トップページ > windows > ブラウザ > Internet Explorer


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2011-03-08
■目次

■本文

IEに元からある機能を使う



Internet Explorer を終了する際にウィンドウの位置とサイズを記憶させる方法

任意の大きさに設定しているウィンドウを Shift キー、または Ctrl キーを押しながら、[閉じる] ボタンをクリックして終了します。
引用元:Internet Explorer を終了する際にウィンドウの位置とサイズを記憶させる方法

IEに機能を追加する

アドオンやアドインのインストール



自分自身のプログラミングによる機能追加等

VBA


ツールバー作成



プログラミング時に役立つIEの構造など


Internet Explorer のアーキテクチャの概要、そのコンポーネントの再利用についての情報、および開発者が利用できるすぐれた拡張方法のいくつかの簡単な説明を記載しています。 以下のセクションがあります。 * COM ベースのアーキテクチャ * Internet Explorer の拡張
IExplore.exeと、その下で動いているBrowsui.dllや、Mshtml.dllなどの関係性についてまで解説あり。objectやpropertiesなどより具体的なことについては、 Reference for Visual Basic Developers より深い階層に載っている。








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -