※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

家憑守 ことき

名前 家憑守 ことき (Kazumori Kotoki) 
種族 犬神
能力 孤独を操る程度の能力
二つ名 孤独な犬神様
性格・特徴 落ち着いた物腰で寂しがり屋。
外見 服に書いてある円は輪、つまり人々を指し、その中心の点は輪に入れない孤独者、即ち自身を指す。
そして輪の外にある点と円は孤独を超えた人との繋がり、即ち彼女自身のありたいと願う姿を示している。
関係人物 上白沢 慧音(人里で妖怪を追い払っていると勘違いされて自分が追い払われそうになった)

人里の外れにある屋敷に寂しく住む犬神。
昔は由緒ある家の番犬だったが、飼い主亡き後も律儀に誰もいない家を守り続けていた結果、
人々からあれは堕ちた犬神だと畏れられ、放っておいたら実際に犬神にまで祀り上げられていた。

犬神になってしばらくは一人でひっそりと暮らしていただけであったが、
最近は自分から人間とコンタクトをとる機会も少なくない。
過去の忠誠心の名残なのか、人里の近くに妖怪を見つけた際にはそれを追い払う。

住んでいる家は飼い主の屋敷を改装したもの。
孤独を操ることで普段は屋敷に人間があまり近づかないようにしてひっそりとお茶を飲んでいる。
稀に人間が辿り着くこともあるが、根は寂しがり屋で、彼女は快く迎え入れるので安心して良い。
また屋敷が立派な為、その際にはどうかもう一泊、という者も多いらしい。

最近はその屋敷の無駄な大きさと豪華さを生かして宿でも始めようかしら、と思っている。

夏は蚊が寄ってこないから便利よ、とは本人の談。


スペルカード
犬符「犬首埋葬の儀」(E,N)
犬符「犬神ヶ辻」(H,L)
狗符「狛犬幻想」(E,N)
狗符「阿吽の弾幕」(H,L)
咆符「夜中山道送り犬」(E,N)
咆符「バスカヴィル家に潜む魔犬」(H,L)
望符「犬の十戒」(E,N)
望符「虹の橋」(H,L)
餓符「弧苦零丁インソムニア」(H~L)
不帰「クドリャフカ1957」 (H~L)
孤独「死に至る病」(H~L)

元ネタ:
名前の元ネタは犬神家のヨキ、コト、キクより。

添付ファイル