※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アドレナリンβ受容体遮断薬

アドレナリンβ1受容体を遮断して交感神経興奮に基づく反応を抑制する。
①心拍数低下(陰性変時作用)、興奮伝導低下(陰性変時伝導作用)、興奮閾値上昇
②心筋収縮性低下(陰性変力作用)
③酸素需要の減少、酸素需要増大の抑制

※心不全を誘発する危険性あり。
※気管支平滑筋のβ2遮断により、気管支喘息の悪化の可能性あり。
 冠血管平滑筋のβ2遮断により、拡張抑制→冠血管収縮促進→狭心症の悪化も。


種類

  • 非選択的β遮断薬
 ・プロプラノロール(ISAなし)
 ・ピンドロール(ISAあり)

  • 選択的β1遮断薬
※気管支喘息の患者には慎重投与
 ・アテノロール(ISAなし)
 ・アセブトロール(ISAあり)

  • 短時間作用型の選択的β1遮断薬
 ・ランジオロール(ISAなし)
 ・エスモロール(ISAあり)

使用される疾患


 ・上室性および心室性の不整脈(期外収縮、頻脈)
 ・高血圧症、労作性狭心症