※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ

 朝のHR。「来週から中間テストですので、今日からクラブ活動は中止です。皆さん、ちゃんと試験勉強してくださいね。テスト範囲は廊下に張り出してあります」と谷松先生が笑顔で言うとクラス内に暗雲が広がった。
「家に帰ってテスト勉強しなくちゃ…」「じゃあ、これから一週間、皆の家で順番に勉強会やろっか!」
 中間テストも明日に迫り、改めてテスト勉強をするために則子の提案で勉強会を開こうと言う。かぐや、美香、雪奈を誘い、一週間かけてそれぞれの家で勉強会を開催することなった。

 放課後、学校帰りに全員でスーパーに立ち寄り、お菓子やジュースを買いこむまひる達。どこかお遊び気分だ。呆れつつも自分の好きなジュースをそっとカゴに入れるかぐや。合計金額を細かく計算して一人当たりの払う金額を考える雪奈。皆、それぞれが思い思いの物を買った。
 初日はまひるの家が勉強会場に選ばれた。まひるの家に到着し、いよいよ勉強会が始まった。
 黙々と勉強する雪奈 。まひるに勉強を教えつつ、そっと自分の勉強もするかぐや 。勉強しつつも他人にイタズラをする則子。 則子のイタズラを受け流しつつも勉強する美香。 勉強が捗らず焦るまひる。それぞれが自分の力量に合った方法でテスト勉強を進めていく。
 初日こそまじめに始めた勉強会だが、2、3日過ぎてくると則子が真っ先に飽きて皆にちょっかいをだしたり、おやつを食べながら何故か乙女トーク大会になってしまったり、まひるが途中で知恵熱を出して倒れそうになったりと大騒ぎで日曜日を迎えた。

 最後の一日もあっという間に過ぎ去り、もう外も暗いので残りは各自自宅で勉強するということになり、まひるの家を後にしようとするかぐや達。あまり勉強が捗らなかったまひるは、不安な面持ちをしつつも皆を送りだす。
 仕方ないので勉強を続けるかと机に向かった瞬間、かぐやがまひるの家に戻ってきた。まひるの事が心配になって戻ってきたという。泣きつくまひる。やれやれと思いつつも、まひるの勉強を手伝うかぐや。夜はゆっくりと過ぎていった。

 中間テストの初日を迎えた。問題が配られ、一斉に始まる。雪奈が問題の傾向を分析したり、美香が先輩から情報を集めてくれていたお陰でまひるは鉛筆が進んだ。この調子でいけば、結構いい点が取れるかも。全員がテストに集中し、窓の外から見つめる眼光に気付く者はいなかった。
 そして翌日の最終日、これが最後のテストを迎えた。これが終われば後は結果を待つだけだ。少なくともテストからは解放される。テストが開始されてしばらくすると、教室の中が何か歪んだ気がした。一斉に先生や生徒たちが眠り込む。学校内に絶対空間が発生し、異変を感じたまひるとかぐやは校庭に飛び出した。闇空間の中はテスト用紙で一杯の世界だった。そこに、ダークネスのクバートが、赤ペンクライナーを引連れて現れる。テスト前に赤ペンを見て、気持ちが苦しくなるまひる。
「「デュアル・クロッシングデ―イズ!」」 二人はプリキュアに変身し、赤ペンクライナーと交戦を開始する。クライナーが激しく動き、赤い×が幾つも飛び出した。ナイトは華麗に避けたが、サンディは避けきれず、体中に×が張り付く。
「ひー、×は嫌だよー」慌てて払いのけるサンディ。
「サンディ、自信を持って。あなた、私たちと一緒にあれだけ勉強したんじゃない!」ナイトがサンディを励ます。
「大丈夫、赤点なんか取らないわ。昨日、あれだけ結構出来たって言ってたじゃない」「そ、そうだよね」
 二人の逆襲が始まった。攻撃が次々決まり、吹き飛ばされるクライナーとクバート。そして必殺技が発射される。クライナーはシャイミーに戻り、クバートは捨て台詞を残して消えた。
 絶対空間が消滅し、元に戻った学校で改めて中間テストが開始される。自分の持てる力をを全て出して回答していくまひる。

 そして翌日、回答用紙が返却された。相変わらず高得点を取ったかぐやに雪奈に美香。意外にも点数が高い則子。そしてまひるは満面の笑みを浮かべていた。
「見て見てー、今回すっごい点数が取れたよー。80点なんて今までの最高だったかも!」 
 全てのテストを返し終わった後で先生が手を叩く。「はいはい、静かにね。今回は皆さん頑張りました。クラスの平均点は80点でした」
「なんでー!」まひるの叫びが教室にこだました。

ストーリー設定メモ

(作品内にこんなシーンが欲しいという設定やイラストを記載します)
09.04.11設定
  • 中間テストのための勉強会が話のメイン。
 勉強するためにかぐや、まひる、美香、則子、雪奈の5人が家(まひる家? かぐや家?)に集まる。
 バリバリ勉強する雪奈
 まひるに勉強を教えつつ、そっと自分の勉強もするかぐや
 勉強しつつも左近にチョッカイを出すのりぽ
 右京を受け流しつつも勉強する美香
 頭がパンクしていくまひる
  • テスト前にクライナー登場。またはテスト中にクライナー登場?
  • まひるが80点くらい取れてヤッターになってるんだけど、結局クラスの平均点は80点でした・・・というオチ。

 クバート「今日こそ、赤字を挽回してやるぜ!」

09.04.14設定
  • あらすじ案が2作、投稿されました。
 あらすじA案、あらすじB案の2つを比較して次回検討することに決定。

09.04.18設定
  • 前回のあらすじA案とあらすじB案をあわせたあらすじC案が提示され、採用されました。

次回予告

まひる「ねえかぐや、知ってる?」
かぐや「何が」
まひる「今度ライティング・フェスティバルが光ヶ丘で行われるんだ。かぐやも一緒にいこ」
かぐや「いいわよ。何があるの?」
まひる「町中がねぇ、電飾でピカピカでねー」
かぐや「クリスマスイルミネーションみたいな感じかしら」
まひる「そうそう、そんな感じ。でライトツリーってのがあって……」
かぐや「ライトツリー? クリスマスツリーじゃなくて?」
ま&か「冒険! プリキュアデイズ、『消えないで お母さんの思い出の明かり』」
まひる「ピカピカ輝き見つかるかも!」
まひる「ライトツリーの下には伝説があってー」
かぐや「伝説って何?」
まひる「きゃー、言えないよー」


第20話のタイトル候補
  • 「目指せ満点! 雨の日の勉強会」
  • 「目指せ高得点! 雨の日の勉強会」
  • 「赤点からの大脱出! 雨の日は勉強会」
  • 「中間テストは憂鬱 雨の日と勉強会」
  • 「しとしと気分を吹き飛ばせ! 雨の日と中間テスト」
  • 「まひるがんばる! 雨の日と中間テスト」
  • 「まひるがんばる! しとしと雨の中間テスト」
  • 「まひるがんばる! しとしと雨の憂鬱テスト」
  • 「まひるがんばる! しとしと雨と憂鬱テスト」
から話し合いで「まひるがんばる! しとしと雨の憂鬱テスト」が選ばれました。

第20話の話合いの際に出された全体の設定メモ

09.04.11設定
  • まひるたちが文化祭でバンドを組む
かぐや・・・ボーカル兼ギター
則子・・・ドラム
美香・・・ベース
雪奈・・・キーボード
まひる・・・タンバリン&ダンス担当
添付ファイル