※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず、スーツファッションに欠かせないのは、以下の7点です。

人によっては、靴下を履かないって人もいますが、ビジネスマンとしては、この7点は必須アイテムと言ってもいいでしょう。

初めてのスーツ

人生初のスーツは、あまり主張しないものを選びましょう。
できれば無地の方がいいですが、どうしてもと言う方は、なるべく柄が目立たないものを選ぶといいでしょう。
どうしてもストライブが着たい!と言う方は、シャツやネクタイで自己主張しましょう。
スーツは、基本的に着回すことが多いので、どんなシャツやネクタイにも合うモノが適しています。

初めてのシャツ

まずは白です。でも、下着のシャツを着ると丸見えだから避けたいと言う方は、少し厚手のシャツを選ぶといいでしょう。無地でも厚手のシャツなら、織り方によって柄を楽しむことができます。
また、クールビズでも使えるように、柄物もいいですが、コチラもあまり自己主張をしないものを選ぶと着回ししやすいです。

初めてのネクタイ

最も定番なネクタイは、無地ですが、スーツもシャツも無地なら、ストライプもいいでしょう。逆にシャツでストライプなどの柄物を選んだ場合は無地や、ドット柄などがいいでしょう。いずれにせよ、幾何学的な模様を選びましょう。

なお、海外で公式な場に出席する場合は、ストライプは避けたほうがいいでしょう。イギリスなどではネクタイはその人の出身校を表すものであり、誤解を招かないためにもドット柄などにしたほうが得策です。

色は、スーツ、シャツと同じ系統の色を選びましょう。
青系統でまとめるのが定番ですね。

初めての靴

最初は黒にしましょう。
特に社会人1年目の方は、恐らくスーツを揃えるのは春。
春に茶系統は中級者向けのセンスが必要です。

初めての靴下

白は厳禁。
靴下はスーツ売り場で買うと間違いはありません。
大体黒いものしか売ってませんが、それがお勧めって事です。

初めてのベルト

ベルトは、基本的に靴と同じ色にしましょう。
  • 黒の靴には、黒のベルト。
  • 茶色の靴には、茶色のベルト。
  • 白い靴には、白のベルト・・・

初めての髪型

スーツを着る時は、清潔な髪型にしましょう。
ボサボサで汚い髪形は、あまり適していません・・・
無造作ヘアーも控えめにしておき、合コン前に復活させましょう。


基本は黒髪が適しています。
茶髪の場合は、全体的に茶系統のコーディネートにする必要があります。
黒だと好きな色でコーディネートできるんです。

まとめ

以上のように、基本的に最初はモノトーンや無地をベースにするのが得策です。
アイテム一つ一つは地味かもしれませんが、今後コーディネートの幅を増やすにはベースはシンプルなものがよいでしょう。

もちろん、サイズはややゆとりのあるジャストフィットがいいですが、サイズは店員さんに相談するのが最善策です。