※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

eukaryotes、真菌


特徴

 ・性状:菌糸(酵母は単細胞形)
 ・真核で染色体有り
 ・細胞膜: エルゴステロール
 ・細胞壁:β-グルカン、キチンなど


抗真菌薬

  • 表在性
 ・グリセオフルビン:経口投与。微小管阻害

  • 深在性
 ・ポリエン系( アムホテリシンB
  共役二重結合を持つ、大環状ラン
  細胞膜 エルゴステロールと複合体を形成し、細胞膜構造と機能を障害

 ・アゾール系(イミダゾール系、トリアゾール系など)
   エルゴステロール合成阻害薬
  細胞膜と機能に障害。
  アムホテリシンBより安全で、静菌的

 ・キャンディン系(ミカファンギン)
   β-グルカン合成阻害

 ・5-FU(経口)
   核酸合成阻害


原虫

真核生物でもっとも下等な単細胞原生生物で寄生性を有する

感染症

  • マラリア(経皮感染)



抗原虫薬(抗マラリア薬)

 ・経口キニーネ(キナの樹皮)
  無性生殖体には効くが、有性生殖体には効果なし
  副:低血糖

 ・スルファドキシン(サルファ剤)
 &ピリメタミン合剤(SP合剤)
  ピリメタミンは、葉酸合成阻害によりDNA合成阻害

 ・メフロキン(メファキン)
  クロロキンより毒性減
  禁:ジゴトキシン、カルシウム拮抗薬、βブロッカーなどを併用

国外では使用可----
 ・クロロキン(経口)
  副:眼障害
 ・プリマキン
  生殖母体と肝内休眠型に作用