茨城県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茨城のページ(暫定)

ここは茨城のページです
wikipedia:茨城

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 水戸…茨城県の県庁所在地であり、水戸徳川家の本拠として栄える。偕楽園の梅で有名。
  • 常陸太田…戦国大名佐竹家(武田氏、小笠原氏と同じ、源義光の子孫)の本拠地。
  • つくば市…日本有数の学術研究都市。近年、つくばエクスプレスがつくば、秋葉原間に開通した。
  • 石岡市…かつて常陸国国府が置かれ、今も国分寺や護国神社が残る。
  • 坂東市…平安時代末期に、一族内の内紛から朝廷に反旗を翻し、遂には新皇と称したという平将門の反乱拠点。
  • 霞ヶ浦…日本で二番目に広い湖。北浦、西浦、外浪逆浦(そとなさかうら)から構成される。かつては太平洋と続いていた内海であり、香澄ヶ浦と呼ばれていた。周辺にはヤマトタケルの伝説や「常陸国風土記」のエピソードが散在する。なお、鹿島神宮は、千葉県の香取神宮と共にこの古代霞ヶ浦の出口を守るように配置されている。
  • 筑波山…茨城県を代表する山。ガマの油売りでも有名。山頂は高天原と呼ばれており、ローカルな天孫降臨があったという説もある。また、古代には歌垣という乱交パーティが行われた場所としても有名で、このとき、求婚されなかった娘は女ではないとまで言われたという。

産業
  • 日立グループ…鉱山機械の修理会社から発展、日立製作所を中心としたグループ
  • 納豆…生産量日本一
  • 蓮根…生産量日本一
  • 干し芋…東海村とひたちなか市の干し芋は生産量日本一を誇るが、東海村の放射能漏れ事故の際に大打撃を受けた。近年は復活しつつある。
  • 東海村原子力発電所…日本で最初の商業用原子力発電所。平成11年9月30日には、ジェー・シー・オー東海事業所再転換施設において放射能漏れ事故が発生した。現在は運転を停止し、2011年には解体作業が開始される予定である。

歴史
  • 水戸光圀…近世日本史最大の歴史書「大日本史」を編纂。フィクションの登場人物としても有名。
  • 佐竹氏…常陸国北部に勢力を張った豪族、後の戦国大名。源頼朝と戦い、敗れるが、後に御家人となる。南北朝時代には北朝側として奮戦、その後一族の内紛により衰退する。戦国時代になると義昭が常陸国南部へ勢力を伸ばし、その子、坂東太郎とも呼ばれた鬼義重が那須氏、蘆名氏、北条氏、伊達氏と戦い、勢力を拡大する。義宣の代には石田三成とも親交を結び、54万石を領有、六大将の一人に数えられた。関が原の戦いでは、中立、あるいは上杉と通じて家康の後背を突くつもりであったとされ、秋田へ移封された。

神社仏閣
  • 鹿島神宮(鹿嶋市)…軍神、武神として信仰篤い「鹿島神社」の総本社。常陸国一宮でもある。鹿島さま=武甕槌神は国譲り神話で活躍した神であり、中臣氏、藤原氏の氏神でもある。「要石」がある場所としても有名であり、徳川光圀は要石を調べ、それを掘り起こそうとしたが、七日かけても底が見えなかったため諦めたという。御手洗(ミタラシ)池には霊泉が湧き、今も水を汲みに来る人が絶えない。
  • 大生神社(潮来市)…大生神社は健御雷之男神(タケミカヅチノオガミ)を祭神とする神社であり、鹿島の本宮であったといわれている。健御雷之男神は元々古代豪族多氏(飯富氏とも)の祭神であり、大和から移住の際氏神としてこの地に祀ったとされる。
  • 鹿島さまとは誰なのか?…一般的には、それは軍神でもあり、藤原氏の氏神でもあるタケミカズチである。だが、上記の通り、元々タケミカズチは多氏の氏神であり、大生神社に祀られていたとされる。タケミカズチには、水神、雷神としての性格もあり、鹿島の地には、古代より土着の水神が祀られており、それが後に習合して現在の鹿島神宮に祀られている武甕槌神となったのではないかと考えられている。
  • 息栖(いきす)神社…鹿島神宮の摂社で、鹿島神宮・香取神宮と併せて「東国三社」と称する。国譲りの後、東国へ向かう武甕槌命の道案内として、大国主命が派遣した神である岐神(くなどのかみ)と天鳥船神を祀る。
  • 笠間稲荷…笠間市にある日本三大稲荷が一つ。祭神は宇迦之御魂神であり、651年に創建された。江戸時代には歴代笠間藩主に信仰され、農業・商業の神として広く信仰を集めた。胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷とも呼ばれる。
  • 夜刀神社…祭神である夜刀神は常陸国風土記に出てくる蛇神であり、その姿は角の生えた蛇であるという。麻多智がこの地を開拓する際、夜刀神が妨害したのでこれを打ち殺し、自ら祝として夜刀神を祀ることで祟りを防いだという。後に、壬生連麿が堤を築いた際も妨害に現れたが、追い払われた。現在は愛宕神社に合祀されている。
  • 静神社…常陸国二宮、主祭神は建葉槌命(タケハヅチノミコト)であり、別名名倭文神(シドリノカミ)、織物の神とされる。かつては東国の三守護神として鹿島神宮、香取神宮、静神社として崇拝されてきたという。
  • 大洗磯前神社・酒列(サカツラ)磯前神社…二社で一つの信仰圏を形成している。祭神は大洗が大己貴命、酒列が少彦名命。856年に大洗磯前に二つの巨石と、それを取り巻くような20前後の石が出現したという。そして、その石に神が降臨し、かつてこの地で国造りを行ったが、「常陸よ!私は帰ってきた!」と宣言したため、両社が創建されたという。二神が降臨したとされる海岸には、今も鳥居が立っている。
  • 大甕神社(日立市大みか町)…香香背男=天津甕星の荒魂を封じている宿魂石がある。石というか岩山。祭神は武葉槌命。
  • 足尾大神…社伝によれば、平安時代、醍醐天皇が足を病んだとき、足尾大神が夢枕に立った。そこで足尾大神を祀って祈願すると、醍醐天皇の足の病はたちまち快癒したという。天皇は感謝の印として「日本最初足尾神社」の勅額を神社に贈った。境内にはわらじ奉納殿があり、祈願後治った参拝者がサンダルや靴を奉納する。

伝承
  • 河童…牛久沼や霞ヶ浦周辺などに、馬にいたずらした河童の手を切り落とし、それを河童に返す代わりに、河童から秘伝の薬をもらったという話が伝わっている。また、牛久沼近くを流れる小貝川では、水難事故が相次いだが、河童を退治してからは水難事故がぴたりと止んだという。そのほか、心優しい百姓が河童にキュウリを分け与えたところ、翌朝、たくさんのエビやフナがお返しとして置いてあったというような話も伝わっている。
    • かぴたり餅…昔、友達から水遊びに誘われたが、大好物の餅を食べている最中であったため断った子供がいた。後に、水遊びに行った子供たちの何人かは河童によって死んでしまった。そのため、12月1日には、この餅をおしるこなどにして食べる習慣ができ、川に流して事故防止を祈ったという。
  • イクチ…太さはさほどではないが、長さは数百丈あるとされる怪魚。時折、船に乗りかかっては、全身からぬるぬるする粘液を出し、船を沈めてしまうと言われている。
  • 株きり小僧…小さいおかっぱの妖怪で、寂しい山道や夜道に出没する。通行人に「水飲め、茶飲め」と勧めるという。かまってちゃん?
  • 川蛍…印旛沼に出没するという火の妖怪で、夏秋の雨の夜に特によく出るという。船に乗って叩き落したところ、油のようにぬらぬらしたものが散らばり、生臭かったという。
  • トビモノ…高萩市では、こんにゃく玉が黄色い光を放ちながら空を飛ぶことがあるという。こんにゃく…

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 鹿島神宮…国譲り神話において、大国主命、建御名方命と相対した武甕槌命を祀る。古くから「神宮」の名称の使用が許されていた神社の一つ。境内には地震を起こす鯰を押さえつけているとされる要石がある。
+ ...
  • 茨城県の牛久沼には多くの河童の伝承が残っており、江戸時代に書かれた『利根川圖志』には絵入りで利根川に棲む河童が紹介されている。七月には牛久かっぱ祭が開かれる。
  • 小美玉市の手接(てつなぎ)神社は手の病を治すとして信仰されてきた。これは、かっぱによって川に引きずり込まれそうになった領主がかっぱの手を切断、後にかっぱは秘伝の傷薬と引き換えに切断した手を返してくれるよう懇願した。領主はこの取引を受けたものの、手を切ってから時間が経ちすぎていたため、かっぱは死んでしまった。これを哀れんだ領主によって、かっぱを弔うために神社が建てられた。この領主の血筋は医者の血筋として知られ、今も地元で医師として働いている。
  • 平将門…今の県南西部はかつての平将門は勢力圏にあたり、常陸国などに勢力を持っていた平国香との争いが、関東一円を巻き込んだ反乱の発端となった。
  • 土蜘蛛…佐伯とも呼ばれ、古代常陸国にいた種族。朝廷から派遣された黒坂命は茨で砦をつくり、土蜘蛛を殲滅した。これが「茨城」の名の由来とされている
  • 神皇正統記…南北朝時代の公卿北畠親房が南朝の正統性を示すために著した書物であり、親房が常陸国筑波山麓にある小田城にこもっているときに書かれたとされる。
  • 不人気…2009年にブランド総合研究所が行った調査によって、最も魅力度の低い県としてランキングした。ゆ、許さん…絶対に許さんぞ虫けらども!

候補キャラ



  • 許さん…!wwでも低くても茨城の人は茨城が大好きですよ -- (茨城の人) 2013-03-13 06:34:10
  • 絶対に許さないよ -- (名無しさん) 2014-09-15 22:32:19
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル