秋田県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋田のページ(暫定)

ここは秋田のページです
wikipedia:秋田

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 冬…冬季の日照時間は日本で最も短く、県の90%が豪雪地帯とされている。また、冬場は低気圧で荒れることも多く、暴風雪やゲリラ台風…じゃなかった、ゲリラ豪雪に襲われることも多い。
  • 秋田美人…京美人、博多美人と並び、「日本三大美人」といわれる。しっとりした大気と少ない日照時間によって生まれるとされる。久保田藩初代藩主佐竹義宣が常陸国から移封された際、領内の美人を根こそぎ連れてきたため、という話も伝わっている。
  • 田沢湖…日本一の水深を誇る湖、最大深度は423.4m。永遠の若さと美を願った娘が神の言うとおりに泉の水を飲むと、いくら飲んでものどの渇きが癒せず、ついには龍になったという辰子伝説が残る。
  • 八郎潟…かつては日本第二位の面積を誇っていたが、戦後、食糧事情を改善するために大規模な干拓が行われた。元々は海水の流入する汽水湖であったという。
  • 鳥海山…鳥海山は、山形県と秋田県の県境に位置し、標高2236メートルである。出羽富士とも呼ばれ、古くから修験道の対象となった。秋田県では秋田富士とも言われるが、山頂、鳥海山大物忌神社は山形県に属する。
  • 竿燈祭(東北三大祭)
  • かまくら
  • 秋田犬…アキタケンと発音する人が多いが、正式にはあきたいぬである。秋田のマタギが猟犬として使用していたとされ、天然記念物となっている日本の犬種の中で唯一と言っていい大型犬である。忠犬ハチ公の犬として有名。進駐軍がアメリカに持ち帰り、アメリカン・アキタという犬種ができた。主人に付き従う態度がストイックであるとして外国でも愛好する人が多いらしい。
  • 私立高校の不足…秋田には私立高校が少ないため、公立高校の入試は前期、中盤、後期からなっている。
  • 婚姻率…近年、全国で婚姻率最下位のタイトルを死守し続けている。

産業
  • あきたこまち…コシヒカリを元に、1982年に秋田県農業試験場が開発。元々、秋田県の気候に適した品種を目指したため、冷害にも強いとされる。名前は秋田県出身とされる小野小町にちなんだ。近年、JAうごが萌え米袋を作ったことが話題になった。
  • はたはた…県下で好まれる魚。一時は資源量を枯渇寸前にまで追い込んでしまったが、積極的に資源の保護・回復に取り組んだため、近年の漁獲量は回復しつつある。
  • しょっつる…秋田名物、伝統的にはハタハタで作る魚醤のことをさす。現在作られているしょっつるの原材料はハタハタに限らず、色々な魚から作られている。
  • きりたんぽ…秋田県の代表的な郷土料理であり、棒につぶした粳米のご飯を竹輪のように巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切った物をいう。鍋に入れたり、味噌をつけたりして食べる。起源はマタギの料理であるといわれるがはっきりしない。

歴史
  • 安東氏…安東氏は安倍貞任の子孫を称し、元々は津軽に本拠を構えていたが、南部氏の攻撃を受け、出羽国に本拠を移した。安東愛季の代には分裂していた一族をまとめ上げ、浅利氏、大宝寺氏などと戦い、これを破った。その後、安東氏最大版図を形成し、「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」と評された。ルイス・フロイスの書簡にも安東氏のことが記されており、蝦夷と積極的な交易を行っていたとされる。
  • 戸沢氏…仙北軍に本拠地を持ち、戦国時代には小野寺氏、安東氏と戦った。戦国時代には小野寺氏の圧迫を受けるが戸沢道盛がこれを撃退、その子で名将と称えられる夜叉九郎盛安は小野寺氏、安東氏を破り、戸沢氏全盛期を築き上げる。その後、戸沢氏は新庄藩主となった。
  • 久保田藩…常陸国から佐竹家が移封されてできた藩。秋田杉や銅山の開発などを積極的に行ったが、度々冷害による凶作に見舞われた。元々関が原では西軍に属した大名(初代藩主義宣は三成と親交があった)であったこと、平田胤篤の尊皇思想から、戊辰戦争では新政府軍に味方し、奥羽越列藩同盟の攻撃を受けた。
  • 平田篤胤…江戸時代の神道思想家。本居宣長の弟子を自称し、復古神道の大成に大きな役割を果たした。大国主命を冥界の主宰者と位置づけ、神道における死後の世界について探求した。一般大衆向けの本も積極的に出版する一方、神代文字などの研究も行った。異界へと連れ去られた経験を持つ寅吉の話をまとめた「仙界異聞」は有名。

神社仏閣
  • 古四王神社…秋田市にあり、祭神は大彦命と武甕槌命。大彦命は四道将軍の一人で、蝦夷平定のために武甕槌神を鰐田浦(アギタノウラ)の神」として祀ったのがはじめとされる。後に大彦命も安倍比羅夫によって合祀された。安倍氏の祖神と蝦夷の土着神が同一視されたものという見方もある。後に安東氏や佐竹氏の寄進を受けた。
  • 水神社…大仙市にある。1677年に水路の工事中、地中から古鏡(瑞花蝶鳥八稜鏡)が出土し、藩主佐竹義処の命により水神社が創建され、古鏡を御神体として祀ったという。
  • 唐松神社…大仙市にあり、本来は韓服宮と言い神功皇后にちなむとされる。創建は神功皇后の重臣の一人膽咋連とされ、代々物部氏の子孫によって祭祀が行われてきた。また、饒速日命はが鳥海山に天降り、その後唐松岳に日の宮を造営したとされる。古くから子授け、安産の神として女性の信仰を集めたという。祭神は軻具突命、息氣長足姫命、豐宇氣姫命、高皇靈命、神皇靈命。饒速日命は境内にある天日宮に祀られている。
    • 佐竹義処…乗馬したまま社の前を通過しようとして落馬、これに怒った義処によって社殿は山頂から今の窪地へと移されてしまったという。また、義処が息女久姫の難産を心配し、当社に祈願したところ無事出産したという。
  • 東湖八坂神社…潟上市にあり、祭神は素戔嗚尊。坂上田村麻呂の創建と伝わるが、1060年に勧請されたとも言われる。 古くは「御衣宝刀の社」と呼ばれ、後には「登宇古(東湖)の宮」、「副川の社」など様々な名で呼ばれた。

伝承
  • なまはげ…秋田県男鹿市などで行われる伝統的な民俗行事。現在は正月に行われているが、元々は小正月の行事であった。鬼の面、ケラミノ、ハバキを身に付け、大きな出刃包丁や鉈を持ったなまはげが家々を訪れ、「泣ぐコはいねがー」と怠け者、子供、初嫁を驚かす。主人はなまはげをなだめると同時に、彼らをもてなさなければならない。東北に散見される謎多き神、荒脛(アラハバキ)神もこのような客人神だったのではないかとする説もある。
  • 氷柱女…ある吹雪の夜、色白の美女が一夜の宿を乞い、翌日も吹雪で外出できなかった。そこで風呂を湧かして女を入れてやったところ、女が髪に挿していた櫛が湯に浮いており、湯気は氷柱となっていたという。また、別の伝承では、とある男がどこからともなく来た色白の娘と恋仲になったが、春になるといなくなったため諦めて再婚してしまった。ところが冬になると女が戻り、男の不実をなじった後、氷柱となって男の胸に刺さり、これを殺してしまったという。
  • 飛脚狐…秋田藩に仕え、江戸屋敷へ書信を届けていたが大雪に埋もれて死んでしまったという。
    • 与次郎狐…飛脚狐の一種、代々佐竹藩に仕え、名を籾蔵与次郎と言った。京へと使いに出たが、新庄の辺りで猟師に殺されてしまったという。
  • 雷獣…甲子夜話によれば、雷が落ちるときに共に落ちてくるという獣。形は猫のようで、煮て食べた者がいたがなんともなかったという。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 秋田県東成瀬村が蛍を自治体の虫とし、ホタル水路の整備、生息状況の把握、幼虫の放流など、村が本格的にホタルの再生に取り組んでいる。
  • 小野小町出生地説(湯沢市)…真実は定かではない
  • 白岩焼…仙北市角館町白岩地区で焼かれる陶器で、1771年、相馬(現福島県)の松本運七により開窯された。明治時代後期には衰退したが、現在は復興され、力感あふれる海鼠釉の製品が蘇っている。

候補キャラ



  • 候補キャラのリグルの関連項が『成瀬村』になってます -- (名無しさん) 2011-05-15 11:56:24
  • 東成瀬村に直しました -- (名無しさん) 2011-05-15 20:29:43
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。