基礎情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基礎情報

幻想郷概論A

教員 担当各教員
単位数 2.0
授業概要  幻想郷は多種多様な種族が生活しており、それらの種族に相応しいような特殊な地域も存在する。
もし、自分よりも遥かに強い者に不用意に近づいたり、逆に自分を敵と思う種族に近づいたりすれば、
トラブルに巻き込まれる事は避けられないだろう。
また、吸血鬼の前で大蒜を食べるなど、妖怪の弱点を突きつけるような行動を行えば、相手は宣戦布告と捉えかねないだろう。
人間と妖怪が調和している状態だからこそ、互いが種族に対する知識を正しく把握する事が必要である。
そのように、無用な衝突を起こさず、自分へ危害が加わる事を避ける、ひいては異変を防ぎ幻想郷の調和を保つ為に、
幻想郷に住む人妖や地域・知識に関する知識を身に付け、幻想郷での生活の一層の充実を図るのが本講義の目的である。
本講義はAコース、Bコースの2つに分かれており、Aコースは妖怪を受講対象としている。
極めて高い能力に自惚れ、異変を起こし制裁対象となると言う事が無いよう、本講義を通じて幻想郷に対する基礎知識を身に付けて欲しい。
授業計画 1.幻想郷について
2.人妖の種族ごとの特徴
3.妖怪に関する諸制限事項
4.異変とは
5.幻想郷内の危険地域
評価方法 全教員で共通の筆記試験と、各教員の課す個別問題により行う。
教科書・参考書 幻想郷縁起 第9版(著・稗田 阿求、東方大学出版会、121)
幻想郷縁起 第9版・補遺(著・稗田 阿求、東方大学出版会、123)
履修上の注意 全ての学部学科で必修となっている。単位を逃す事が留年へと繋がる為、誠意を持って講義に臨む事。
生徒の声
コメント:


幻想郷概論B

教員 担当各教員
単位数 2.0
授業概要  幻想郷は多種多様な種族が生活しており、それらの種族に相応しいような特殊な地域も存在する。
もし、自分よりも遥かに強い者に不用意に近づいたり、逆に自分を敵と思う種族に近づいたりすれば、
トラブルに巻き込まれる事は避けられないだろう。
また、吸血鬼の前で大蒜を食べるなど、妖怪の弱点を突きつけるような行動を行えば、相手は宣戦布告と捉えかねないだろう。
人間と妖怪が調和している状態だからこそ、互いが種族に対する知識を正しく把握する事が必要である。
そのように、無用な衝突を起こさず、自分へ危害が加わる事を避ける、ひいては異変を防ぎ幻想郷の調和を保つ為に、
幻想郷に住む人妖や地域・知識に関する知識を身に付け、幻想郷での生活の一層の充実を図るのが本講義の目的である。
本講義はAコース、Bコースの2つに分かれており、Bコースは人間を受講対象としている。
人間は妖怪に対して弱者であり、1回の判断ミスが死へと繋がる。
本講義を通じて幻想郷に対する基礎知識を身に付け、妖怪とも友好な関係を築いていただきたい。
授業計画 1.幻想郷について
2.人妖の種族ごとの特徴
3.妖怪遭遇時の対処法
4.異変とは
5.幻想郷内の危険地域
評価方法 全教員で共通の筆記試験と、各教員の課す個別問題により行う。
教科書・参考書 幻想郷縁起 第9版(著・稗田 阿求、東方大学出版会、121)
幻想郷縁起 第9版・補遺(著・稗田 阿求、東方大学出版会、123)
履修上の注意 全ての学部学科で必修となっている。単位を逃す事が留年へと繋がる為、誠意を持って講義に臨む事。
生徒の声
コメント: