※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Stage 4 生命の燈火

霊夢「さて、媛子って人かリーダーさんを捜さないとね。」
???「あら、誰かお呼びかしら?今日の予定は特になかったと思うのだけど。」
媛子「あら。こんにちは、不審者さん。私が媛子ですよ。」
霊夢「こんにちは。あなたが門番や霞天が言っていた人ね。」
媛子「あ、霞天に会ったのね。すごいでしょ?あの子。」
霊夢「ええ。ほんとビックリしたわ。あの変わり方。」
媛子「ふふ、私も最初会ったときは本当に驚いたわ。もう、ずーっと昔のことだけどね。」
媛子「さて、本題に入ろうかしら。あなたはこの創世城で私たちがしようとしている再創世について知りたいのよね。」
霊夢「ええ、そんなところよ。」
媛子「それで、あなたはそれを知ってどうするつもりなの?」
霊夢「そうねー。内容によっては止めるかもね。」
媛子「なるほどね。いいでしょう。教えてあげるわ。」
霊夢「やった!」
媛子「えっと、再創世は『この世を創り直す事』なんですよ。」
霊夢「創り直す?じゃあ今の幻想郷とかはどうなるの?」
媛子「もちろん、一度全て消滅させますよ。そのほうが楽だもの。」
霊夢「なるほど、分かったわ。そして、全力で止めるわよ。夢想封…」
媛子「ちょ、ちょっと待って!文句はリーダーに言ってよね。」
霊夢「はぁ、仕方ないわね・・・。じゃあリーダーの居場所を教えなさい。」
媛子「この奥にいるけど、ここは通さないわ。命令だから。」
霊夢「そうね。なら門番のときみたいに無理やり通させてもらうわよ。」
媛子「戦いは得意じゃないけどね。でも、代華の敵も討たないといけないし。」
媛子「生命の創造神の力、見せてあげるわ!」



霊夢「よし。これでリーダーに会えるわね。」
媛子「すみません、リーダー。負けました。ごめんね、代華。敵討ちできなかった。」
霊夢「よーし。絶対に再創世なんてさせないわよ。」
媛子「ねぇねぇ。別にそんなに悪いことじゃないと思うわよ。再創世。」
霊夢「良い悪いじゃないの。私の神社を守るためよ。」