マジック裁判(民事)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年11月15日に貨幣損傷等取締法違反でマジシャンが逮捕されました。

この事件はテレビのニュースでも報道されました。その際、番組では直接事件に関係ないトリックコインまで種明かしをしました。

これを受けて、藤山新太郎さんを代表とするマジシャン団体がテレビ局を相手に訴訟を起こしたのが マジック裁判です。

なお、このときの訴訟内容は「種明かししたことでマジックの道具の価値が下がった」というものです。

2008年10月30日、東京地方裁判所にて、裁判官は「説明のための種明かしであり必要の範囲内」という旨の判決を言い渡しました。

(まだまだ加筆中)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。