※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • パメラ

BGセッション後の大きな方向転換などはありません。
レイディアント・サーヴァント・オヴ・ペイロア……になったほうがいいのかな。
パメラはなりたがるだろうな。



D&D本音チェッカー

ペイロア様→パメラ
「金ヅル」






性格
  • ふんにゃか、あわあわ、おっとり。
  • 調子に乗りやすくおだてに弱い。
  • 構ってくれる人に懐くが、引き際も早い。

出生・身の回りの環境など
  • 教会で生まれて、現在15歳
  • 家族構成:養父(35)、母(32)。ともにペイロアの僧侶。
 実は腹違いの姉がいるが本人は知らない。
 物心ついた時には父親は存在せず、8歳の時に母親(24)が再婚。
  • 実の父親はフォルタスの僧侶ですが、彼女はそれを伝えられていません。

置かれている状況
  • 両親は娘の信仰心のベクトルを少々心配しているが、その違いをうまく娘に説明しきれない感じ。
  • 母も養父もいつも声をかけてくれるが、なんとなく受け答えがぎこちなくなってしまう。
  • 教会のお勤めはしっかりとしている。

思うこと
  • ペイロアさまは正義の神様の中心(つまり赤レンジャー)。
 だからカッコイイ。そのかっこよさをまわりにも教えたいんだけど‥‥。
  • 僧侶の集合体(教会)ではなく、僧侶個人が何かを変化させることはできるのだろうか。

プレイヤーが考えている目標
  • 少しずつ癒し系キャラクターに成長できればと。
  • 最終的には、周囲を安定させるための、揺るがない柱のような存在にしたいです。

追記

  • 無差別殺人事件で数人が亡くなって、
 教会がお金持ちだけ生き返らせたことにショックを受ける。

  • キャラクターが公言する夢は「吟遊詩人になる」こと。
 実は自由に賛美歌を歌って過ごしたいという願望。

  • 機会があれば町の外に出たいと思っていますが
 きっかけをつかめず、もにょもにょしている。



●~5歳

 教会の中で生まれる。
 母親はペイロアの僧侶。
 信仰はシングルマザーな母親による絵本の読み聞かせから始まり、
 文字を覚えると、喜々として自分でも読みまくる。
 信仰がよくわからないうちに、神を実存する英雄として見る。
 朝晩のお祈りタイムなど、簡単な儀式は僧侶と一緒。
 母親に構われない分は、若い僧侶に構ってもらったり
 一般の来訪者にまとわりついていた。

●~12歳

 当然のように教会で暮らす。
 お勤めも日常の一部。
 すっかりペイロア萌え状態で、
 暇になると分厚い本を眺めてキュンキュンしている。
 教会関連では広く浅く知り合いが多い状態。

 母親がペイロア僧侶と再婚した。
 教会関連施設やその周辺に、ひとりで出歩くことが多くなる。

 ご奉仕の一環で孤児院を訪れ、賛美歌を歌ったら
 子供たちに喜ばれたので、吟遊詩人になるなどと言い出して
 たびたび孤児院にも入り浸って良く遊ぶようになる。
 資料室でのキュンキュン成分が幅広く増える。
 教会関係者や両親には生暖かく見守られている。

●~15歳

 トーチポートで無差別連続殺人事件が起こる。
 数人が無くなり、貴族と冒険者は教会で生き返った。
 孤児院で犠牲になった少年は生き返らなかった。
 ペイロアと直接会話をしたいと願い、叶えられず。
 しばらく泣きながら教会のおつとめをしていましたが
 そのうちまた吟遊詩人になって世界を回ると言い出しはじめる。
 孤児院には行かなくなった。 



 とりあえずこんな感じで。
 「~15歳」の部分に、もっと判断力勉強成分を注入したいです。(笑)


メモ ダイヤモンドに対する執着