オプーナ保管庫@Wiki 全盛期のオプーナ伝説

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全盛期のオプーナ伝説




全盛期のオプーナ伝説

・3日間5ミリオンは当たり前、3日間8ミリオンも
・即売り切れを頻発
・オプーナにとっての他のゲームはゲームとして出来そこない
・オプーナをめぐっての殺人も日常茶飯事
・光栄の借金100億、他のゲームは開発中止の状況から1本でミリオン
・一枚の購入権利書でオプーナが三本買える
・ワゴンでもミリオン
・オプーナを購入しただけで店員が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす店員も
・ミリオンでも納得いかなければ海賊版になって帰ってきてた
・あまりに売れすぎるから海賊版でもワゴン扱い
・その海賊版もミリオン
・客がパッケージを一目みただけでオプーナが売れていく
・店の開いてない定休日でも2ミリオン
・wiiを使わずに機動したことも
・自分の中古を自分で買取してワゴンに投げ返す
・ゲームランキング一位なんてザラ、海賊版と1位2位でランクインすることも
・発売日に新品が売れてからワゴンに入る方が早かった
・全世界でミリオンになった
・オプーナを購入しようとした客と、それを精算しようとした店員、店主、他の客ともども購入させた
・同じワゴンのサムスに反論しながらミリオン
・グッとガッツポーズしただけで5ミリオンくらい売れた
・オプーナをプレイしたいがため全世界でストライキが起きたことは有名
・wiiが売れ始めたきっかけはオプーナの開発発表
・ワゴンの深い位置から陳列棚のライバルも監視してた
・ソニーとマイクロソフトを楽々営業停止に追い込んだ
・自分のワゴンに飛び乗ってレジまで行くというファンサービス
・全盛期のオプーナを買った子供が言ったんだが、すでにソフトがミリオンになっていて驚いたそうだ





名前:
コメント: