いを修正し続けるので、掠りながらのズラシも必要。
  • 地筒「ソコツツノオノミコト」
術者が妖獣「住吉底」に騎乗し、札弾を飛ばしながら、画面を縦横無尽に移動する。
札弾は、自機狙いと自機外しがミックスされる。赤と青に色分けされているが、色と性質は関係ないので惑わされないよう注意。
術者の乗る妖獣に被弾させる度に、黒いオーラを撒き散らす事で、画面上が少しずつ黒く覆われ、視界が奪われるので要注意。
このスペルも、この後に続く攻撃のための準備を兼ねている。
  • 人筒「ナカツツノオノミコト」
術者が妖獣に乗った状態で、画面上に留まる黒いオーラを精霊に吸い取らせ、精霊から何本も連続で自機狙い&自機外しのレーザーを断続的に発射させる。
レーザーが発射される度に、画面上の黒いオーラは徐々に薄くなる。
黒いオーラが薄くなる程、レーザーを発射する間隔が長くなる(逆もまた真)。
また、自機からの反撃は全て妖獣が受け、ダメージを与える度に、黒いオーラが濃くなっていく。
  • 天地人「サント・スミヨシ・トリニテ」
術者が妖獣に乗り、肩の上に精霊を乗せた状態で、画面上を縦横無尽に飛び回りながら、画面中に厄の篭った黒い札弾を撒き散らし、そこから黒いオーラを撒き散らす。
その黒いオーラを吸い取った精霊から自機狙いと自機外しのレーザーが放たれる。
被弾する度に、妖獣から黒いオーラが放出され、画面上の黒いオーラを増大させる。
霊夢の夢想天生の如く、彼女自身どこを見ているのか分からないスペル。