本家 > セ・リーグ > 阪神タイガース > 過去ログ

歴代在籍選手

image plugin error : ファイルが見つかりません。 (doara.jpg)

 野手
選手名 作成者 選手近影 ひとこと
桜井 打力を期待されたがキャンプをサボったため解雇が言い渡された
今岡アニキ 最高や! 実は阪神一の俊足を誇る扇の要。若いながらアニキと慕われるその背中で投手陣を引っ張ってきたが、嫁のネイルサロンを手伝うことに没頭して飛行機に乗り遅れキャンプに来られず解雇処分に。しかしアニキの帰りを待ちわびている選手も多い
内川聖一 やる大石 風のようにやってきて風のように去った寡黙な男。彼の声を聞いた選手はいないとかいるとか
M.ラミレス アナコッポラ 二度の三冠王に輝いた頼れるアニキ。阪神のみならず本家セ・リーグを代表する主砲であった。楽天にFA移籍。
元木大好き 元木氏ね シュアなバッティングと果敢な走塁で猛虎打線を引っ張るトップバッター。突然行方をくらます。
WATER Skal 俊足強肩好守で阪神の外野陣を纏めるセンター。謎の失踪を遂げる。
バカチン 堅実な守備と、広角に打ち分ける確かな打撃技術でヒットを稼ぎ後ろへ繋ぐ虎の安打製造機。オフに消息を立った。
どんでん そらそうよ 監督からプレイイングマネージャーとして選手に復帰。時折見せる無類の勝負強さはまさに勝負師のそれ。チームで最も愛された男であったが、体力の衰えもあり惜しまれながら引退。その姿がチームを鼓舞し、翌年のセリーグ制覇に結びついたという
コジロー 中日からFA移籍してきた強打者。横浜からFA移籍のジオンビとともに、本家阪神の初優勝の原動力となった。横浜へFA移籍
エリカ様 トラッキーンゴ選手の引退に伴い、特別枠で入団してきた野手であったが、キャンプ入りをサボったため自由契約に
星野 コジロー選手のFA移籍に伴いテスト入団した野手。守備力には目を見張るものがあり、またシーズン30犠打以上を記録し、本家阪神史上最高犠打数を記録した。しかし打率が伸びず、一年で自由契約に
ジオンビ 代理人 横浜よりFA移籍してきた長距離砲。中日よりFA移籍のコジロー選手とともにクリーンナップを務め、本家阪神初優勝、そして初の日本一の原動力となった。日本一を見届けた後、広島へFA移籍
140km 併殺打併殺 俊足巧打の好打者。テスト入団ながら、自慢の足を活かした盗塁や、絶妙のバットコントロールから安打を量産した。また非力ではあったが本塁打をよく打つ意外性のある選手だった。FAで広島に移籍
川代 ギルガー 堅実な守備を誇る、本家阪神の不動の二塁手。晩年は打撃力もつき、猛虎のトップバッターも打った。体力の限界から引退
フレディ フレディ 打倒ジェイソンと意気込んでいたがジェイソンが引退したので涙目。功打力でみせる。FAで広島に移籍
鳥谷敬 野手最年長、チーム最高年俸のトップバッター。体力の衰えから引退
ぬるぽ ガッ 鳴り物入りで入団した若き大砲。高卒ながら威圧感のあるフォームでHRを量産し、新人王を獲得。生え抜きの和製大砲。余力を残しつつ引退
ぎんざ とらみ 阪神のアイドルとらみちゃん。能力の劣化に耐え切れず突然引退。
みかん みかん image plugin error : ファイルが見つかりません。 (mikan.jpg) 安心のみかんブランド。初代鳥谷の後釜として活躍。40過ぎまで猛虎不動のリードオフマンとしてチームを引っ張った。初代ミスタータイガース鳥谷と比べてもまさるとも劣らない素晴らしい戦績を残して引退。最期は皮がむかれて汁が(ry 首位打者・盗塁王・B9
ジョンソン 2323 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (2323.jpg) 安心の2323ブランド。穴のない能力と多彩な特殊能力であらゆる打順、ポジションをこなすオールランドプレーヤー。並みいるパワーバッターを押しのけ4番に君臨し、満塁弾を量産したことは記録に新しい 35期に引退。B9
後藤光尊 檻鉄 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (24.jpg) ロッテ、ヤクルトと本家屈指の人気チームを渡り歩き、選手生命の集大成に阪神を選んでくれた。若手揃いのタイガース野手陣においてベテランのリーダシップが期待される。38期に引退 AS
ぞぬ 時雨 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (images.jpg) 阪神タイガース第16代目の不動の4番バッター。俺協、ON砲引退後の主砲として、ファンの期待を一身に背負う。「FAしよっかな~」が口癖 本家阪神ではあの伝説のバッターMラミレス以来の豪力使い。41期引退し名無し AS(3) ASMVP B9(2)
きんのたま mimi image plugin error : ファイルが見つかりません。 (kin.jpg) 確実なミート、完璧なバント、鉄壁の守備。平成の牛若丸は今日も甲子園のセンターラインに立ちはだかる 43期に名無し 新人王 AS
白ヤギ 黒ヤギ image plugin error : ファイルが見つかりません。 (yagi.jpg) 35期2冠王。数々のタイトルを獲得し、球界を代表するスラッガーとなった。チーム本塁打記録223本にも大きく貢献 通算3622本安打はみかんを抜き歴代阪神最多安打 46期引退 AS(6) ASMVP B9(9) 打点王 本塁打王(2) 首位打者
Mk-II ジモッティー image plugin error : ファイルが見つかりません。 (M2.jpg) チームNO1の快速が武器の若虎三人衆の一人。ミートを鍛え将来のリードオフマンの期待がかかる。巨人のカミーユ、横浜のプルツーら近頃本家に蔓延るニュータイプに対抗すべく阪神が開発した新型モビルススーツ。最近のライバルは広島のサザビー。49期に引退 AS B9


  • 投手
起用 選手名 作成者 利腕 ひとこと
棗恭介 鍵っ子 阪神唯一のノーヒッター。150kmに迫る速球と切れ味鋭い変化球でノーヒットノーランを達成した実力もさることながら、点を取られても負けない闘志溢れる投球が魅力。
トラッキーンゴ 陽集 152kmの速球と大きく割れるカーブ、落差の大きなフォークを武器に最多奪三振を獲得したこともある投手。ピンチに弱かった精神力も護摩行で鍛え、不動のセットアッパーの地位を築いた。体力の限界を感じ引退
バチョーン コチ 虎の番長。先発に中継ぎに大車輪の活躍を見せたが、体力の衰えから引退。後身に道を譲る
わっふる ユウ 多彩な変化球を操る右のアンダースロー。セットアッパー、スターターと経験し、猛虎の柱と呼べるほどの活躍を見せたが、キャンプに顔を見せず、そのまま退団となった
了(串) 了(わし育て) 自由契約になったわっふる選手に代わりテスト入団した投手であったが、国籍の虚偽など偽証罪に問われ、シーズン後自由契約に
結城つかさ てい 本格派右腕とは彼女のための言葉か。150Kの速球と多彩な変化球で、16年目の今年も阪神のローテを守り続ける・・・と思ったら17年目で無念のななしorz
2ターボ クリストル・B image plugin error : ファイルが見つかりません。 (ブストス.jpg) 昨年西武から移籍。阪神との日本シリーズで、2度も最終戦で敗北という失態をおかし、阪神チャットでは神的存在であった。味方になった今では頼もしいセットアッパー。最終契約を前に再び古巣西武へ移籍。 奪三振・B9
スケバチョーン コチ image plugin error : ファイルが見つかりません。 (miura.jpg) 2代目番長。日ハムに一時移籍していたが阪神に復帰。歴代トップクラスの防御率誇るブルペンリーダー。輝かしい戦績を残し34期に引退 防御率・救援・MVP・B9
みかんの汁 みかんの汁 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (mikan.jpg) 40歳を過ぎたみかんの皮をむいた際に出た汁らしい。みかんの汁を風船に掛けると割れるらしいよ。みかんの旬は過ぎても阪神のみかんは食べごろです。36期に蒸発
ハイライト メンソール image plugin error : ファイルが見つかりません。 (hi.jpg) 第34期ドラフト入団。阪神待望の先発型。目指せ次期虎のエース!個人的にはメンソールはマルボロ。38期に突然禁煙
わかたけ 俺達 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (わかたけ.jpg) 元くぼたん。しばし充電の後ドラフト経て復活。^^今だに前世のイメージが強く、古参連中からはくぼたんと呼ばれている。伸びのある直球が武器。40期に謎の失踪
堀友理子 エロ虎人授業 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (hori.jpg) ダークサイトに堕ちたジョーカー。クールでかっこよかった阪神のエースはもういない。堀ちゃん (;´Д`)ハァハァ。改名後は球界のエースに。42期に200勝達成!本家阪神歴代NO1ピッチャーといっても過言ではない。偉大な足跡を残し44期引退 MVP AS(5) ASMVP 最多勝 奪三振王(6) B9(4) 防御率
短距離 長距離 image plugin error : ファイルが見つかりません。 (kutu.jpg) 第40期ドラフト入団。長距離も短距離もこなせる万能シューズ。先発、抑え、中継ぎ・・・彼は働く場所を選ばない。初年度から最優秀ルパンを獲得し盗人の素質が感じられる。入団2年で25勝という末恐ろしい悪党。43期よりローテーション入り。44期に西武ゆうかりんと電撃トレード
ジェフンゴ ウイル image plugin error : ファイルが見つかりません。 (54.jpg) 元フジンゴ。しばし充電を経て復帰。最強盗人軍団の自称リーダー。その驚異的な勝ち運で先発投手の勝ちをつぎつぎと奪い取る。帳尻が得意後半戦に特に力を発揮する。ついに投手MVPまで盗んでいった。44期200勝達成。45期ついにセリーグ投手ナンバーワン年棒となる.そして引退 AS(3) B9(6) 防御率 MVP(3)

過去の記録


45期 大泥棒の最期

 ・優勝を逃したたとはいえ、阪神から9名がベストナインに選ばれるという珍事。エース堀ちゃんも無事転生を終え、
  野手陣も全盛期を迎えつつあり、今季こその期待がかかる。そんな折西武とのトレードの一報が入る。
  若手の一番手長距離を放出してまで獲得したのは、かつてコバトンとのトレードで西武に移籍していたゆうかりんであった。
  ゆうかりんは西武移籍後、シーズン記録の22勝を中継ぎで記録。大きな手土産をもっての阪神復帰となる。
  今年度でラストイヤーになるジェフンゴら全員無事にキャンプを過ごし、万全の態勢でペナントに臨んだ。
  今年も広島と一騎打ちが予想されたが、さすがは名門本家巨人。しっかり戦力を立て直し首位争いをリードする。
  対する我らが阪神は途中驚異の17連勝を記録。前半戦終了時は巨人に3.5、広島に10.5ゲーム差の首位で折り返す。
  それでもチャット内は、「Vやねん!」におびえる声で満ち溢れていた・・・
  後半戦が始まる。ただひたすらに目の前の試合を戦う虎戦士。10ゲーム、11ゲーム、12ゲームどれだけ差がついても
  油断しない、気を抜かない。気がつけば歴代最高記録の95つの勝利を積み上げセリーグの頂点に立っていた。
  チーム本塁打223本のお墨付き。みんなが最多勝利に夢中の間に、今年引退の大泥棒はいつも間にかに16勝。
  日本シリーズはロッテインデックスと。広島さんともめているようだがまぁいいか。
  ところがあれだけの猛打を誇った打線が集団食中毒。後半盛り返すも2-4で敗れた。
  オフのMVP発表。野手は三冠王を押さえぴらにあんが受賞。投手はコバトン受賞の予定であったが、突然会場に現れた
  ジェフンゴがMVPを強奪。その後引退のメモを残して去って行った彼の姿を見たものはいない。

44期 桃源郷の先にあるもの

 ・紆余曲折あったドラフトであったが、「キャンプしてくれそう」が決め手になり青ホを指名することに。
  ヤクルトへの移籍を防ぐため、入団即4割打つまでFA不可の契約を結ぶ。一人を除いて金回りがよかった今オフは
  各々が新たな特殊能力を奪取、さらに無事全員キャンプを果たし確かな手ごたえでペナントレースに向かうことができた。
  前半戦は、減棒をくらって怒り心頭の俺協が、開幕から負けなしの快進撃。ラストシーズンにかける堀ちゃん、防御率1点台のコバトン
  200勝達成で勢いに乗るジェフンゴ、変化球の切れが良くなったクイック寅さんのがんばりもあり投手陣は防御率3.33という
  本家阪神始まって以来の安定感をみせた。さらに野手陣は緊縛コンビを中心にチーム打率325.(歴代1位は西武の318.)を記録し
  黄金期の広島に5ゲーム差の首位で前半戦を終える。  
  そして後半戦。前半首位だとどうしてもよぎってしまうのがVやねん。阪神ファンのほとんどは未だにその傷は癒えていない。
  案の上すぐに広島に追いつかれ1.0ゲーム差で首位を奪いあうデットヒートに突入。
  打撃陣は歴代記録に迫る勢いで打ち続け、投手陣も先発陣が全員2桁勝利。それでも広島に追いつけない・・・
  そして最後の広島との天王山を0-3で敗れ万事休す。
  シーズンオフは大エース堀ちゃんの引退お疲れモード。リアル阪神も負け、メンチもベンチでしんみりと今季を終える

43期 甲子園のショート

 ・いつもだれよりも早く来てグラウンドを均し、最後まで打撃練習を行う。派手好きなチームメイトを尻目に
  コツコツとバントを決め(歴代3位の110犠打)20年近く甲子園のショートを守り続けてきた。
  そんな守備職人きんのたまが40歳を迎えた今年キャンプに姿を現さなかった。いずれにせよ長い間お疲れ様でした。
  投手編成は再びジェフンゴが中継ぎに戻り、2年で25勝をあげた大悪党期待の若手長距離がローテーション入り
  野手ではスーパールーキー武藤葵がファーストに入った。
  前半戦は、毎年安定した強さを誇る巨人が苦戦。ヤクルトはなんとか暗黒の底からは抜け出したようだ。
  黄金期の広島が独走し、中日、阪神が追う展開で前半戦を終える。先発が安定し盗人軍団は暇そうだ。
  結局後半戦も広島を止めることはできず上にも下にも大きく離れた2位でシーズンを終えた
  パリーグに目を向けると元阪神のゆうかりんが中継ぎで22勝。盗人魂はチームが移っても健在であった。
  来季に向けてショートをどうするか?ドラフトをどうするか?ぴらにあんがトリプルスリーを狙うにはどうすべきか?
  久しぶりにまじめな話になって今シーズンを終える。

42期 プロ野球開幕(メンチ( ´∀`)/~~)

 ・時雨が無事最終年を終え、引退お疲れムードが広まる本家阪神にゆうかりん電撃トレードの一報が入る。
  ローテの中でも成長株で将来のエース候補のゆうかりんの代わりに来たのは、埼玉県のマスコット「コバトン」であった。
  おもむろに着ぐるみを脱ぎ出すコバトン。なんと中の人はかつてジョンソンとして阪神で活躍した2323氏であった。
  またドラフトではガルキを獲得。新人キャンプを欠席するなど周囲をやきもきさせたがなんとか開幕に間に合った。
  前半戦の話題をさらったのはヤクルト。最多敗ペースで負け続ける上にあと1勝とせまった某200勝投手も暴れる始末。
  阪神はというと前半は無難に3位で終える。毎年安定して強い巨人に加えて、どうも広島は黄金期に入ったようだ。
  オールスターでは番長がまたMVP。2度の出場で2回ともMVPとは恐ろしい盗人ぶり。
  後半戦はもはや優勝よりも興味はヤクルトの最多負け記録。某選手が200勝を達成したのと同時に堀ちゃんも200勝達成。
  堀ちゃんはこのままいけば、歴代阪神記録のくぼたんの最多勝、フジンゴの最多奪三振を上回りそうだ。
  そして阪神は上も下も離れた3位でフィニッシュ。もはやそれはいい。
  42期はヤクルトが偉大な記録を打ち立てた年として永遠に語り継がれるであろう。

41期 コチの陰謀

 ・あわただしいオフだった。ドラフトではバランスのとれた投手短距離を獲得、FAでは大砲タイプのめるんをヤクルトから迎える。
  寅さんは2代目の任期を無事終え、3代目は速球派として転生を無事に終えた。久々に枠がうまったと思ったのも束の間
  わかたけの姿が見えない。くぼたん時代からキャンプは完璧にこなしていただけに残念。中の人がたしか学生だったと思うので
  何かと忙しかったに違いない。
  さて開幕。昨シーズンの後半戦の勢いで前半戦から快調に飛ばし、なんとか巨人に食らいつく。エース堀ちゃんで巨人をしのぎ
  ゆうかりんも先発として安定した力を見せる。短距離の盗人ぶりもルーキーとは思えない。
  本家阪神のブレインコチの陰謀によって今シーズンから再び先発にまわったジェフンゴも文句を言いながらも下柳をほうふつさせる
  省エネ投法で先発をこなしていた。
  前半戦を2位で終えると、後半戦も我慢の戦い。勝てども勝てども巨人が遠い。一時首位に立ったのも束の間。あっという間に
  自力の差を見せつけられ無念の2位に終わる。
  さすがにこれは反省会が始まるのかと思った矢先、ゼロペナのチーム勧誘合戦になってしまい今季を終える

40期 ミスタータイガース

 ・「ニジンゴwwww」初期からいるメンバーなら懐かしく感じるこのフレーズ。気がつけば40期。人間の世界でいえばもう4か月だ。
  これだけの期間初期からずっと阪神一筋で、なおかつほぼ毎日チャットに顔をだし試合を行う偉大な選手・・・
  それが本家ミスタータイガースこと「虎寅トラ」通称寅さんである。
  前半戦よもやの苦戦を強いられるタイガース。その中で寅さんは防御率0.00のパーフェクトクローザーとして奮闘。
  そして最終年度自ら買ってでた抑えで見事はじめてのASの出場を勝ち取る。その背中は他の若トラの憧れであり誇りである。
  後半戦は寅さんの激が効いたのか快進撃を続けるタイガース。来年に向け価値のあるAクラスで試合を終える。
  無事現役2週目をまっとうした寅さん・・・3週目待ってるぜ

39期 マイルドセブンスーパーライト

 ・はじめて吸った煙草の銘柄は?喫煙者の約4割が「マイセのスパラ」と答えるそうだ。その後セブンスターに走るやつもいれば
  赤マルボロでかっこつける奴もいる。赤木しげるのファンならハイライト一択であろう。
  キャスターはおっさんくさいと若い人は敬遠しがち。メンソールならマルメンライトが一番人気だ。
  なにが言いたいかというとハイライトメンソールが禁煙したようだ。みかんNTT事件を除けば久々の未キャンプ離脱だ。
  檻鉄さんの引退もあり久しぶりに名無しというのを見た。俺ぺなの過疎化がなげかれるなか本家の伝統は守っていかねばと思う
  さて勝ちうんこ3枚並べた最強の盗人軍団は今シーズンも好調。今まで運に見放されがちの俺協が前半から飛ばす。
  野手陣も若手がぐんぐん成長しいよいよ全盛期を迎えつつある。ヤクルトの活躍もあり前半戦を4.5差の首位で折り返す。
  久々にドラフト指名♪さっそく引退した後藤さん、ブストスさんがいるではないか。でもまわってこないだろうな。
  ASでは初出場の俺協とジェフンゴ盗人の共演をはたす。そして白ヤギがみごとMVP!ASに強い阪神
  この勢いで後半戦も順調に消化。Vやねん!!の後遺症がいまだに残る我々でもVは間違いないと確信していた。
                         ~中略~   
  最終結果は2位。勝率で首位広島を上回りつつも小数点以下は切り捨てという訳のわからん理由でVやねんを果たす 
  まぁ最後8連敗したから文句はいえないね。巨人もさんざんだったしね。今日はやたらと重かったしね。
  さすがに今期こそは反省会が始まるのかと思いきや、インターネット工事やプラウザの話題になってしまい今季を終える

38期 盗人戦国時代

 ・今年も全員無事キャンプをすごす。NTTと喧嘩したみかんの汁以来離脱者なしはWBCの盛り上がりを考えると素晴らしい。
  今年は檻鉄さんのラストシーズン。ヤクルトから移籍以来試合回しもこつこつとやっていただいた。いい形で引退していただきたい。
  編成は結局ジェフンゴのわがままが通り、再び中継ぎへ。勝ち運持ちの番長、勝ちに餓える俺協との3巴の争いが始まった。
  一方野手陣は白ヤギが一時打率4割を超えるなど完全覚醒。ぴらにあんは本塁打王争いに名乗りをあげた。
  前半戦は特に番長の盗人ぶりがさえわたり首位と僅差の3位で終える。またASでは番長が初出場でMVPを奪取。さすがである
  ドラフトに新品の玩具を発見w指名権がないのが残念。広池さんも長いなぁ。
  後半戦が始まったがチャットはWBCの話題でもちきり。試合を片手間に総集編の実況に終始。イチロー天才w
  ふと気がつくとあれ?首位?鉄壁の盗人軍団が次々と勝ち星を強奪、広島の追撃をなんとかかわし7年ぶりセリーグ制覇!
  防御率こそキュアピーチさんに譲ったが、阪神勢で投手タイトルを独占。最多勝、奪三振王のエース堀ちゃん、
  最優秀救援タイトルのゆうかりん。そして投手MVPはなんとジェフンゴが強奪。今までタイトルはおろかAS出場0の
  盗人ジェフンゴだがMVPを盗んだのは2回目だ。しかし盗人戦国時代はまだ始まったばかりである。
  日本シリーズはロッテインデックスに歯が立たなかったが、リーグ制覇と有終の美で檻鉄さんを送り出せてなによりであった。

37期 エース復活

 ・2年連続前半戦最下位のおかげでドラフトの目玉が取り放題。風見幽香、通称ゆうかりん。歴代この手のタイプはいなかったので
  今後が大いに不安楽しみだ。ここ数年の低迷もあり契約更改もスムーズ、全員が無事キャンプを終え開幕を迎える。
  前半戦は大方の予想を超え首位争い。先発陣の安定、中でも今年から改名した堀ちゃんが絶好調。ここ数年順調に力をつけている
  若虎軍団も本塁打を量産。2位(1位がリアルVやねん横浜wなので実質首位)で前半戦を終える  
  期待を胸に迎えた後半戦。失速したのは我が阪神であった。あまりの負けっぷりに俺協、時雨は発狂し奇声を上げ出す始末
  再び炎上マシーンと化したジェフンゴは「中継ぎ!中継ぎ!」とうるせーし、知将コチが不在ではペナント奪取は厳しかった。
  後半指揮ををとったとらみちゃんの健闘空しくここんとこの指定席の5位に収まる。
  さすがにこれは反省会が始まるのかと思った矢先、尻上りからなぜか早漏の話題になってしまい今季を終える

36期 暗黒脱出に向けて

 ・みかんの汁が蒸発するも、3代目番長、イチロー大好きとらみちゃんを迎えますます若返りが進んだ36期オフ。
  平均年齢はセリーグで一番若い28.6歳となった。将来への期待は大きいものの苦しい戦いが続く。
  2年連続前半戦最下位。ドラフト戦略と割り切り迎えたオールスターでは若手期待のハイレグさんがMVPを獲得
  後半戦へ向けてはずみがついたと思いきや、苦戦は続く。話題は早くも来期のドラフトへ
  中継ぎ復帰をあきらめたジェフンゴもすっかり「俺がエースw」と浮かれる始末。
  うちよりもっと暗黒らしい?ヤクルトをかわして何とか最下位を逃れた。

35期 エースご乱心!?

 ・まさかのエースジョーカーのカミングアウトで動揺を隠せない阪神ナイン。番長、2323は引退、みかんは汁だけになり
  (みかんの皮を夕ペナドラフトで発見w)一気にチームは若返りを強いられた。ドラフトでは狙い通り先発型のハイライトを獲得。
  またFAでヤクルトから貴重なベテラン後藤光尊を獲得し、なんとか前半戦を迎えた。
  先発に拉致されて以来炎上続きのジェフンゴが開幕5試合で5勝防御率1.88。これはおかしい・・
  予感は的中。あれよあれよのまま気がつけば中日の下にいた。こうなると話題は来オフの大補強計画一色。
  相変わらずのハイスペック3代目番長、俊足好打のとらみちゃん、そういや横浜に散歩に出かけた玩具は帰ってくるのか?
  来年FA予定の兄貴のピックアップも進めなくては・・・キューバ戦が気になり結論のでないまま36期へと

34期まとめ

 ・まさかの結城つかさ未キャンプという不穏な空気のまま開幕。ラストシーズンとなるジョンソン、スケバチョーンが奮闘するも
  今季から先発にまわった盗人が大炎上。そんな状況を打破したのは若い力だった。矢部きゅん、Mk-IIは早くもASに選出
  ハイレグさん、ぴらにあんも期待通りの活躍をみせる。
  前半を僅差の3位で折り返した後半戦、エースジョーカーを徹底的に巨人にぶつける作戦で上位陣にくらいつく。
  こっそり下位にぶつけては炎上するジェフンゴを尻目に首位まであと一歩というところまで迫った。
  残り9戦を7勝2敗でいければ優勝・・・が最後は中日に敗れ2ターボとともに日本シリーズに行く夢は儚く散った。

閲覧数
  • 今日の閲覧数  -
  • 昨日の閲覧数  -
  • 総閲覧数 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル