※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宇佐見 蓮子

能力名
時間短縮型(星と月を見る程度の能力)
効果   
発動した局の間、他家の待ち時間を5秒にする。
絵師
ともえひむろ 8bit
感想
サークル秘封倶楽部のメンバーにして我らのアイドル、星と月を見る人。

概要

ver1.6までは2秒ずつ縮めての限界4秒制限までだったが、Rev2からは一気に5秒制限をかける。
それに伴い、ゲージも三本から一本へ減らされ、更にゲージ上昇率が酷く落ちた(2.4→1.40)為、打ち所を見極めなければならなくなった。大体三局に一回の割合である。
キャラゲージ速度一覧を参照して戴ければどれだけ遅いかも分かるだろう。

だがその結果、どの秒数の卓でも効果が出る事になったので、卓を選ばずに済む事になったのが挙げられる。
前と同じく、初心者や長考しがちな雀士には猛威を振るう可能性はあるが、例によって上級者もしくはフィーリングで打つ猛者には効果が薄い。
それに5秒と言うのはこう見えて案外長いモノで、読み込み時間と相まって、打ち手を焦らせるには少々物足りないかも知れない。
尤も普段から15秒卓でゆったりとやってる人達からすれば、いきなり5秒にされるのだから堪ったモノではないだろうが…。
故に…相手に依っては、凄く嫌われるタイプの能力でもある。
能力を撃ち込んだら自分も早打ちに徹するのが礼儀かも知れない。

率直に云えば、強化とは言えず、かと言って弱体化とも云えず、どっち付かずな結果になっている。
ただ、自分のペースに巻き込むには十分な力はある。


能力使用考察

では…役に立つかどうか分からないが一応、その能力の撃つタイミングを考察してみよう。

  • 局の初手
早打ちを徹させる事が主であり、また、その局を早く流す意味も含まれている。正直自分の配牌が悪いのであればさっさと次の局に移りたい時に便利かも知れない。

前述に書いた事を撤回する形になるが、所々でわざと長考を仕掛けると云う手もある。
相手が何故此処で長考したのかを考えさせる事で、心理戦に持ち込ませる事も出来ると云う考えだが…まぁ、正直な処、効果は薄い…と云うか、無いだろう。
…申し訳ないが、個人的な希望である。

  • 中盤
相手の撃つリズムを狂わせる事が主な目的であり、初手と同じく長考させるそぶりを少しチラつかせるのも悪くない。
大体7順目に何も動きがなければ、撃ち込んでも問題は無い。

  • テンパイorリーチ時
云うまでも無く誤打を誘発させる為であり、その為一番使われるタイミングである。
それ以上でもそれ以下でもない…が、テンパイ時に於ける能力発動したと思わせるブラフで撃ち込むのも良いだろう。
但し、ブラフで撃ち込む場合には完全に騙せる自信が無いと駄目である。
…こればかりは常日頃、そう云った癖を付けておかないと駄目なのだが。

デジタルが主流のネット麻雀だからとは云え、所詮は人間同士の討ち合いである。
何処かに人の癖…心が打ち筋に出る、それを逆に利用すれば良い事。
案外、身内同士の対戦では強い効果が出るかも知れない。

とは云え、そもそもこの能力を使われた瞬間、相手によっては決め打ちをされる可能性がある。逆にそこに付けいる隙を見出せれば…勝機が見えるかも知れない…が。

  • 相手のリーチ時
云うまでも無くリーチ者のフォローと云う形になる。
トップの相手を何としてでも引き摺り落したい時、タッグ大会でのフォロー等、用途は色々とあるが、逆に云えば諸刃の剣でもある。
…自分が振り込んでしまえば無駄撃ちで終了なのだから。

  • ツモ和了時に能力を使用した場合
魅 せ る と 云 う だ け の 嫌 が ら せ で あ る
正直、程々にしましょう。

  • 唯一苦手な卓は魔界…?
魔界での能力使用は、割と損にしかならない事が多いので、リーチ時…それも確実だと思える手に限定した方が良い。
能力をガンガン使って、勝てたらそれはそれで気持ち良いのかも知れないが…。

結局のところ…

彼女の能力は補助的なモノなのである、それを忘れてはならない。
己と、己の閃きと、そして彼女を信じて戦える…上級者向けだろうか。

…寧ろ難しい事考えず、そんな事なんかお構いなしに初手で発動して、貴方と蓮子のぶらり二人旅でもすれば良いんじゃないかな、と思う次第。
勿論面子にメリーさんが居るとその仲を邪魔されたりするのはご愛嬌、その辺のやり取りは脳内保管で楽しもう。

尚、蓮子祭りの際には 一局に付き二人までの使用 に止める事。
それ以上はゲージの無駄である。

さぁ蓮子の手を取って…秘封倶楽部の活動開始と参りましょうか。


…どおでも良い事だが。
蓮子とメリーがともえひむろ氏だと分かった時、個人的に狂喜乱舞だったのは…内緒の話。
by龍弥