LEGO ROCK BAND


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


XBOX360、PS3、Wii、DSで発売
2009年11月3日に北米で発売
XBOX360版はリージョンフリーです
国内PS3もプレイ可です

難易度にSuper Easyを追加

Vocalはヘッドセットでも可能
ROCK BAND1,2 Guitar Heroの周辺機器に対応

LEGO ROCK BAND エクスポート方法
公式サイトにLEGOのソフトに同梱されているコードを入力すると25桁のコードが表示される
北米タグでサインインし、マーケットプレイスの「ご利用コード」の項に先程のコードを入力する
LEGO Rock Band Export PackをDLした後にLEGO Rock BandのミュージックストアでExport Downloadする
Xbox360 800MSP / PS3 約10$かかります

エクスポート済みのROCK BAND 1,DLCも一部使用可能

ROCK BAND 1の使用可能22曲 DLCは割愛します

  1. Bang Camaro / Pleasure(Pleasure)
  2. Blue Öyster Cult / (Don't Fear) The Reaper
  3. Bon Jovi / Wanted Dead or Alive
  4. Boston / Foreplay/Long Time
  5. Crooked X / Nightmare
  6. David Bowie / Suffragette City
  7. Death of the Cool / Can't Let Go
  8. Faith No More / Epic
  9. Fall Out Boy / Dead on Arrival
  10. Honest Bob and the Factory-to-Dealer Incentives / I Get By
  11. The Konks / 29 Fingers
  12. The Mother Hips / Time We Had
  13. The Outlaws / Green Grass and High Tides
  14. Queens of the Stone Age / Go with the Flow
  15. Ramones / Blitzkrieg Bop
  16. Rush / Tom Sawyer
  17. Smashing Pumpkins / Cherub Rock
  18. The Strokes / Reptilia
  19. Sweet / Ballroom Blitz
  20. Tribe / Outside
  21. The Who / Won't Get Fooled Again
  22. Yeah Yeah Yeahs / Maps

LEGO Rock Bandの海外レビューです。
▼ MS Xbox World 8.5/10
本作のLEGO要素は、The Beatlesを除いた他のRock Bandとの差別化になっていて、私は気に入った。収録曲は最高だし、ロック・チャレンジも楽しい。買う価値のある作品で、既に膨大なRock band/Guitar Heroカタログにとって歓迎すべき新作タイトルとなるだろう。

▼ Teamxbox 8.3/10
楽しく家族で遊べるゲームだが、他の作品に埋もれてしまうほど生温いわけでもない。LEGOを床にぶちまければ、誰もが楽しく没頭する。同じように、LEGOをゲームの中心に据えれば、同じ喜びを味わえるだろう。ボリュームがもう少しあれば、とだけ思う。

▼ GameTrailers 7.9/10
LEGO Rock Bandにはこれといった欠点がない。楽しい楽曲が収録され、Rock Bandの主な機能がほぼ全て搭載され、手軽に楽しめるよう工夫されてる。通常のタイトルよりも10ドル安いが、楽曲をエクスポートするには10ドルかかるのだ。楽器の同梱版もないので、楽器コントローラーを持っていない場合は、別に購入する必要がある。LEGOの魅力というのは結局のところ表面的なものなので、音楽が好きな場合だけ買うべきだろう。50ドルで40曲がお得だと感じるなら、ギターを持ち出してロックしよう。

▼ GameSpot 7.5/10
本作に収録された45曲は、10ドル払えばエクスポートして過去のRock Bandで使用する事が可能だ。お陰で、LEGOが好きじゃなくても、音楽だけを楽しめるようになっている。Music Storeにもアクセスは可能だが、家族向けの楽曲に限定されている。だが、その線引きが難しい。Stephen and the Colbertsのストーカー曲”Charlene (I’m Right Behind You)や、Iron Maidenの3曲は購入出来るのに、Pearl Jamのラブ・バラード“Just Breathe”は何故か無理なのだ。通常のRock bandとのもう一つの違いはオンライン・プレーに対応していない事で、リプレー性が下がっている。そうした欠点がありつつも、本作は人気フランチャイズへの質の高い新作だ。チャーミングなビジュアルと風変わりなストーリーは、Rock Band入門には最適だし、セットリストも万人向けだ。

▼ IGN 7.0/10
LEGO Rock Bandは一体どんな層に向けたゲームなのか、未だにハッキリとしない。Rock Band 2を持っているのに、メタルを聞いている事を認めたくない人間、カトゥーンっぽいキャラクターじゃないとプレーしたがらない子供、リズム・ゲームが下手すぎて、勝手にプレーしてくれるゲームじゃないと駄目な義母、それに、中途半端なゲームにフル・プライスを払うのが好きな人間。LEGO Rock Bandは君にピッタリだ。
本作を買うべきか否か。難しい問題だ。広範囲に渡るフローチャートが必要になるかも。まず断言出来るのは、Wii版は買うべきじゃない、という事。フィーチャーが最も少なく、ダウンロード・コンテンツにも未対応で、リプレー性が極端に制限されている。それに、グラフィックもゴミだ。Rock Band 2はWii版が一番人気なのだから、残念である。Wiiユーザーは馬鹿にされたのだ。
それ以外の人間は、次の事を覚えていて欲しい。楽器コントローラーを既に所有している事。同じ曲を何度も喜んでプレーするか、ダウンロード・コンテンツに喜んで金を注ぎ込める事。収録されなかったフィーチャーの事が気にならないくらい、LEGOが好きである事。どれにも当てはまらない場合は、60ドルを喜んで払えるほど収録曲が好きでないと駄目だ。結局のところ、本作はそういうゲーム。本当に楽しいゲーム用の、奇妙なセットリストの値段の高いトラック・パックだ。