※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 書籍データ
書籍名 暁と黄昏の狭間 巻数 全6巻
著者 西魚リツコ イラスト D‐SUZUKI
出版社 徳間書店 シリーズ名 トクマ・ノベルズEdge
発売日(1巻) 2008年02月 発売日(最新巻) 2008年10月



834 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/19(金) 23:10:34 ID:dRYdaYek
騎士を慕う少女なら西魚リツコ「暁と黄昏の狭間」シリーズもおススメ。
鍛冶職人の娘が主人公な本格ファンタジー。
ふたりの中はすごくゆっくりだが、確実に進展していってる。
最新刊では萌え死ぬかと思った。

873 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/20(月) 11:33:42 ID:8m/KdW6K
「暁と黄昏の狭間」ここで見て買ってみたけどすごい面白い
まだ一巻の途中だけど名作の予感がひしひしとするよ
文章にもヒロインにも浮ついたところが全然なくて堅実で生真面目なのがツボです
すぐ好きになってそればっかり考えてるような展開だと正直恋愛脳…と引いてしまう方なので
これからどういう経緯で気持ちの変化があるんだろう、ってわくわくしてる
紹介してくれた人本当にありがとう
元漫画家さんだから文章力にもあんまり期待してなかったんだけど上手くてびっくり

882 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/21(火) 01:04:13 ID:ywydETLO
874 少女漫画よりジャンプ漫画の男女に萌えるのが多い自分には凄くわかりますよ…
嗜好は違うけど本筋からチラリズムする恋愛とか、友情以上恋愛未満の期間が多い話とか好みだ
前者だとロードス島(新以外)創龍伝、精霊の守り人、暁と黄昏の狭間
後者だと翼は蒼空を翔けて、オペラ、ねじまき博士とか個人的お勧め

恋愛主流の少女系も好きだけど、たまに『カレーもいいけどおせちもね!』な気分になる



27 :イラストに騙された名無しさん [↓] :2010/10/11(月) 10:34:46 ID:Ubn1JaMc
西魚さんの作品は、石霊と氷姫も暁と黄昏の狭間もカップリング関係で清々しいまでに自分には合わなかったw
カプがすべてというわけではないけど、自分的に結構大きい要素だから、次は買わないかなあ…


28 :イラストに騙された名無しさん [↓] :2010/10/11(月) 10:53:39 ID:jlF1zUm1
西魚さんは暁と黄昏しか読んでないけど、合わなかったな。
片腕の友人や1巻の盗賊の息子は好きなんだけど、主人公ずっと卑屈っぽいし、
まったくカタルシスが無くて楽しめなかった。

最初は面白かったのに、主人公の役に立たない感が最後まで凄いし(金髪の友人の方がよっぽどヒロインぽい)
故郷の王様は冷たいわりに、家臣でもない主人公に国に役立つ魔法を学んでこなかったとか責めて忠誠だけは求める。
息子のこと差し引いても感じ悪くて、こんな王様に尽くす騎士にも魅力を感じなくなったわ。
更に家族の仕打ちが酷すぎるわりに、報いを受けないもんで胸くそ悪すぎた・・・。
村が襲われて滅びればいいのにと思いながら読んだのは初めてだよw


29+1 :イラストに騙された名無しさん [↓] :2010/10/11(月) 11:14:39 ID:Ubn1JaMc
でも、自分は2巻の少年皇爵はかなり好きだったんだけどなw<暁と黄昏
好きなキャラはそれくらいかな


31 :イラストに騙された名無しさん [↓] :2010/10/11(月) 12:19:42 ID:jlF1zUm1 (2/2)
29
皇爵は自分も好きだ。
お供の人も良かったな。


33 :イラストに騙された名無しさん [↓] :2010/10/11(月) 21:33:54 ID:WkYWXg2l
西魚さんの漫画家時代が大好きで全部買っていたから小説も買ったけど合わなかったな
漫画の香港シリーズは痛快で明るくてよかった
小説は雰囲気全然違った…


名前:
コメント: