原典購読(14段落まで)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和訳


4段落
マックとロックが、再び新しくされた彼らのとても賛美された研究プログラムの中の、現象の中の重要性に着手した。
それは、ハンフリーズが推理小説に上手く例えたものである。
これらの研究者は、共に予想されない対象、例えば色や状況、動き、個人的対象性、形、大きさなどという財産と、孤立した非注意性盲目(IB)を作り出すための、表面上の必要性という狙いの主要な注意課題を組織的に操作した。
彼らの最も広く引用された課題は、コントロールされたコンピューター世代の模範から構成される。つまり、参加者が一連の試験をつきつけられ、簡潔に存在する十字形のより長い方の部分を区別するように要求された。
3度目か4度目の重要な試みで、予想されない項目、例えば正方形などが、参加者がいた一般的な範囲内の十字形と並んで現れた。

5段落
【訳】
多くの被験者は、特に、被験者が予期せぬ刺激(critical stimulus)が十字を(中心として?)描かれた概念上の楕円の外にあるときにそれを見過ごした。目をひく”スポットライト”のようなものを描くことで、マックさんロックさんは、目を引く範囲にある刺激は、より目立つし気づかれないことが少ないということを主張した。(目を引く範囲ではヒチュモウの平均の割合がだいたい25パーだった。多くの実験や刺激の種類でやってみて。)目を引く範囲でcritical刺激の場所をいろいろ変えてみることで、マックさんロックさんは、刺激が十字の上や(連続した目を引く範囲をしめす四分円の一つ【楕円を四分割したときの一つ?】の上にあるとき)?に、だいたいの被験者がヒチュモウになりやすいということを言った。また、マックさんたちは、(固定されたもの【十字】)?とcritical刺激の距離を保ちつつ、十字のサイズを変えることで範囲の広さも操作した。気をそらす十字の収縮によってヒチュモウの確率が3倍になった。critical刺激がfixation(十字とcritical刺激のもともとの位置?)と同じ位置にあるにも関わらず。)一致パラダイムをつかってNewbyさんとロックさんは目を引く範囲での目を引く素材を示した。予期せぬ事象の検出は存在している範囲の中心に近い方が(行われる確率が?)高い。

6・7段落
⑥そのIBについて刺激デザインへの重大な含みがある事象に関する刺激親類は刺激の位置に従い異なります。しかし、空間位置決めだけに関する説明は根拠の不足(?)を提します。注意地帯の中の予想外の刺激は、IBにより影響されやすくないかもしれません。しかし、それは(視覚)効果に影響されない訳ではありません。より包括的で説明的なフレームワーク(骨組み・構造)は必要です。

⑦IB現象の説明は、刺激または負担特性の強調に基づいた主眼点によるものと個人の特性の強調に着目したものとに分けることができます。
負荷特性の説明において、(説明は)重要な刺激の報告に、顕著に依存しています。―重要な刺激がより顕著であるほど、それはよりたぶん注目を集めるだろうこと、そして、知覚的な負荷-主要な注意任務における知覚的な負荷のレヴェルがより高いほど、ありそうもない重要な刺激は、報告されるということです。知覚的な負荷の全てにかかわる定義は、研究領域を避けるけれども一般的に通常、意見は同意されます。
高荷重の仕事で、‘認められる必要がある刺激の数は増えているけれど、同様に知覚的な識別がより求められる’でしょう。lavieの知覚的な負荷モデルは、無関係な視覚の刺激は高い知覚的負荷の条件の下では見つけられないと予測します。対照的に、予備の注意の容量は、低い知覚的な荷の条件の下では、仕事に無関係な刺激の認識で仕方なくとも手一杯にならなければなりません。

8段落
このモデルの想定はIBパラダイムを使ってカートライト・フィッチとラビィによって調査された。垂直であろうと水平だろうと短い間に与えられた横線の部分は青色である(低い負荷)と報告するか、同じ横線の長い部分(高い負荷)であるとわかるかどうか参加者は尋ねられた。2回目の実験では5つの黒い点中に文字が現れるときか(低い負荷)、または5つの対象ではない文字の中に現れるとき(高い負荷)のどちらに対象の文字があるのかを報告するよう求められた。容易(低い負荷)で難しい(高い負荷)線の区別は、難しい作業での計画を基にした反応を避けるために3日目の実験では無作為に混ぜられた。これらの実験の至る所で、多くの参加者は高い負荷の状況の中では予期しない刺激に気づくことができなかった。2つの負荷の状況と交差して、刺激が等しく無関係で予測できないことを考慮して、研究者は以下のように結論付けた。すなわち、IBの調整は意志と予測の違いという言葉では説明することはできないが、正しくは作業と関連がある知覚的負荷のレベルに依拠している。この結論は、参加者の予想が一定だとみなされる研究プログラムの根拠に利用されえなかったと私たちは推測した。予測と知覚的な負荷の直接的な操作は必要である。つまり、予測は体系的に知覚的な負荷の各々のレベルで操作される必要があるのだ。なくてはならない実験的なプログラムへの提案を与える前に、我々は予測のような、個人の特性を強調するIBの調査を簡潔に再検討する。

9段落
マックとロックは予測の役割を特定するための一連のIBの実験を行った。彼らは、IB実験での臨界(?)刺激を認知することの失敗は、主要課題の注意性要求の結果、予測の欠如、もしくはその両方の要因かもしれないということの確認で研究を始めた。予測について調べるための最初の実験で、主要課題は図形を特定することだった。聴覚音声がやがてくる刺激に対して被験者に注意を喚起するのに使用された。予期せぬ事象がおこる臨界の試みのとき、タイミング(?)は刺激図形が聴覚音声のないときにあるようなものに操作された。図形の「早め」(?)の提示にもかかわらず、すべての被験者が正確に図形を特定する限りでは、この実験でIBは明白ではなかった。その結果は、刺激が現れることに関する予測は、検出に作用しないということを示唆するために引き出された。しかしながらこれらの発見は、予測の役割を考慮するのに不十分であるという少なくとも2つの理由(根拠)がある。まず一つ目に、課題の指示は明らかに型(様式?)としてあらかじめ規定された刺激を被験者に心構えさせる。そういうものとして、被験者は臨界刺激を探すし予測する。二つ目に、もし予測と高度な注意性要求がIBを生み出すことと相互作用するなら、予測の効果の欠如は主要課題の(注意性の)低い要求によって説明がつくかもしれない。はっきり言うと、予測は高度な注意性要求を伴う課題でのみ影響を及ぼすのかもしれない。

10段落
逆説的に、期待効果を実証するには高い負荷の課題が必要かもしれないという見解を前提として、マックとロックもまた注意を要求しないと仮定した考え方を用いて期待に対する調査を行った。参加者は残像を生じさせる目的で刺激表示を凝視した。何人かの参加者は4回目の試行で予期してない刺激が現れる、200ミリ秒の連続した試行をやらされた。その他の参加者は最後の200ミリ秒で予期していない刺激が現れる、5秒間の単独の試行をやらされた。非注意性盲目の効果は、後者の条件でのみ現れた。さかのぼって、マックとロックは5秒間凝視を要求したことが、ある程度課題へ注意することの難易度をあげた、すなわち期待の効果をそらすという試みを混乱させたことを認識した

11段落
IB研究の中心は、最近、本質的に予測という役割からシフトしている。
しかし、ここで、私たちはattentional setという点において最近受け入れられている予測は、潜在的に刺激と課題の特性に基づく計算(説明?)と被験者の予測に基づく計算(説明?)の間の分類を
越えていることを提案している。
attentional set理論の提案者は、課題と関係した刺激に分化的に敏感なので、個人は、特殊な項目の所有物(例えば、色、位置、光、形)に、注意を向けることができることを提案している。
selective-lookingパラダイムを使うと、ほとんどの刺激は、予測不可能な項目が注意された項目に似ていれば似ているほど、また、注意を紛らす項目が注意された項目に似ていなければ似ていないほど、より検出されやすくなったと論証している。
被験者は、ディスプレイウィンドウに反射した項目が注意された回数を数えることが要求された。
IBは、注意を紛らす項目と同じ光を持った予測不可能な項目より、注意された項目と同じ光を持った予測不可能な項目に対しての方が著しく低い。同じような結果が、色と形の刺激の特性に対して、論証されてきた。とても最近の発見が、この結果は単に個人は注意を紛らす項目、それゆえに予測不可能な項目が不履行によって無視しているという事実によって説明されないことを論証していることに気づくことが重要だ。主要な課題が被験者に紛らわす情報を抑制することを要求するとき、IBの割合は高いが、KoivistoとRevonsuoは積極的な無視なしでさえもattentional setはIBを引き起こすのに十分である報告している。
彼らの課題では、被験者は、non-selective lookingのパラダイム、つまり、紛らわすものを含まない課題において3つの黒い円をセットされた。被験者の40%は、予測できず配列を通ってランダムなコースを横切る白い十字を検出することができなかった。

12段落
attentional setの説明の構築?は多くの研究者達によって提案された。私たちは数に関する予測は個体のセットの重要な構成要素を成していると示唆する。以前のIB実験では注意を要求するtask-relevant項目の数を参加者が教えられるか、または全ての実験テストにおける項目の数を一定に保つことによって数的予測を容易にしていた。これは数的予測が終了のきっかけとして機能するのに妥当である。すなわち、数的予測は主要な注意課題が首尾よく完了した時の参加者の判断に任せている。この種のSelf-terminationはtargetが注意を紛らす項目の中に位置しなくてはいけない視覚追求実験において生じる。参加者はtarget項目がtargetのないところに位置していたり、全体の配列がtargetのない場合をテストされているときに参加者は追求をやめることが出来る。似たようなプロセスがserach-typeパラダイムを含んだ主要課題でのIB実験にはたらくのかもしれない。このような実験で、数的予測を課題の終了のきっかけとして使いながら、個体は主要な課題の項目を越えて処理を終える(?)Dynamic selective-looking実験の数的予測は張り詰められたattentional setが細かい指示を指定されたり、以前の試験によって暗に示された項目の数と一致させるのを容易にする。さまざまな知覚要求の課題で数に関するsetの組織的な巧みな操作はIBにおいて予測の役割があると同時にさらにIB現象における刺激とobserver-driven要素の相互作用に関する結論を裏付けさせている?と私たちは示唆する。


13・14段落
⑬視覚的空間の注意課題は一般的知覚的刺激の実験の結果を研究するための手がかりとして使われる。このような研究では、根拠の確かな場所の手がかりを得ようとする対象に反応するとき、参加者は、やがて起こる対象の起こりそうな場所にきっかけを与えさせ、そしてより早く明らかにさせる。現在の研究では、確かな対象の場所を示す手がかりがある参加者の予測を操作することよりも、むしろ手がかりは課題の関係性の項目の数を示すために使われる。参加者は、課題の関係性の項目の数は彼らの予測と一致するという課題の確かな手がかりのどちらかを受け取る。課題の関係性の項目の数が手がかりによって示されたもののより少ないほうか多いかのどちらかの確かでない課題の手がかりか、数的でない手がかりのどちらかである。

⑭予測を発見する以前の研究は、あらかじめ予測していない対象を具体的に示し、知覚要求のない、または低い主要な課題が行われている限りでは、継ぎ目なくIB研究の主流を一致することができなかった。現在の実験では、参加者は、予測していない項目にだまされやすく、提案の間際の主要な注意課題に完全に従事している。予測の操作を確かめるために、明白な刺激に対立するにつれて、私たちは、すべての参加者の絶え間ない刺激の配列を持ち、主要な課題の配列によって定義された注意的な領域の中に批判的な刺激を置くのである。


単語

4段落
relevance:適合性
paradigm:模範、方法論、範例
be presented with:~をつきつけられる
alongside:~と並んで

5段落
notional 概念上の
ellipse だえん
conspicuous 人目をひく
quadrants 4分割の
contiguous 連続した

6・7段落
relative…親族・身内・同族
     比較上の・関連した
implication…含み
account…報告・記述;理由・根拠・原因
impervious…不浸透性の→影響しない
phenomenon…現象
emphasis…強調・主眼点
overarch…アーチ型になる→覆う・支配する・囲む
definition…明確さ→定義
identification…識別
irrelevant…無関係な


10段落
given:~と仮定すると、~を考えると、~を前提として、~を所与として
fixation:凝視
afterimage:残像
acknowledge:認識する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。