宮城県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮城のページ(暫定)

ここは宮城のページです
wikipedia:宮城県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 仙台市…東北最大の都市、「杜の都」
  • 仙台たなばた祭(東北三大祭)
  • 松島…日本三景のひとつ、牡蠣の養殖でも有名-漁業…石巻、気仙沼

産業
  • 牛タン・牛テール料理(仙台)…宮城は仙台牛などで有名な牛の産地でもあるが、タン・テール料理は戦後の困窮期に安い値段に着目して産まれたので肉の産地はさして関係ない。
  • その他名物食品(ずんだ餅、萩の月、笹かまぼこ、冷やし中華)
  • 角田宇宙センター…科学技術庁・航空宇宙技術研究所の角田支所と宇宙開発事業団の角田ロケット開発室を前身とし、日本のロケットエンジン開発をリードしてきた。2003年に統合され、現在はロケットエンジンの研究から開発ならびに運用試験までを一貫して行っている。

歴史
  • 伊達政宗(正宗とも)…奥州の覇権を握った実力、「伊達男」の印象などから戦国武将として、江戸を通じ現在まで東北の中心地である仙台の初代藩主として人気・知名度の高い人物。独眼龍の異名は、幼少時に眼病により片目を失ったことに由来する。
  • 多賀城…古代蝦夷と朝廷との接触点。

神社仏閣
  • 塩竈神社…祭神は海幸彦山幸彦の伝説で、山幸彦を海神宮へと導いたシオツチノカミ。鹿島・香取の大神が東北を平定した際には道案内を努めた。その後、この地に留まり、人々に製塩法を伝授したという。
  • 竹駒神社…岩沼市にあり、祭神は倉稲魂神。竹駒稲荷とも呼ばれ、古くは武隈と表記した。小野篁が陸奥守としてこの地を訪れた際、東北の開発・産業振興の守護神として祀ったとされる。
  • 荒脛神社…荒脛(アラハバキ)神は正体不明な神として有名であるが、旅の神、健脚の神として、宮城県多賀城市にある荒脛神社に祀られている。元々は東北から関東にかけて信仰されていた客人神とされる。

伝承
  • ウミボウズ…気仙沼に出没するウミボウズは女の姿で現れ、舟を漕ぐ男に水泳対決を迫ったという。
  • ジンベイサマ…金華山沖に出没する大型の妖怪。船の下に現れ、下を見ると水が淡く光っているという。これが出るとカツオは豊漁になるといわれている。
  • タンタコリン…仙台市に伝わる、古い柿の木の大入道。柿を取らずに熟させたままにしておくと出ると言われている。
  • 亡霊火(モウレイビ)…女川町に出る海の妖怪。夜間航行する船の前に、突如帆船として現れる。衝突を回避しようとしても、常にその前方に出現し、船を止めるとたちまち形を失って火となり疾走するという。海上遭難者の亡霊として恐れられている。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 宮城県蔵王町から仙台、釜房湖にかけてすずらん峠という峠がある。
  • 宮城県大崎合同庁舎の屋根には570枚にも及ぶソーラーパネルが設置されており太陽光発電が行われている。
  • JOJOの作者である荒木飛呂彦の出身地
  • 若狭国小浜、伊予国松山など全国を行脚した雲居禅師は伊達政宗の遺言で宮城の瑞巌寺に招かれ住持となる。
  • 仙台市には日蓮宗の雲山寺という寺院がある。
  • 三途川…蔵王町を流れる阿武隈川水系の河川で濁川に合流する。蔵王山には蔵王権現が祀られた刈田嶺神社があり、江戸時代には山詣ですることが流行ったという。このとき、参拝者は道中を輪廻転生になぞらえ、三途川を生死の境界の川として扱っていたとされる。
  • 鬼首峠…宮城県大崎市から秋田県湯沢市へ至る峠。豪雪で著名。名の由来は坂上田村麻呂による賊の頭領征伐による。

候補キャラ



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。