※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.最初はキャラ真似をせずなりきらないで来て下さい

2.お名前と、披露レパートリー数(1~10個)を言ってください

3.こちらが「3,2,1、どうぞ!」と言ったら一つ披露してください
披露する声真似は、動物の鳴き声、乗り物の音、歌真似ではなく
声優さんが声をあてているキャラクター真似か、
三次元の芸能人の真似でお願いします

4.披露後、危険ルールにひっかかるか否か審議するため、無音の時間が発生する事があります

5.審議の結果、その声真似が危険ルールにひっかかった場合、落とさせて頂きます

6.もし危険ルールにひっかからずセーフだったら次の声真似の披露へ進むことができます

7.危険ルールにひっかかるまで、又は披露数を終えるまで3.~6.の繰り返しになります

8.凸は何度来て頂いてもおkですが、同じ人の2連続でなく、必ず間に別の凸者さんを挟んでから来て下さい

★声真似を10個こなした場合、既出声真似の合計○百個の声真似をこなした場合は司会者側への無茶振り権が発生します★詳細