第18回セッション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催

2009年10月11日
鳩ヶ谷

参加者

DM Yoshi
マルグリッド TG
ミント 吉川屋
ホッケミリン 駄帝王
ムラサマ SHOWちゃん
フェリア るるりん
ヘルベチカ 黄桜
ヒダン TAKA
モルディナ しぶちぃ
ベアトリス 黄桜

報酬


経験点

5lv 844点
マギーレベルアップ
モルディナレベルアップ
6lv 675
ミントレベルアップ

6lv 1291
ホッケミリンレベルアップ
ムラサマレベルアップ
7 1538

概要

■ランダムエンカウント
 アトを継ぐものに属するゴロツキと、スラムで喧嘩になる。心術で混乱させられたモルディナによりヘルベチカが死亡。が、術者は同じく混乱させられたままのフェリアによって倒される。もう、わやくちゃ。
 エスサーチ氏に頼んで欠員を補充。騎士・ベアトを加えた一行は、マギーに振り込まれた金で若干装備を整え改めて死霊術士の塔へ。前回踏破部分から先を目指す。

■死霊術士の塔
 死体書庫の趣味の悪さを満喫。奥の台所でアンデッドの群れと遭遇するが、マギーのターンアンデットにより一気に形成が傾き、これを打破。
 ミントが隠し扉を発見し、更に奥へ。螺旋階段を発見。ここで隠し扉前で唱えたディテクト・マジックをけちり、時間一杯解除せずに進んでいたフェリアが魔法の罠を発見する。ムラサマのディスペルが炸裂。怖いくらい順調に進む。
 螺旋階段を登り、2階へ。進んだ先にあったのは、おそらくは死霊術の実験用と思われる死体置き場。フレッシュゴーレムとアンデッド化したラットスウォーム(スケルトンとゾンビの両方)に襲われるが、これも撃破。しかし回復が心許なくなったこともあり、室内を捜索したあと撤退した。

エンカウント

■ランダムエンカウント
グリムロック
脅威度1(クラスがなければ)
アライメント:しばしば中立にして悪
その他の特殊能力数:3
鋭敏嗅覚
視力による影響の完全耐性
疑似視覚能力40フィート
特殊攻撃の数0
一般的なグリムロック
移動力30フィート
よそ者を恐れることはなはだしい
AC21

ブレストプレート×3(200GP)
高品質グレートアックス×3(320GP)

アンバーハルク
AC18
見たら混乱する(意志15)
600GP

■石の流し台がある部屋
何か小さいもの(トゥームモート)
AC18
HD3
その他特殊能力の数:3
アンデットの種族特徴
素早さ
ダメージ減少2/冷たい鉄または魔法
特殊攻撃なし
アラメント:混沌にして悪

戸棚のミミック?(ミミックグール)
その他特殊能力の1番目:暗視
その他特殊能力の2番目:アンデットの種別特徴
その他特殊能力の3番目:酸に対する完全耐性
その他特殊能力の4番目:形状擬態
その他特殊能力の5番目:退散抵抗+2


黄金の食器セット:500GP
調理用のナイフ:銀の刃、象牙の柄、高品質の銀製ダガー(350GP)


■2階の大部屋
ボーンラットスウォーム
4HD
群がり攻撃、1D6


コープスラットスウォーム
8HD
群がり攻撃、1D6および病気
その他特殊能力3番目:スウォーム副種別の完全耐性(刺突・斬撃半減、特定数を対象とする魔法に完全耐性)


フレッシュゴーレム
通常攻撃:叩きつけ、2D8+5
特殊攻撃の数:1
特殊攻撃:凶暴化
その他の特殊能力の数:5
暗視力10フィート
人造の種別特徴(精神作用効果の完全耐性、などなど)
ダメージ減少5/アダマンテイン
魔法に対する完全耐性
夜目
HD9
AC18

次回買い物リスト

携帯用破城槌

感想

モルディナ
 エンカウント戦は、私のせいじゃないよね?
 エンラージパーソンはプロテクションフロムイーヴィルの後だった。これは戦術ミス。ビナイン・トランス・ポジションの呪文を忘れていたのも痛い。
 一番の敗因は、戦闘開始の時点で誰一人「今日は塔に登るの諦めよう」と思っていなかったことだろう。引き返しうる遭遇戦ではリソースをケチるなって教訓になりました。そのほうが、結果的にリソースの節約になる。
 PCとしては、まあ切り口見れば自分の仕業ってことくらいは分かるし、事実は察しています。でも、乱戦の喧嘩、それもああいう相手じゃ仕方ないって割り切ってますよ。その辺、罪と感じていたら前に進めなくなる性格なので。

ムラサマ
 モンスターの情報を聞くときは、通常攻撃方法や特技なんかも視野に入れよう。持って行ける呪文が増えたのでノックを持っていこうかな?

マルグリッド
 最初のキュアシリアスでサークルPFEを削ってしまったのがくやまれる><
 その後単独PFEでカバーすればいいものを…

フェリア
 最初の戦闘は明らかに慢心してました人です。囲まれるのわかっててグリムロックに突撃→アンバーハルク出現で瀕死。この時点で私的には帰る気マンマンでしたが(即時化したトゥルーストライクを使用)そもそもアンバーハルクの混乱を視線を切って戦うという選択も考えるべきだったなぁと。
 混乱してなければ、手当たり次第に斬りつけるって事は無かったでしょうし・・・。あの状況下だと、誰が味方を倒しても、倒されてもおかしく無かったからしね。(たまたま斬り殺さなかっただけって話。私もしっかりホッケミリンに斬りつけていましたしねぇ(遠い目))
 取りあえず教訓としては、どんな状況でも逝く可能性があるので、いろんな意味で備えて起きましょうって事でしょうかね。

ヒダン
 今回は尊い犠牲をが出てしまった。
 一緒に参戦したヘルベチカが他界した、冒険が一段落したらヘルベチカの遺品を遺族に届ける事を
 心に誓うとともに、これからの冒険を無事に生き延びられるように願う。
 (プレイヤー的に仲間を攻撃した事を反省、今後はないようにしたい) 

ミントさん
死人も八人目。自分の意地もあるが、迷惑な王様の依頼だのう。返却したあと、文句いっちゃる。

今回のルールミス

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。