※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グロマン王国

かつて属国という名目でイマラチ王国の統治下に置かれたが
シャブレイ死亡の混乱に乗じて国土を取り戻した国家。
国の代表はグロマン族族長でもあるビラハ・ミデートル・グロマン。

小規模ながら鍛えられた優れた戦士を有する土俗的な小国家であったが、
時の覇王シャブレイ一世率いるイマラチ軍の圧倒的な物量と兵力の前には
抵抗も虚しく完全に敗北し全面的に降伏させられ、
以来、数十年の長きに渡って属国という名目だが実質的にはシャブレイに支配される
イマラチ王国の一地方であるという苦渋を飲まされ甘んじて受け入れてきた。
チツケー連隊がマン・コックサーのシャブレイ排斥に全面的に協力したのも
上記の理由からに他ならない。

現在は国王ビラハが魔導の道から外れた禁忌の力を操る
外法の使い手たちまでをも国内に引き入れ軍事力の強化を図っているが
苦楽を共にしてきた忠臣たちの中からは不安の声も挙がり始めている。

【この国に関連する主な人物】
・ビラハ・ミデートル・グロマン
・グロマンの老臣 チー・ズクサー
・死霊を呼ぶ魔術師 メラ=ニン
・魔性の蜜糸 ネト・リートヒック
・毒の全てを知悉した男グンジョイ・ロー
・哄笑する狂戦士ドード・メイロゥ
・妖魔ブリーダー ムウ・ラ・ザキ
・寂滅の黒騎士 ドス・グロック・二オー
・グロマン王国の女戦士ツラガ・グロスギー
・グロマンの黒い風ギャルヤ・リーマン
・チツケー連隊隊長マサカーノ・チツケー
・チツケー連隊の魔剣士マンシュー・ツィーン