歯ブラシ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆歯ブラシ

【読み】はぶらし

室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主・戦国大名。
安芸の国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、
戦国時代最高の名将の一人と後世評される。用意周到な策略で
自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高い。
消化管は体内で前後に伸び、分枝して体の隅々に至る。イトミミズや
アカムシ(ユスリカの幼虫)を食べさせると、全身の消化管に入ってゆく様子が見え、
全身に消化管が分岐していることを観察できる。消化管は前に1本、後ろに2本伸びており、
これが三岐腸目の名前の由来となっている。肛門はなく、出入り口が一緒である。脊髄のない
かご状神経系を持ち、目は杯状眼でありレンズがない。
英雄戦争時では当初旧カノン国境を閉鎖して対マーモ包囲網の一角を担い、
ノービス伯アモスンを援軍としてヴァリス王国に派遣した(ノービスはアラニア第二の都市、
北西部の中心でヴァリス・フレイム方面への交通の要衝)。しかしマーモに唆された
王弟ラスター公爵によって国王カドモス七世が暗殺されると状況は一変する。王都を中心に
南部を支配して国王を僭称するラスター公と、急遽ヴァリスから戻ったノービス伯アモスン
(王位継承権者)の間で泥沼の後継者争いが勃発する。(その為、英雄戦争には全く関与できない状態となる)
胸の水晶体が本体であり、水晶体から発する力で、レーザーや念力の発射、オーロラの発生、
仲間とのコミュニケーションといったことが可能。水晶体以外の身体の形状・性質を
自在に変化させることができ、戦闘時はにアタック・ディフェンス・スピードといった様々な
形態(フォルム)に変化する。個体により水晶の色に違いがある(ゲームでは一色に統一)。
胴体の部分で上下に分割でき、中には少し小さい人形が入っている。
これが何回か繰り返される入れ子構造になっている。入れ子にするため手は無く、胴体と
やや細い頭部からなる筒状の構造である。6重以上の入れ子である場合が多い。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。