※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テキスト仮置き場

こそっと仮置きしてみます

しなりお



共通
1日目 プロローグ
    選択肢 ミク メイコ カイト
    エピローグ


アイデアとか

世界観

  • ボーカロイドが普通に生活している以外、現代日本と同様
 ただし、ボーカロイド関連については妙に技術が発展している
  • 自活している“野良”ボーカロイドがいる
  • ボーカロイドに対する偏見などなどは、ほぼない

ボーカロイド

  • なにか有機的なモノでできてるアンドロイド的なモノ(R・田中一郎のような)
  • 歌うことが主目的であり、存在意義
  • 単独では歌えない。必ず伴奏者やBGM、一緒に歌う人間が必要
 もしくは事前にプログラムを組む?
  • 食事をするし、風呂にも入るが代謝とかはしない
  • エネルギー補給としての食事、表層の汚れを落とすための風呂
  • 2年に一度、総点検が義務づけられる(車検のような)。そのときに記憶の整理をおこなう
  • 記憶を五感をともなって残しておくことができ、人間の記憶のように劣化しない
  • しかし、容量に限りがあるので、記憶の要不要を選択・整理しなければならない
  • 記憶の要不要は、主人もしくはボーカロイド本人が選択する

主な舞台

  • バー(居酒屋?)
   * 外観はバーだが、混沌としている
   * ピアノあり(主人公が弾く)
   * 人間の客は工事現場帰りのおっちゃんとかメイン? アベックとか来ない
   * 野良ボーカロイドの客も来る

キャラクタ

  • 主人公(仮名:田中)
   * 20歳前後、男性
   * ウェイター兼ピアニスト兼ツッコミ
   * 学生時代の病気で聴力を失う(低い音がかろうじて聞こえる?)
   * 基本的に人間不信。今では、それなりに社交性を持とうとしている
   * ピアノが好き
   * 他人に自分の心情を晒すことがなく孤独だった
   * 彼のピアノ曲は穏やかな曲が多いが、その真意は「さみしい」孤独の曲だった
   * 過去に前オーナーとメイコに会っている
   * メイコのためにピアノを学んだ?
   * 両親の死。埋められない孤独感
   * メイコに対しては憧れとか恋愛感情に極めて近いものを持つ

  • MEIKO(メイコ)
   * 見た目20歳~25歳?女性型ボーカロイド
   * 作品の舞台であるバーのいちばん偉いひと
   * 姉御肌
   * お酒が好き
   * 製作者であり主人でもあった前オーナーの死後は歌うことをやめている
   * メイコの歌が原因でオーナーが死亡?
   * 人間になりたい、家族が欲しい
   * 動物園が好き(人間の家族への憧れ→前オーナーの影響)
   * 過去、主人公のピアノで歌うことを約束
   * オーナーとの思い出を消さないために、記憶容量が極端に少ない
   * 短い周期(2週間に一度)で記憶の整理をおこなっている
   * ミクの試作機(入力側)
   * 人間の精神に作用する声を出力できる
   * 田中に対しては弟のような親愛の情
   * カイト,ミクに対しても弟妹の扱い
台詞例
「ほらそこ! サボってないで給料分の仕事をする!」
「なによーあんた私の酒が飲めないって言うのー?」
「私は…もう歌わないって決めたから」

  • KAITO(カイト)
   * 見た目20歳前後?男性型ボーカロイド
   * 料理を作ったりーウェイターしたりーアイスを食べたりー
   * 歌うことに対する興味が薄い――歌うことができない?
   * 変態
   * クールに変態
   * 基本的にはマゾだが突発的にサドに転じることもある変態
   * アイスが好き
   * 道化役
   * 手品が特技。マフラーや股間からハトが飛び出してくる
   * ミクの試作機(入力側)
   * 人間の精神状態を脳波や心拍数、体温分布などなどから理解する
   * 繊細。道化役を演じるのも否応なく他人の感情が理解できてしまうため
   * 田中に対しては、当初警戒していたが、今では友好的な関係というか、もはや愛
   * メイコ、ミクに対しては姉妹のような
台詞例
「たなかーアイス食べたいーあいすーあいすーあいすーあ、ぐぼへぁっ!!(←うるさいのでよく蹴られる)」
「ふっ…視姦かい? そんなに見つめられると……ほぉら、乳首が勃って、あべしっ!!(←きもいのでよく蹴られる)」
「……で、キミが姉さんを幸せにしてくれるとでも?」

  • 初音ミク(ミク)
   * 見た目15歳前後?女性型ボーカロイド 研究用? 試作機?
   * ウェイトレス兼歌手
   * ネギが好き
   * 序盤、声が出せない
   * 研究所的なところから逃げ出してくる
   * 彼女の声は、不可聴域で人の精神に影響したりする
   * また、効率よく人間に癒しを与えるために、精神状態を捉える機能がある
   * 妙な機能をつけてるので、歌う機能に支障が出ている?
   * 自分を失敗作だと思っている
   * 誰にも必要とされていない。誰かに必要とされたい。誰かのために歌いたい
台詞例
『す、すいませんっ! わたし、ビームとか出せなくって…』
『(ネギを)見てるだけで、なんだかしあわせな気持ちになれるんですよー』
「…♪ みっくみくに――あ、ち、ちがいますよ! いまのはその練習とかじゃなくて」

プロット的ななにか

共通(5日くらい)

店休日:動物園(めいこorミク;好感度による。もしくはカイト?)

各ルートへ(ここでの選択如何でエンド分岐)

  • 共通
   * 仕事したり、ピアノ弾いたり、買出し行ったり、お酒飲んだり…といったイベント
   * ミク:仕事教えたり教えなかったり。互いに惹かれあう
   * メイコ:呑んだり呑まれたり。“主人公が”メイコに惚れている
   * カイト:ギャグ中心。主人公を押し倒す勢いで
   * 一日に一回くらい選択肢を入れて、好感度が高いキャラのフラグを立てる?

  • 動物園
   * メイコのフラグが立っていれば4人、それ以外ならメイコ以外の3人で動物園に
   * メイコフラグが立たなかった場合、メイコは工場的なトコで記憶の整理をする
   * 基本的な流れは、4人でも3人でも変わらず。観覧車に乗る相手が変わる。
   * 観覧車に乗るのはフラグが立っているキャラクタ
   * メイコの場合キスとかしたりする?

  • ミクルート(旧Meikoルートのやきならし)
   * 起:ミクが主人公のピアノに合わせて歌いだす
   * 承:バー大盛況
   * 転:ミク連れて行かれる
   * 結:取り戻しに行く→バッドエンド:ミク壊れる。ハッピーエンド:ミク復活

  • メイコルート
   * 起:ラブコメ。ミクに構ってると嫉妬したりするメイコとか…。無難なラブコメ
   * 承:ラブコメしつつ記憶喪失フラグを立てまくる。観覧車にのったことを思い出せなかったり
   * 転:メイコ記憶消失。田中に関する記憶“だけ”を失う
   * 結:記憶復活?→バッド:過去にとらわれたまま。ハッピー:思い出は思い出として。メイコ歌う

  • カイトルート
   * カイトの食べていたハーゲ●ダッツの容器の底に当たりのマークが!
   * これがあの悲劇のはじまりになろうとは誰も…うん、まだ考えてないんだ。すまない
   * ここから、リンレンに分岐したり、ルカに分岐したりしてもおもしろいかも!?