石川県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石川県のページ(暫定)

ここは石川県のページです
wikipedia:石川県

有名・特徴的な所(暫定)

自然・風土
  • 金沢市…石川県の県庁所在地にして、中核市でもある。本願寺の拠点尾山御坊とその寺内町を起源とする。江戸時代には、加賀藩の城下町、日本海側最大の都市として栄えた。日本三名園が一つ、兼六園を有し、伝統工芸なども盛ん。
  • 手取川…石川とも呼ばれ、石川県の由来ともなった。白山市を流れ、日本海に注ぐ一級河川。源流は白山にあり、平均河床勾配1/27と、日本有数の急流として知られている。暴れ川としても知られ、かつて幾度となく、氾濫、洪水を繰り返した。
  • 舳倉島…日本海に浮かぶ孤島。大陸と日本列島を往復する渡り鳥の中継地として知られ、バードウォッチャーが集まる。また、古代から海女の拠点であった。
  • 羽咋(ハクイ)市…UFOで町興しをしていることで有名。能登国一宮である気多大社がある市。市名は垂仁天皇の皇子磐衝別命がこの辺りにいた怪鳥を退治し、皇子の犬がその羽を食い破ったことに由来するという。

産業
  • 繊維業…合繊繊維などの世界的な産地である。
  • 製塩業…珠洲市では、今も500年前とほとんど同じ技法(揚げ浜式)で塩が作られている。
    • 揚浜式塩田…盛土の上に、粘土やビニールシートなどで防水層を形成、その上に粒子の細かい砂を敷き詰める。砂の上に海水を散布して、日光と風によって水分を蒸発させる。以降、砂の攪拌と海水散布を繰り返し、得られた濃い塩水を煮詰めて塩を作る。

歴史
  • 七尾城跡…石川県七尾市古城町にある山城跡。北陸一の堅城と謳われた。1577年、上杉謙信に包囲され、大名畠山春王丸は病没、家臣は内部分裂し、主戦派の長一族を殺すことで開城した。
  • 「加賀百万石」前田家のもと栄える。…兼六園、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、和菓子、茶道などの工芸・文化
  • 加賀一向一揆

神社仏閣
  • 気多(けた)大社…石川県羽咋市にある能登国一宮で、旧称気多大神宮。祭神は大己貴命。大己貴命が出雲から船で来訪し、国土を開拓した後、守護神として祀られたとされている。万葉集には大伴家持の手による歌が載っており、武家の社会が来てからも、畠山氏、前田氏から厚く信仰された。鵜祭では、鵜捕部から鵜が献上され、その動きから作物の豊凶を占う。
  • 能登比咩神社…中能登町にあり、主祭神は能登比咩神命、沼名木入比賣命。大己貴命が少彦名命とともに天下を治めていた頃、能登国で一人の機織る乙女と出会い、乙女を寵愛した。この乙女が機棹を海に投げ入れると、島ができたという。この乙女が能登比咩神であり、能登上布の守護神とされた。なお、沼名木入比賣命は能登臣の祖である大入杵命の妹である。
  • 能登部神社…中能登町にあり、主祭神は能登比古神、大入杵命。能登比古神は能登比咩神の兄にあたり、大入杵命もまた沼名木入比賣命の兄にあたる。沼名木入比賣命は能登臣の祖であり、この地を開拓したという。

伝承
  • 海鳴り小坊主…気多大社の森が鳴ることをこう言って恐れる。かつて上杉謙信によって殺された僧兵の亡霊に仕業とされている。
  • 幽霊船…迷い船とも言う。これに向かって進むと必ず難破するという。これが出るときに限ってタマカゼが吹くとされる。
  • アマミハギ…アマミとは火にばかり当たっている人に出来る火斑のこと。除夜に家々を訪れて足の皮を剥ぐという。そのため、この晩は子供を早く寝かせる風習があった。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 石川県白山市瀬戸にある丸山公園はホタルの生育に理想的な環境を整えている場所として有名で毎年6月から7月にはゲンジホタルやヘイケホタルなど1000匹ものホタルが一斉に光を放つ。
  • 白山比咩神社(白山市)…全国の白山神社の総本社で白山信仰の中心。祭神は白山比咩神(=菊理媛神)菊理媛神は日本書記に一か所だけ出てくる女神で、黄泉から逃れたイザナギに何かを伝えて褒められるだけの登場しかしない。その上その時に何を伝えたが記されていない。白山比咩神との同一視も中世からと遅く、その経緯も不明とミステリアスな女神。死者(イザナミ)と生者(イザナギ)の間を取り持ったことから巫女(シャーマン)の女神と言われることもある。
  • 白山は別名を白嶺(はくれい)という。
  • 石川県金沢市の中心部には香林坊という町名がある。また、向田香林坊という元朝倉氏の家臣が朝倉氏滅亡の後に比叡山延暦寺の僧を経て、同僚であった朝倉氏の元家臣で金沢城の近くで薬屋を営んでいた向田家に養子に入るために還俗したことも地名に関係があると思われる。
  • 石川県鳳珠郡能登町小浦には天女の羽衣伝説として漁師「乙蔵」と天女「お浦」の民話が残っている。
  • 能登の白兎…石川県羽咋市の気多大社(主祭神は大己貴命)近くに能登の白兎の石像がある。話の展開は因幡の白兎と全く同じであり、地名が能登のものに入れ替わっているだけである。
  • 羽咋市…前述の通り、UFOで町興しをしており、宇宙科学博物館コスモアイル羽咋にはUFOの目撃情報が日々寄せられているという。そもそもは気多大社から神仏分離によって分けられた正覚院にある古文書に、UFOと解釈できないこともない文があったためという(古文書は非公開らしい)。その内容は宇宙科学博物館で展示され、また、FBIやCIAのUFOに関する公文書も閲覧可能である(ただし英語)。


候補キャラ

リグル・ナイトバグ(丸山公演)
Kikuri(白山)
博麗 霊夢(白嶺、巫女の女神)
森近 霖之助(香林坊)
永江 衣玖(羽衣伝説)
因幡 てゐ(能登の白兎)
封獣 ぬえ(羽咋市のUFO)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。