ムナムシの羽について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

羽について説明する

羽は
って感じ

  • 羽の数
いや、普通にふたつ。みっつとか飛べないから。

  • 羽の色
赤い所あるけど、特に目立ったりはしてない。

  • 羽の儀式
年に一度羽打ちするんだ。凄い痛いよ。

  • 羽の意味
飛ぶんだ。人間に飛べる事を教えるんだ。

  • 羽が生える時期
生まれた時は幼虫だから生えてないんだ。
20年土に埋まってると体が硬くなってくるの。さなぎになるんだよ。
さなぎになるとハリキリムシが張り切って僕を土の外まで運んだ後に、さなぎの外の殻を割ってくれるの。割った殻はハリキリムシがご奉仕として食べるんだ。
さなぎから眠たい目をこすって出てくると背中には羽が付いてるんだ。最初は赤色だよ。
もちろんしょっぱなから飛べるわけでもないから練習するんだけど、練習場所が公園とかのトイレなんだよね。その方が人があんま入ってこないらしい。
さなぎから出て50年くらい立つと羽が完璧に硬くなるんだ。そして1ヶ月も経たずに赤色の線が出てくるんだ。
おじいちゃんになるにつれ羽も萎れていくよ。

  • 赤い線の意味
羽に筋肉の筋が出来るとなる現象で、正式名称は「ネーヴァトリップ」っていうんだ。
さなぎから出てきた時を思い出すね。。。

  • 羽の寿命
おじいちゃんになって萎れるともう使えないんだ。
脱皮とか生え代わりとかはないんだよ。

  • 羽害者
羽になんらかの障害を持つ虫の事を言うんだ。
でも羽害者の虫に言うとすごく傷付いちゃうから止めようね。

  • 羽の技
「羽技」とも言われる。
虚虫の雄同士が何かを懸けた後、「羽技」を行う。
勝ったものは相手が懸けたものを貰い、負けたものは羽の舞を踊らなければならない。
添付ファイル