※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カジノ・ロワイヤル 水瓶×獅子(中間成績) 774チップ 2007/09/26(水)06:06

77の続きです。どうもこのゲーム、優勝者以外は全員一度は受け化する危険が大ですので
このキャラは絶対攻め! という思い入れのある方には土下座するしかありません。色々スマソ。
この回で第四ターン終了になります。実は山羊が棚ボタ状態。



獅「どれ、見たい奴らには見せてやろう。一度しか見せないから感謝して拝め」

獅子はステージに上るとタキシードを脱いで鉄板を打ち込まれたような筋肉を晒す。
男が見ても惚れ惚れするような立派な身体を誇示しつつ、
このきらびやかな会場のどこかにいる敵の姿を意識していた。
自然と目が流すような鋭いものになる。今撃たれるのは勘弁願いたいなと思いながら
ライオンのようにぐるりとステージを歩き回ると、
まな板ショーのじゃんけんが始まってショーの相手になる男が決まった。

獅「ほう」

獅子の視線の先で、バーの高みから水瓶が涼しげな目元でこちらを見下ろしていた。
彼は自分が勝ち残ってしまったことを理解すると肩をすくめ、
「それでは仰せのままに」とひとりごちて階段を降り、ステージへと上ってくる。
自分よりいかつい男に何かされるのも嫌だが水瓶のような男に何かされるのも嫌だなと
獅子は倦んだ顔で溜め息をついた。

獅「(腕組みをしながら)さっさと済ませろ。俺がフォローしてやろうか」
水「……最初に言っておくが、僕は君のようなワンマン志向の人間は好きじゃない」
獅「ほう。言うな」
水「ああ。やるからには君がプライドを失って可愛い声をあげるまで徹底的にやる。
  よろしく」

獅子は返事をする代わりに鼻で笑う。
やれるものならやってみろ。こちらこそ、お前を下に組み敷く新しい目標が出来る。
水瓶は猛獣を調教する手つきで獅子をステージの床に座らせると、
手元から一片のタブレットを取り出して獅子に飲み込ませた。

獅「なんだこれは。媚薬か」
水「秘密だ。僕が作った。君にはこの薬の実験台になってもらう」
獅「勝手にしろ」

挑みかかる目つきをしながら指示に従ってステージに寝そべる。
水瓶を見上げて、鏡のように冷たい不思議な目を持つ男だと思った。
彼がズボンのベルトを外すのを見ると獅子は遠くに目を叛けて自嘲の笑みをこぼした。


現在のプレイヤーの順位は

 1位、山羊 元手分に射手から奪ったチップと射手の撃破ボーナスを追加
 2位、双子 元手分に天秤・射手・牡牛から奪ったチップと牡牛の撃破ボーナスの半分を追加
 3位、牡羊 元手分に獅子から奪ったチップと獅子の撃破ボーナスを追加
 4位、蠍  破産復帰後、天秤・魚から奪ったチップに天秤と魚の撃破ボーナスを追加
 5位、蟹  元手分に魚から奪ったチップを追加
 6位、水瓶 元手分に双子・蠍から奪ったチップを追加

 破産者──乙女・天秤・牡牛・射手・魚・獅子の六名。