カーテンコール 【かーてんこーる】

いわゆる舞台公演終了後の挨拶のこと。多くはお辞儀や手を振ったりして観客の拍手や歓声に応えるだけのものだが、一連の公演の初日、千秋楽などの節目では代表者が謝辞などを述べる場合もある。
アンコールとしばしば混同されがちだが、カーテンコールは曲など追加のパフォーマンスをねだるのではなく、単に登場を要求するものである。
客席と舞台は通常は緞帳により仕切られているが、その緞帳が上がる(もしくは幕が開く)ため、カーテンコールと呼ばれる。
ハロプロ関係の舞台・ミュージカルでは何度も行うのが特徴。


  • 2006年8月の「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」千秋楽では小川麻琴の卒業セレモニーも兼ねていたため、
  計5回もカーテンコールが行われTBS系「イブニングニュース」などで取り上げられた。
  • 2008年8月の「シンデレラ the ミュージカル」の千秋楽ではそれをさらに上回る6回のカーテンコールが行われた。


名前
コメント
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。