※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cry On The River

作曲 新藤晴一
作詞 新藤晴一


きしむ胸をだいて 女が泣く 
待ち焦がれていた春はまだ君に届かない
でもきっと逢えるだろう 
綺麗でいれば 
少女でいたかった女が 
くすんだ心に目をふせて

渡るべき川の途中でひざをかかえて 
声をあげる 汚れてしまうのが恐いと 
A Woman cry on the river

進むしかできない この河 
何度も裏切り裏切られ 
知らず知らず向こう岸に着く
涙といっしょにこぼれた 白い花 
いつかは咲くと信じていたその花まで君は離した

渡るべき河の途中でひざをかかえて 声をあげる 
汚れてしまうのが恐いと
振り返ると輝いたはずの自分が 
眉をひそめて笑う・・・ 

A Woman cry on the river・・・

コメント欄

コメント

すべてのコメントを見る