選手名鑑 > 分家 > ヘニキ

避難Jペナのwikiから刈り取るで

仮ペナの人々

ムニス捕手

福岡ソフトバンクホークス(150期代)
守備:捕手
1年目に靴の行商人・橋本将を装ってチームに合流。以降の記録が残っていないので何ともいえません

ヘニキ・ツライデス内野手

FC岐阜ー千葉ロッテマリーンズ(217期〜222期)
守備:遊撃・一塁・中堅・右翼
60期振りに仮ペナ復帰を果たし、初期威圧感を引き当てたFC岐阜の名誉アニキ。やはり初期威圧感がものを言いルーキーイヤーから.283を残し、新人王を獲得した。翌年も着実に成績を伸ばした。併殺は気にしない
221期、仮ペナ空前の金本ブームに乗っかり、登録名に金本が付いた。成績は下がった
そしてそのシーズン中、ついに……かいじっこ!
開示明けの222期メモリアルイヤー。フロントに「3割未到達なら期限付き移籍に出すぞ」との御達しを受けて臨む。しかし1番・2番・5番・6番を行ったり来たり。チームの迷走振り(←試合を回すワイ無能監督に責任があるのではないか)が垣間見られる苦しいシーズンとなったが、コーチとのバント練習にも精力的に取り組んだ
しかし223期「カイジサレタノデ」「サガサナイデクダサイ」との置き手紙を残して長良川に帰って行った

経歴

  • 217期 ロッテに入団。新人王を獲得
  • 218期 背番号を9に変更
  • 221期 背番号を6に、登録名をヘニキ・カネモトに変更
  • 221期 シーズン中に開示され、登録名をヘニキ・ツライデスに変更 背番号も25に変更
  • 223期 岐阜に移籍

背番号

15(217期)→9(218期〜220期)→6(221期)→25(221期途〜222期)

歴代応援歌

217期(ロッテ)汗をかいて涙を流し 挫けずに頑張ってみろよ そしたら明日への答えが 見えてくるだろう(若手汎用)
218期〜220期(ロッテ)Go ルイス Go ルイス 俺たちのヘニキ(×2)オイ オイ オイ オイ オイ(×2)Go ルイス Let's go ルイス 俺たちのヘニキ(原:Mデリック・メイ他)
221期(ロッテ)打球がライトスタンドを 一跨ぎ それ行けチャンスだへニキ 燃えろヘニキ(原:T横谷総一・高井一・星野おさむ・金本知憲
221期途〜222期(ロッテ)一振りに懸ける 男ヘニキ 熱きその思い スタンドへ(原:T新井貴浩

通算成績

年度 チーム 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 打率 得圏 出率 長率 タイトル
217 ロッテ 140 615 540 65 153 24 0 5 192 57 8 11 0 1 71 3 67 3 .283 .256 .369 .356 新人王
218 ロッテ 140 637 563 77 163 22 0 10 215 75 13 14 0 3 65 6 58 10 .290 .326 .367 .382 なし
219 ロッテ 140 638 557 71 158 26 0 12 220 89 14 4 0 1 74 6 51 8 .284 .278 .373 .395 なし
220 ロッテ 140 644 574 67 160 26 0 9 213 80 10 8 0 0 67 3 41 7 .279 .270 .357 .371 なし
221 ロッテ 140 658 590 55 157 23 0 8 204 71 11 6 0 1 66 1 67 9 .266 .296 .340 .346 なし
222 ロッテ 140 680 582 79 181 27 0 9 235 56 12 11 0 1 91 6 64 9 .311 .352 .409 .404 なし
通算6年 840 3872 3406 414 972 148 0 53 1279 428 68 54 0 7 434 25 348 46 .285 .294 .370 .376 217期野手新人王

宮沢正史内野手

帝京三高ー中央大ーFC東京ー大分トリニーターベガルタ仙台ー大分トリニーターFC岐阜ー千葉ロッテマリーンズ(223期〜)
守備:遊撃
ヘニキの突然の失踪で、急遽帰還までの間の代役を探す必要に駆られた仮ロッテ。またしてもFC岐阜からの強奪に成功した。外面はヘニキそっくり、成績もヘニキのものを引き継ぐ形となった

経歴

  • 223期 ロッテに入団

背番号

8(223期)

歴代応援歌

223期(ロッテ)宮沢 宮沢 うなる左足 戦え宮沢 熱く走りぬけ(原:大分 宮沢正史)

通算成績

222期まで 840 3872 3406 414 972 148 0 53 1279 428 68 54 0 7 434 25 348 46 .285 .294 .370 .376 217期野手新人王

避難Jペナントの人々

初代ムニス外野手(無能ペナ時代)

広島東洋カープ(1期)
守備:外野
記念すべき避難Jペナント第1号選手・・・だったのだが、バランス型にした結果特筆すべき事もない巨人笠原外野手が誕生してしまう。さらに打撃面では高卒1年目のDH チック棒選手にも劣る「失敗作」であった。
開幕前のスタメンでは2番ライトになったが、初代避難Jペナントは1試合も消化できないまま終焉を迎え、初代ムニス他100名以上の選手たちも消滅した。
これといった特徴もなく実績も皆無であるため書けることが少ない

経歴

  • 1期 広島に入団

通算成績

チーム 年齢 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 タイトル
1 広島 22 --- 0 0 0 0
通算 --- 0 0 0 0

ムニスⅡ外野手(1期〜19期)

広島東洋カープ(1期〜5期)ー東京ヤクルトスワローズ(6期〜8期)ー横浜DeNAベイスターズ(9期〜10期)ー読売ジャイアンツ(11期〜19期)
守備:外野/二/遊
こうして失意のうちに避難Jペナント2に避難してきたムニス外野手。前回の失敗からパワーを捨ててミートと走力に徹する方針を固めた。結果初期能力はCECDD(盗塁×・サヨナラ男)とまずまずのものになる。前回同様広島に在籍し、不動の2番センターを務めた。2期のうちに早くもミートがBに到達する、3期で盗塁×が消えるなど能力値をみれば順調な成長を見せたが、残念なことに打撃成績は毎年.270前後で安定してしまう。

【参考】広島が優勝した第1期の成績

ポジ 野手/製作者 年齢 打率 本塁打 打点 盗塁 タイトル・備考
1 選手会長
#2
22 .258 9 62 9
2 ムニスⅡ
偽予定ニキ
22 .268 8 65 6
3 嘘ンゴ
嘘ンゴ
22 .292 19 83 1 AS
4 聖域
あ痛肩
22 .300 25 104 打点王 AS
5 DH 木亥
船長
22 .259 20 86 2
6 梵ズ
バリー
22 .251 24 84 0
7 広島のプリンス
堂林
18 .285 25 101 0 AS
8 おどりゃ
クソ森
18 .220 10 56 1
9 チンポマン
チンポマン
22 .312 18 91 0 首位打者
なかなか成績が上がらないまま6年目のオフに辞めちまえ選手とのトレードでヤクルトに移籍、同時に守備職人を取得する。すると前半戦で打率.305と打ちまくり、初めてのオールスター出場を果たす。後半やや調子を落としたが、それでも打率.292と自己最高の成績、さらに新設のゴールデングラブ賞に選ばれ「優勝請負人」とも呼ばれた。なおチームは2位で優勝受取人にすらなれんもよう
翌年からゴールデングラブ賞を連続受賞するなど球界屈指の守備職人に成長する一方で、打撃面では開幕から調子が上がらず、加えて統一球導入による投高打低の波に飲まれて成績が巨人笠原状態になる。チームは優勝したが、どこかフラストレーションの溜まる成績になった。

…そんなムニスの元に電話がかかってきたのは、日本シリーズの直後であった
「一緒にやきうやろうや」

電話の主は横浜DeNAのK氏。熱烈なラブコールを受け二つ返事で移籍に応じた。またこのオフに威圧感を取得した。
ショートにコンバートされた守備が心配されるも失策は1つと不安を一蹴、さらに自身初の打率3割超えと「横浜に入る喜び」を味わった。惜しくも連続GG賞の記録は途切れたが、それでも初のベストナインに輝く。

1シーズンの断タイトルを終え、虚無感を感じていたムニスの前にサタンが現れた。
サタンは言った。「ムニスよ、お前が真の聖人であるなら炭火で焼肉をしたらどうだ。」
ムニスは答える。「ハマの星は焼き肉のみに生きるのではない。ベイスの勝利によって生きなければならない。」
次にサタンはムニスをハマスタの外野席最前列に立たせ、
「男であるなら、飛び降りてみろ。」という。下園が受け止めてくれるからである。
ムニスは「ベイスを試してはならない」と切り返す。
最後にサタンはムニスをリーグ優勝の瞬間を見せ、もしFAするのならお前に優勝の喜びを与えよう、と誘惑する。
こうしてムニスはサタンに魅入られFAした。
…そして内野安打を取得した結果、首位と1厘差の打率2位、首位と1本差の安打数2位という横浜を出る喜びを体感。ただしサタンは彼にタイトルを与えることはなかった。嘘。「勝手に選ぶチームMVP」にかがやきました。よかったね。
翌年、名物の揺り戻しが訪れたことは言うまでもない。と思ったらこの成績がデフォルトだったようです。なおミートは100のもよう
そして14期には、一度引退を表明するもフロントに引きとめられ撤回するぐう畜振りを発揮。ちなみにこの時点での通算安打数は2334だった。翌15期からはなんJ放送の解説者を兼任するようだ。
その15期には5番打者を務め打率.315。劣化が進む中で久しぶりの3割超えを達成。翌年も3割越えで2年続けての3割は自身初。なんだこのおっさん。
しかし打撃こそ好調だったが、この頃になると守備面での衰えが目立つように。走力もCまで落ちてしまった(諸行無常)それを何とか打撃でカバーしようと奮起し、17期には自身2番目に高い打率を残すと久しぶりにASにも出場、ベストナインとチームMVPを獲得。巨人に残ってよかった
そんな訳で栄光の巨人軍を終の住処に決めた18期、新任の落合福嗣選手兼任監督に4番センターに抜擢されるのであったが、これがスレ住民の間で「本塁打の打てない4番」とネタにされた。パワー50しかないからね、仕方ないね。3000本安打達成です。名球会が出来たら入れるもよう。これについて大正義軍落合福嗣選手兼任監督は「よかったね、おめでとう」と39歳のベテランを労った
翌19期の開幕直後に現役引退を表明。「3000本安打を打って、ここらが潮時だという御告げが聞こえた。前回はまだ何とかなるとフロントに言ってもらえたが、今度こそ限界が来た」「自分のような者がいつまでも居座っては将来有望な若手達のためにならない」と残り契約を破棄して退団すると思われる。また退団後にはなんJテレビで朝の情報番組で司会を務めるという。

経歴

  • 1期 広島に入団
  • 6期 オフにヤクルトにトレード移籍
    AS初出場、ゴールデングラブ賞受賞
  • 7期 2期連続でゴールデングラブ賞受賞
  • 8期 3期連続でゴールデングラブ賞受賞、セ・リーグ外野手GG賞ポイント1位
  • 9期 ヤクルトの優勝という使命を果たし横浜に移籍
    遊撃で2度目のAS出場、ベストナインに選出
  • 11期 読売に移籍、自己最高の成績を残し勝手に選ぶチームMVP
  • 15期 なんJ放送の解説者を兼任する
    オフに雑誌の対談に呼ばれ、ピノ・シナキンの両氏と共演
  • 17期 3度目のAS出場、2度目のベストナイン
    同じく2度目のチームMVPにも選ばれる
  • 18期 8月13日の対ヤクルト17回戦(神宮)で通算3000本安打達成
    4度目のAS出場
  • 19期 現役引退

歴代応援歌

1〜8期(広島・ヤクルト)(歌詞省略、原:Mムニス
9・10期(横浜DeNA)炎と燃えるその闘志 みなぎる胸にたくす夢 かっとばせ空へ高く 君はニューヒーローさ(原:YBセルビー
11〜19期(読売)上2つを交互演奏的な

通算成績

チーム 年齢 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 タイトル
1 広島 22 .268 --- 8 65 6
2 広島 23 記録漏れ
3 広島 24 記録漏れ
4 広島 25 記録漏れ
5 広島 26 記録漏れ
6 ヤクルト 27 .292 177 2 35 17 ゴールデングラブ AS初出場
7 ヤクルト 28 .257 154 2 31 11 ゴールデングラブ(2回目)
8 ヤクルト 29 .258 148 1 44 12 ゴールデングラブ(3回目)
9 横浜DeNA 30 .308 187 6 51 28 ベストナイン AS出場(2回目)
10 横浜DeNA 31 .271 158 2 35 17
11 読売 32 .330 193 3 53 32 勝手に選ぶチームMVP
12 読売 33 .279 151 2 52 15
13 読売 34 .282 162 4 47 20
14 読売 35 .276 160 1 43 20
15 読売 36 .315 177 3 47 9
16 読売 37 .302 172 0 41 17
17 読売 38 .328 196 2 63 20 ベストナイン(2回目) 勝手に選ぶチームMVP(2回目) AS出場(3回目)
18 読売 39 .328 182 0 65 16 通算3000本安打達成 勝手に選ぶチームMVP(3回目) AS出場(4回目)
19 読売 40 .265 158 1 40 12
通算 19年 .285 3219 43 908 294 AS4回 B93回 読売チームMVP3回 ゴールデングラブ3回

ムニスⅢ外野手(テストペナント)

阪神タイガース(テスト2期〜3期引退)ー読売ジャイアンツ1軍打撃コーチ補佐(19期〜)
守備:外野
ドラフト登録が間に合わなかったものの、宣言通り阪神入り。これぞ猛虎魂の成せる技や。
1年目は父親の1年目とそっくりな成績。しかし2年目にムラッ気、対右投手◎を相次いで取得。安定感のあるサウスポーキラーの父とは違う道を行くことに。ムラッ気のお陰で打率が1厘下がった。やっぱり安定感って神だわ
結局ペナント解散ののちに本家巨人で打撃コーチ補佐に就任した。

経歴

  • 研究所2期 阪神に入団
  • 研究所3期 阪神を退団、現役引退
  • 19期 読売でコーチ補佐に就任

応援歌

阪神の応援歌作成基準だと多分汎用レベルなので汎用ということで

通算成績

チーム 年齢 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 タイトル
2 阪神 20 .262 132 10 47 0
3 阪神 21 .261 159 12 54 1
研究所通算 2年 .261 291 22 101 1

鉄道員南田内野手(テストペナント/20期〜34期)

南田鉄道(社会人)ー阪神タイガース(テスト2期)ー読売ジャイアンツ(20期〜22期)ー福岡ソフトバンクホークス(23期〜34期引退)ーソフトバンクスカウトーソフトバンク編成部ー球団オーナー
守備:一塁/外野
元ネタはこいつ 。父親のコネで入社した鉄道会社の野球部で大活躍(自称)し、阪神の入団テストに合格。1年目で2割5分を切ったらクビにするという条件で入団した。本当に売り込み通りの成績ができるのか。阪神フロントの悩みは尽きない。
.250到達ならず。クビです。トライアウトを受験して結果待ちです。しかし研究所ペナントでは拾ってもらえず、第19期に本家のトライアウトに参加、興味を示したジャイアンツが入団テストを行った。特にバッティングセンスが高く評価され、見事5年契約を勝ち取った。3年目辺りから結果を出すのが当面の目標か。しかし1年目だからと言っても、打点17はひどい。2年目は打率がさらに悪化、初期大卒組が全滅した今年に全てをかける。前半戦で3割も狙える成績だったのだが…
残念ながら平凡な成績に終わり、オフに志願のトレード。O氏率いるホークスに移籍し、レジェンドの下で才能が開花。その後は打率10傑の常連に成長した。36歳で引退、スカウトと編成部を経てある球団のオーナーに就任したという。

ちなみに入場曲にかつて二岡が使っていたジグゾーのスカイハイを使おうとしたら断られた

経歴

  • 社会人3年目で首位打者のタイトルを獲得
  • 研究所2期 条件付きで阪神に入団
       契約条件を満たせず戦力外通告を受ける
  • 19期 避難Jペナントのトライアウトに参加、読売の入団テストを受験
  • 20期 読売に入団
  • 22期 守備につく
  • 23期 ソフトバンクに移籍
  • 34期 引退、ソフトバンクスカウトに
  • 37期 ソフトバンク編成部に異動
  • 45期 とある球団のオーナーに就任

応援歌

2期・23期〜34期(阪神・ソフトバンク)男 南田 今日も行くぞ 電光石火の スイング見せろ(原:T宮内他)
20期〜22期(読売)勝利を呼び込め ぶちつけろ漲る闘志 行けよ南田打てよ南田走れ南田(原:G二岡

通算成績

チーム 年齢 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 タイトル
南田鉄道 19 .297 158 5 48 15
南田鉄道 20 .385 199 16 83 6 首位打者
2 阪神 21 .244 124 10 50 0
20 読売 22 .239 127 0 17 3
21 読売 23 .229 126 1 32 13
22 読売 24 .266 156 2 24 10
23 ソフトバンク 25 以降記録漏れ
社)通算 2年 .340 357 21 131 21 首位打者1回
研)通算 1年 .244 124 10 50 0
本)通算 15年(4年目以降記録無し) .245 409 3 73 26 AS6回 首位打者2回 B94回 ゴールデングラブ2回他

これ以降

多分もっといたけど忘れた
-
2014年03月13日 (木) 23時22分25秒
作成:偽予定ニキ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。