※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

稗田 阿求

能力名
ツモ牌予知型
効果   
発動時と以後3巡のツモ時に、
最大で6巡先までのツモ牌を調べる。
絵師
和泉千紘
感想
旧ver時代の先人のお言葉

この能力はこれからツモる予定の牌を見るというもの
時間もわりとたっぷりあるので焦らなければ覚えるのは簡単なはず
阿求ならまず忘れないからキャラとの相性は抜群である(中の人がついていけるかは別)

利用法としては面子の選択を迫られたときに使うのが一般的
他にも染め手やチャンタ系に行くかどうかを判断する材料にもなる
ただ、効果にもあるように順をずらされると意味が無くなるので注意
能力を使う前に鳴かれそうな牌は処理しておくべきである
鳴かれた場合でも上手くずらしなおせば引けるらしいので狙ってみても良い

またずれた場合は見た牌が相手にいくようなので、その牌を相手が使うなら相手の手を推察する材料になる
そういう意味では攻守に使える、便利な能力と言える気がする

個人的には能力を発動後、数順待ってリーチ一発ツモ!
で、ガン牌ごっこするのが好き
だが成功率は今のところ限りなく低い…     byNomo



Rev2になって大強化されたキャラのうちの1人。ゲージが1本から2本になり、発動後さらに3順ツモを見れるようになった。これにより鳴かれる可能性が高い序盤でも能力ぶっぱが可能になった。
また、能力使用後3順まで「ツモ牌予知」とステータスに表示されるようになり、鳥目などで上書きされてしまうようにもなった。しかしこちらからも上書き可能だし、上書きされても未来は変わらないのでそこまで痛いわけではない。

ツモがずれるのはポン、チー、カン、文の能力、手牌を入れ替える系能力、特定牌ツモ系能力があったとき。
能力で牌をツモられるとずれるんじゃなくランダムになるので、いくら強化されたとはいえ他家の能力ゲージには一応注意して使うべきである。

追記:メルランでもずれる事を確認、ルナサで閉じた場合は不明のため要検証

意外と一発ツモのチャンスはあります。しかしツモ切りリーチだとバレバレなのでなるべく手出しリーチしたいところ。手出しリーチだとずらすための邪魔鳴きは入りにくい(気がする)。またツモ切りリーチのブラフを最初から多数混ぜてたら本命の一発ツモがスルーされることも(ある気がする)。

対子場(目安として3対子程度)のときは開幕発動してチートイ狙うのが最速。裏目(ほぼ)無しなので早ければ序盤でテンパイ可能。
また、早い順目でツモを見ることは別のメリットがあり、それはツモ順がずれたとき。たとえば他家が字牌ツモの後捨てなかったら対子または暗刻になっている可能性が高いので仮に自分が後にその牌をツモった場合アタリ牌を握りつぶすことができる。もしくは字牌などを切りたい時に他家が鳴く可能性のある場合、山に眠っていることを知ってさえいれば安全に切れる。

あと、絶望の未来が見えても泣かない。鳴かれそうな牌連打で鳴いて貰って、ずれることを祈ろう。

信頼の一発率!両面でリーチ一発ツモできるのは阿求だけ!阿求かわいいよ!でもこの強化で使用率増えたら嫉妬しちゃう!

ver2.5で秋刀魚ネット対戦が実装されたので秋刀魚阿求の感想をここに

驚異の一発率!バレバレのツモ切りリーチでもいけます。秋刀魚で他家はポンでしかずらせないため悲しみに包まれることでしょう。
さらに役満が普通に狙えてしまいます。四暗刻なんか特に狙い目。
唯一注意すべきは秋刀魚は四人打ちに比べて他家が鳴き手か面前かが顕著なので、鳴かれそうなものは必ず先に処理しなければいけないでしょう。