ダース・ベイダー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつてジェダイだった時の名前はアナキン・スカイウォーカー。

その人生は、まさにジェダイの予言にある「フォースにバランスをもたらす者」を体現したものであった。なお、スター・ウォーズシリーズで(単純な戦闘能力に限れば)最も強かったとされるのはルーカスの発言ではサイボーグになる直前の彼である。

元はジェダイの騎士の一人であったが、愛する者を守りたいという純粋な願望からパルパティーン(ダース・シディアス)に教唆され、メイス・ウィンドゥの殺害を助力したのち、シスに転向して「ダース・ベイダー」という名前を与えられた。直後、秩序を取り戻すという目的のためにクローン・トルーパー第501大隊を率いジェダイ聖堂を襲撃し、そこにいた子供を含む全てのジェダイを虐殺、さらに辺境の惑星ムスタファーで独立星系連合の幹部たちもパルパティーンの命によって抹殺した。

しかしもはやその時点でベイダーの望みは銀河の単独支配へと移行しており、彼の身を気遣ってムスタファーに訪れたパドメ・アミダラに、パルパティーンを倒し、自分と共に銀河を支配し思うがままに生きようと誘うが、彼女はフォースの暗黒面に魅了され様変わりしてしまった彼を否定し、彼の誘惑を拒絶した。逆上した彼は彼女に対しフォースグリップを行使し、気絶させてしまう。遅れて姿を現したかつての師オビ=ワン・ケノービに怒りの矛先を向けて戦いを挑むも、両足・左腕を切り落とされ敗北。溶岩流の近くに落下した際に全身に大火傷を負い自発呼吸も不可能な体となってしまった。ベイダーの危機を察して駆けつけたパルパティーンにより救出され、サイボーグ化手術を施されて一命は取り留めたものの、パルパティーン自らが自身やヨーダをも超えると期待したフォースの潜在能力は、火傷により生身の肉体の大半が失われた為、開花することなく失われた。

しかし、肉体のほとんどを失ったことによる弱体化を差し引いてもスターファイターの操縦技術やライトセーバーの扱いは依然として高い実力を保持している(エピソード4で披露した剣技は相手が年老いたオビ=ワンであったこともあり、かつてのそれと比べると劣ったものであったものの、エピソード5においては修行が不完全なルークを殆ど片手で圧倒している)。皇帝を僭称したパルパティーンの右腕として、あらゆる政治的束縛、手続、規制を受けない特権を与えられており、その行動は冷徹かつ迅速確実で、帝国軍の総司令官でありながら自ら進んで戦線に立つことも多い。失態を犯した部下を容赦なくフォースグリップで処刑する(が、息子と対面してからはその傾向は無くなっている)。

妻であったアミダラの時と同じく、息子であるルーク・スカイウォーカーをフォースの暗黒面に引き込み、皇帝を倒し銀河を支配しようと誘うが、後に皇帝の誘惑を拒絶しフォースの雷撃に撃たれる息子の助けを求める叫び声がきっかけになって、自らにとって一番大事で救いたいものを思い出し、フォースの光明面の体現者であるジェダイに帰還した。

ジェダイ騎士として皇帝を倒すが、その皇帝の電撃で生命維持装置を破壊され、息子ルークに看取られてこの世を去った。しかし、死を迎える寸前に息子のルークと和解する事ができたので、アナキン(ダース・ベイダー)の心は、最後の最後で救われたのかもしれない