※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超入門編・2

RGSS2に出来ること、出来ないこと

RPGツクールVXを作っているのはRGSS2で、この言語が画面表示や入力などを全て行っているのでした。
従って、ものすごく工夫すればともかく、RGSS2に出来ることは出来る、出来ないことは出来ないのです。
どんなことが出来て、どんなことが出来ないのでしょうか?
ざっとリストにしてみました。

RGSSに出来ること

  • 画面への表示、コントローラからの入力、音を鳴らす……。
まあ、出来ないとゲームそのものが出来ないので、これらは当然出来ます。
  • フルスクリーンでの表示
意外と難しいんです、これ。解像度の変更とか関わってて。
  • フルカラーでの表示、透明度のサポート
アルファチャンネル付pngを使えるので、透明度などは簡単に扱えます。
個人的に、アルファチャンネルつきpngを作成するツールとしては、
SAIGraphicsGaleあたりは手ごろなのではないかと思います( 安価 で、使いやすい)。
  • ファイルの操作、暗号化
暗号化は、ネタバレ、あるいは改造を防ぐために必要です。
これほど簡単に暗号化が出来る言語は私は知りません。C++とか、暗号化出来る言語もありますが、暗号化の仕組みを知って一ひねりする必要があるのが常です。
しかし、RGSS2なら仕組みを知らずとも暗号化は簡単!

RGSSに出来ないこと

  • 多人数プレイ
まず、コントローラ入力は1個に限るので、多人数プレイは出来ません。
レースとか格闘ゲームには向いてないかも知れませんね。
これは結構大きい制約だと思います。
  • 3Dゲーム
もともと2Dのゲームを作るためのスクリプト、3Dは門外漢です。
……ただ、自分が知らないだけで、不可能では無いかも知れません。
  • 動画を表示する
画像をリアルタイムで動かして、限りなくムービーに近いものを作ることは出来ますが、mp4、flv、aviといった動画ファイルを再生することは出来ません。
  • おまけCGとかをゲームの外に出力する
CGモードなんかは楽勝ですが、ゲーム外に画像ファイルを書き出すといったことは出来ません……が、これは多分工夫次第でファイル出力を使って行うことは出来ると思います。
でも、サポートされている機能ではないので結構大変だと思います。
  • キーボードやマウスを使ったゲーム
キーボードはいくつかのキーのみをサポートしており、通常の操作がキーボードで出来はしますが、タイピングゲームのようなキーをフルに使うものは出来ません。
また、マウスに関しては何も出来ません。