※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミスティア・ローレライ

能力名
特殊・卓隠蔽型
効果   
6巡の間、他家を鳥目状態にする
鳥目状態の間は自分の河と手牌以外は見ることが出来ない
絵師
れいあさん tamajamさん
感想
端的に言ってしまえばいやがらせ以外の何物でもない能力。妨害系の能力なので打点を高くしようと思ったら自分で何とかするしかないが、相手の振り込みを誘うこともできる。6順の間、相手が鳥目になるのでよほど記憶力がよくないとみすちーの河を覚えていられないため、上級者でも振り込む場合がある。また、リーチと同時に能力を発動した場合、6順の間は他家の捨てた安牌が全くわからないため、より相手を窮地に追いやることができる。
自分の手を見られないので鳴きの染手や一通、三色がばれにくいという特性がある。主にメインは鳴き混一か、どちらにせよ面前手が苦手な人向けではある。
注意点は能力の上書きが可能なこと。たとえば輝夜、霊夢などの自分に効果のある能力を使われると鳥目が一瞬で解消される。しかし、逆にこちらからの上書きも可能であるのでにとりやルーミア、霊夢や藍様の能力リーチにはどんどん使っていきたいところである。ただし、妖夢や同じミスティアなどに対しては、こちらが能力を発動しても自分にかけられた能力が消えるわけではないので注意すること。

能力発動のポイントとしては残り8順以内での中盤~終盤にかけてのリーチと同時に発動が好ましい。しかしこの時にはすでに相手も聴牌している危険性もあるので河を良く見ておいた方がいい。そしてストックが二つあって配牌時に染めての線が有力だった場合にも使っていこう。まずはどう考えてもいらない字牌整理をしてから能力を発動させるとより効果的である。鳥目の効果が切れた時は切れる前に重ねがけしておいたほうがいいだろう。
そしてもう一つが先ほどあげた能力の上書きである。特に藍や輝夜に対しては能力使用を控えて、相手の能力発動時の切り札として取っておいた方が無難かもしれない。能力発動のポイントとしてはこれら3つの条件を考えて常時臨機応変に対応していきたいところである。
また、能力発動時は自分を除く全員が鳥目状態であるがこれを他家が利用することもあるので十分に注意すること。こちらが能力発動と同時にリーチをかけられたらアシストしているだけである。

そしてRev2で新しく公開されたAnotherのみすちーの絵が素晴らしい。
あの太ももにはぜひともしゃぶりつきたい。性的な意味でも食的な意味でも     By AYAME