※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妖精の国 エモージニー

大陸北方の果てにある妖精たちの住む国。
常時、ピンク色の霧に国土全体が包まれており国土が広いのか狭いのかすら判明しない。
今までにチンコチジマールやエースェム連邦からエモージニーに入ろうとした
冒険者も数知れないが一人として入国できたものはおらず、おとぎ話や
真偽の程が定かではない自称エモージニーの出身者や入国者の話を聞くのが
精一杯の全てが謎に包まれた国。

他国と照らし合わせて国王にあたるのが妖精王パイパニアで
住人は種々雑多の妖精たちと言う事になる。

そんな人知の及ばぬ国に一人の少女が迷い込んだ。
少女の名はスージー・ホワイトタイル。
魔導国家コンマリロに住む、汚れを知らぬ白魔術師の少女で
白の導師クーパ・ホワイトタイルの愛娘だ。
そしてスージーは妖精国の森の中、クーン・ニーリン・グースという少女と出会う。
やがて世界の災厄に立ち向かい、共に手を取り戦う運命にあるとも知らず…。

【この国に関連する主な人物】
・妖精王パイパニア
・クーン・ニーリン・グース