福島県

福島のページ(暫定)

ここは福島のページです
wikipedia:福島

有名・特徴的な所(暫定)

自然・風土
  • 磐梯山…猪苗代湖の北に位置する活火山で、標高1819メートル。会津富士とも呼ばれる。南が表磐梯、北が裏磐梯と呼ばれる。
  • 猪苗代湖…日本で4番目に大きな湖、天鏡湖とも呼ばれる。マリゴケが名物。
  • メヒカリ…相馬などで水揚げされる深海魚。唐揚げなどでたべると美味しい。新鮮な個体は目が光っているように見えることからその名がある。
  • 五色沼…裏磐梯にある沼。五色に見えることからこの名称がある

産業
  • 赤べこ…伝統玩具
  • 喜多方ラーメン…豚骨、鶏がらでダシを取った醤油味のラーメン。
  • ハワイアンセンター…いわき市にあり、現在はスパリゾートハワイアンズと称する南国にこだわりを持ったリゾート施設。いわき湯本温泉を引いている。近年大規模な改修を行い、経営的には善戦しているらしい。
  • 白河ラーメン…白河ラーメンも県内を代表するラーメンの地
  • 三春駒…三春の民芸品

歴史
  • 相馬野馬追い
  • 白河の関
  • 蘆名氏…元は相模国の豪族。一の谷の戦いの武功により、会津に一族が移住した。盛氏の代には伊達氏と結び、二階堂氏、田村氏、佐竹氏と戦い、領土を拡大していった。しかし、晩年には戦費不足に悩まされ、徳政令を乱発した。その養子盛隆は外交によって、当時北進しつつあった佐竹氏に対抗しようとしたが、実父二階堂盛義とともに実家の再建にも努めたため、家臣の反乱が絶えなかった。そのストレスのせいだろうか?その後、佐竹氏から養子を入れるも、摺上原の戦いで伊達政宗に大敗、蘆名氏は滅亡した。
  • 相馬氏…元は下総国の豪族だが、一族が今の相馬郡に入った。所領は大きくはなかったが、室町時代後期には代々武勇に秀でた当主が続き、北の伊達、南の佐竹と抗争を繰り広げた。伊達政宗の前に敗北するが、義胤はそれでも独立を維持しようと諦めなかったという。後に相馬中村藩として残る。明治時代には精神病患者への処遇や、報道の是非を巡り、世間を騒がせた相馬騒動を起している。
  • 白虎隊
  • 会津戦争…会津藩主松平容保は京都守護職を努め、幕府内でもタカ派の佐幕派として活動、尊皇攘夷派志士にとっては仇敵のような存在であった。そのため、江戸開城後、新政府軍は追討令を受けて、白河口の戦いを皮切りに会津藩に侵攻した。会津若松城下では予備兵力であった若年藩士による白虎隊も投入したが敗北、城下の火を落城と勘違いした白虎隊は一人を除いて自害した。その後、会津藩は篭城して戦うも同盟諸藩の降伏が相次ぎ、力尽きた。

神社仏閣
  • 福島稲荷神社…福島市にある神社で、主祭神は豊受比売命、大国主命、事代主命。安倍晴明が奥州に下向した際、信太明神を勧請したことに始まるという。境内には八角屋根の聖徳太子神社があり、聖徳太子を祀っている。
  • 相馬中村神社…相馬市にあり、祭神は天之御中主神(妙見菩薩)。相馬氏の祖平将門が下総国に妙見社(北極星、北斗七星信仰)を建てたことに由来し、相馬中村藩初代藩主相馬利胤が一族の守護社として建てたとされる。相馬野馬追の際には、その出陣式が行われる。
  • 伊佐須美神社…会津美里町にある。四道将軍大毘古命(オオビコノミコト)と建沼河別命(タケヌナカワワケノミコト)の親子が蝦夷平定を目的として、北陸道、東海道に派遣された折、出会った土地を「会津」と名付けたという伝承が伝わる。その時、御神楽岳山頂に国土開拓の祖神としてイザナギ・イザナミ二柱を祀ったのが起源とされ、今では大毘古命と建沼河別命も合祀されている。
  • 開成大神宮…郡山市にある。お伊勢様ともいわれ伊勢神社の流れとされる。

伝承
  • 黒塚伝説(二本松市)…「安達ヶ原の鬼婆」我が子を殺したために気が狂い鬼婆と化した女の伝説
  • 紫肝…昔草野村と呼ばれた地域では、正月一日、五節句に生まれた子は紫肝を持っており、鮫に狙われるから決して船には乗せなかったという。
  • 光り物…年を経た山鳥は尾の数が多くなり、節が12になると、夜中に光り物になるという。
  • フチカリ…会津山中では、貂を忌み言葉としており、これをフチカリ、またはヘコという。昔山中で死んだ人間の亡霊が姿を変えているともされる。
  • 玄翁…越後国生まれであったが、後に会津の大名蘆名氏より慶徳寺を建立され、そこに住む。那須にある殺生石を砕いたとされる。その後、その破片の一つが白い狐となって仏法を守護することを誓ったという。その狐の尾が尾巻山という山になり、今もそこには稲荷神社がある。
  • 螺の宮…奥会津螺良岡にあり、昔この村の人が田地を開墾中に大きなタニシを鍬で傷つけてしまった場所とされる。その後、村人このタニシを祀って祠を建て、タニシをとったり食べたりせずに今に至っているという。近くに螺池という池があり、炎天にもかれず、タニシを放してお祈りすると眼病が治るという。また、例え善意であっても、池の水をくみ出そうとするとタニシに祟られるとされている。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 福島県大沼郡には妖精美術館がある。
  • 三春の桜…福島県の桜の名所、田村郡三春町の桜のこと。日本三大桜の一つである、樹齢千年以上の滝桜が有名。ここの桜の開花は南東北に春の訪れを告げるイベントである。
  近隣の郡山には三春の桜の子孫の木々がみられる。
  • 飯野市UFOふれあい館…UFOで町興しを試みている飯野市の切り札。1992年にオープンしたUFO関係の書籍、資料などを集めた展示館兼多目的公共施設。ホームページにはUFO目撃情報が投稿されている。

候補キャラ


  • 辛辣な説明文が多いなw -- (名無しさん) 2013-04-28 08:08:25
  • 妖精で稼いだな・・・ -- (名無しさん) 2015-11-17 16:32:31
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。