※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:タコ君ウインナー 元:武士 
キャラ:博麗霊夢

最近復帰したよろしくね☆ミ

また、負け抜き無双を獲得した勇者である。
10連敗達成した武士さんいまのきもちどんなきもち?
ねぇねぇ?今の気持ちどんな気持ち?


414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 03:03:17.79 ID:TNAQ9gwq0
10連敗した^p^
大会用(あと気分転換)ネーム安価する
※俺の名前は武士^p^p^

>>420

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 03:05:15.50 ID:iaK7KcnWP
kskst

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 03:05:17.73 ID:+wGYyQ9S0
ゲロしゃぶ武士


ちなみにこの時の卓の面子は


であった。
卓の開始時こそは

武士「レジェンドと一緒の俺は強いから勝てるしwwwwww」

とか調子に乗りまくりペンチャンツモなどをしていたが
局が進むにつれて

レジェンド「へぇ」
(親満ツモ)
女陰シールド「そうか」
(親満ツモ)
気持ちE「すごいね」
(満貫直撃)

とあれよあれよというまに逆転されていた
迎えたオーラスは女陰がラスで武士の10連敗回避か……?と思われたが

女陰シールド「振るなよ!!マンガン確定だから絶対振るなよ!!ってレジェンド振るなああああああああああああ
   みのがすお……あ、ツモった。ツモチートイドラ3。6000オール」


こんなので逆転負けを喰らい
華麗にラスを引き10連敗を達成した。

がんばってね!ゲロしゃぶ武士さん!!










名前の由来は漫画家の西森博之のファンといことらしい
平均順位は2.48~50の辺り
黙聴を察知できないので黙聴をオススメする
ダブリーで倍満、九蓮宝燈一向聴が自慢らしい

大会に参加しては上位に食い込む人
霊夢の能力を十二分に生かし攻防に隙の無い麻雀を打つ
実力もかなりのもの
霊夢の改変などは全部この人でないかと思われる

名前の読み方には諸説有り、「ぶし」派と「もののふ」派、「たけし」派で争いが起こるほど

多分イケメンで武士さんになら掘られたいと発言する人すら現れている

当たり牌をほぼ確実に潰してくるので聴牌しても立直しないことをオススメする



▼文花帖より
筆者の読み方は「たけし」さん派、「ゲロしゃぶ」でも可 伝説の負け抜き無双
丁寧な打ち筋が光る、職人気質な打ち手という印象があります
こちらのアタリ牌をきっちり能力で避けて、和了りをもぎ取る霊夢のお手本のようなプレイに脱帽・・・
最近同卓する機会が多かったのですが、幾度となく和了牌をブロックされてしまい厳しい思いをしました・・・
若干弱体化したとはいえ、霊夢の能力発動リーチはやはり厄介
っていうかまともに勝てた記憶がない・・・ 黙聴?でもリーチしちゃいますよ!
配信で突然ひょっこりとタコさんウィンナーが登場するのはシュールでかわいいですw

+ おまけ



    ┌ァ 、          / .l
     r'{ く ` ー--=ニ='   |
     >| く   -─  ´ ̄` ミ、|   __
     ト} く / /    、.: 、:.:.!    | | ヾ}ヾ}
      〔 !//.:// / .:|.:.:|.:、:\\|   | |   _
     //.:,' .:l.:l斗ー:|.:.:| :く´ ゙̄;|    ゝ二゙ノ
     // .:| .:.|.:!∧__ト、ヽ.:;≧‐┤    __
     レl .:!..:.ト、バr':::}\{` r'::::::|      | |
      \ヽ.:|∧ ゞ-′   `二L     ! !
       〉 ヾ. ハ ""  .  〈   ヽ   | |
       ,' l :.:|:.|>┬-、_ ,イ   ノ    ~
       { ハ..:|├ー┤/ヾ、___`T´
       ヽ{ lヾ从ll.:.:|/    .ハ|__
          |.:|.:.:.|`ヾ{三ミミ={/  ヽ
          |.:|.:.:.|.:.:/    ヽノ   }





これより下はネタをネタと許容できる人がどうぞ

























武士、そう聞いて貴方はなに思い浮かべるだろうか?
私は戦国時代を想い浮かべる
戦国時代、それは乱世の世
そんな中悲しき運命をたどったものも数多くいた

さて、そんな中に鶴姫という女性がいた
彼女は巫女であり姫、そして自身の生まれた地を守る武将でもあった。

彼女の伝説、詳しい戦いぶりについて割愛するが
要点をまとめると
”彼女は日本史上初の女性水軍指揮官として大内軍を敗走させた”
ということだ、

また彼女はこの戦により兄や恋人を失っており
この戦いで勝利したのち自ら命を絶った

さて、つまり彼女は巫女として武士として生きたのだ
ここでこのページの武士と共通することがないだろうか?

使用キャラは巫女、名は武士
即ち、このページの武士と鶴姫の共通点である

つまり、武士の中の人は聡明な女で鶴姫の生まれ変わりだったんだよ!













5連敗という絶不調の中
によるZUN連合に喧嘩を打った武士
はたして武士は自身の不調、そしてこの世紀末幻想麻雀に勝利することは出来るのか……?





東方星船麻雀 たったひとりの最終決戦 in 武士






(対局開始開始)
管理人「ZUNの攻撃が始まろうとしている。ZUNの能力はすさまじく、幻想麻雀が世紀末麻雀になるのも時間の問題だ。
   希望はひとつしかない。今この場でZUN連合を撃墜する。それだけが、VIP雀士が助かる道である。
   だが、VIP雀士に残された力は少なく、ZUN連合の力は強大だ。それでも我々は戦わねばならない。
   なぜなら、VIP雀士は敵に後ろを見せないからだ!
   残された戦力を結集して、ZUNに最後の攻撃をかける
   総員、戦闘開始せよ!」

管理人「こちら本部。まず邪魔者を片づける。CPUをすべて殲滅せよ!」

管理人「こちら本部。CPUを殲滅しろ。ZUNを丸裸にしてやれ!」

避難所民「このぉ! このぉ! お前らのせいでみんな死んだんだ! ちきしょう! ちきしょう!」
メッセ勢「どうせ帰る場所はないんだ。この戦績、くれてやる!」
本スレ住民「飛べ! 飛べぇ!」
女性住民「キャーッ!」

(第1段階・巨大砲台出現)
編集人「ZUN連合の能力ゲージが溜まりました!」

(ZUN能力・1発目)

VIP雀士「うあぁぁぁーっ!」
管理人「ZUNのゲージがある限り、ZUNに勝つことはできない。能力ゲージを破壊するんだ!」

(ZUN能力・2発目)

女性住民「キャーッ!」
本スレ民「本部! 応答願います! 敵の攻撃で、避難所民、メッセ勢は全滅!」
避難所民「本部! 応答願います! 砲撃で、みんなやられました! 動けるのは自分だけです!」
編集人「敵の砲撃で、本スレメンバーの大半がやられました」
管理人「何とか能力ゲージを破壊しろ!」

編集人「機密通信です。幻想麻雀関連で、いっせいに対局が始まりました。
   世界中、いたるところでVIPの文字が掲げられているとのことです」
管理人「どういうことだ? すでに各地のVIPは壊滅したはずだ」
編集人「旗を掲げているのは他の幻想雀士たちです!
   生き残った雀士たちが、VIPの旗を掲げ、幻想郷中で対局を開始したようです。
   おそらく、ZUNを孤立させるための陽動作戦と思われます」
管理人「我々を助けるため……?」
編集人「各地から続々と通信が入っています。すべて内容は同じ……
   “幸運を祈る”
   以上です」

(ZUNにダメージ)

編集人「ZUNのゲージにダメージを与えました!」
管理人「いいぞ!」

(ZUNから直撃を貰う)
編集人「ZUNのゲージの破壊に成功しました!」
管理人「やった! ついにやったぞ! 我々の勝利だ!」
避難所民「ZUNのゲージが落ちるぞーっ!」
本スレ民「勝った! VIPは勝ったんだ!」

(第2段階・染めて狙い)
編集人「ZUNに変化があります!」
本スレ民「本部、応答願います! マザーシップの周囲に何か……何かが飛んでいます!」
メッセ勢「こ、攻撃してくる!」
編集人「マザーシップの周囲を浮遊しているのは、ピンズです! 総数、およそ200!」
管理人「なんという……なんという火力だ!」

管理人「総員、ピンズを収集しろ!」
管理人「ピンズを回収するんだ!」
本スレ民「うわぁぁぁーっ!」
避難所民「本部! 応答願います! 敵の攻撃は苛烈! 飛び終了多数!」
本スレ民「本部! 本部! このままでは全滅を待つだけです!」
管理人「くそッ! 総員、ピンズを回収せよ! 最後まであきらめるな!」

編集人「見てください、ZUNのツモが行われています」
管理人「どういうことだ?」
編集人「おそらく、ぶっこぬきです。ZUNは雀卓のピンズをツモしていました。
   そして、すさまじい攻撃力を発揮するためには、さらに大量のツモを必要とするものと思われます」
管理人「多くのピンズをするためには、多くのツモを必要とするということか!」
編集人「ツモの回数が少ないならば、はやあがりに展開できないはずです。つまり、そこが弱点です!」
管理人「総員、ZUNにはやあがりで狙いうちせよ。まだ順が進んでいないとき狙え!」

避難所民「うわぁぁぁっ!」
メッセ勢「ぐわぁーっ!」
管理人「避難所民、応答せよ! 避難所明!」
管理人「メッセ勢、応答せよ! どうした、メッセ勢!」
管理人「本スレ組! どうした、本スレ組!」
編集人「攻撃部隊は……壊滅状態です」
管理人「弱点がわかってもどうにもならないか……」

規制組「こちら規制組。誰かがはやあがりで狙いうちしています。ZUNが黒煙が得点を失っています!」
管理人「信じられん・・・。あの攻撃の中を生き残った者がいる!そしてまだ戦いを続けている!」

規制組「こちら規制組。我々も戦闘に参加します!」
管理人「……許可する!」

(ZUNにダメージ)
編集人「ZUNへの攻撃に成功! 敵は活動停止!」
本スレ民「武士がやりました! ZUNを倒しました!」
管理人「ついにやったぞ! ZUNをやった! 我々の勝利だ!」

(第3段階・最終戦闘形態 ber1.5)
規制組「こちら規制組……ZUNが姿を変えました」
編集人「ZUNは健在です。周囲からゲージが出現。ber1.5形態を取ったようです」
管理人「これまでは本気ではなかったということか? なんという……なんということだ!」

メッセ勢「うわぁぁぁっ!」
本スレ民「ぐわぁぁぁっ!」
規制組「こちら規制組! もうだめです! うわあああ!」
編集人「雀士との交信不能…!」
管理人「もはやここまでかっ……!」

メッセ勢「本部! 応答願います! 飛び終了多数! 戦線を離脱しました!」
管理人「誰か戦場に残っている者はいるか?」
規制組「誰か……誰かが戦っている……誰かは分からない……どうぞ」
避難所民「俺は見たぞ……武士だ! 武士が戦っている……たったひとりで……!」
大会常連「こちら、大会常連。生き残ったのはわたしだけです。戦線を離脱しました」
管理人「大会常連、武士を見たか?」
大会常連「……」
大会常連「武士はたったひとりで、ZUNと交戦中。
     繰り返します。武士は、ZUNと交戦中!」

(ZUNに勝利)
編集人「ZUN撃破! 終了します!」
管理人「総員退避せよ! 武士が落ちる! できるだけ遠くに逃げろ!」





(現実)
管理人「どうした!武士!応答しろ!応答するんだ!武士!!」




現実は武士は途中で飛び終了である。
だが嫁のレムーとともに世紀末幻想麻雀に挑んだ彼の志は忘れられることはないだろう……

そして黄泉の国へようこそ。
2人目だね。





ず 

     っ 

       と

           ま 

       っ

   て

       い

              た

         よ

       ?   










トリプルZUNにたったひとりで挑んだ勇者

武士、ここに眠る




               £__
              / ̄   \
     ~ &     |      :::|
         ~       |      ::::|
              |    武  ::::::|
             |       ::::::|
             |     士  :::::|
             |       :::::::|
               |       :::::::|
               |       :::::::::|
              |  ∬      ∬:::| チーーン、、、
               |  ii ,,≦≧、 :ii :::::|
            _ |  旦∥===∥旦::::::| _
    -W-----┘二二二二二二二二二└--ff---\--