※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AS3 メモ


画像やSWFを読み込む

読み込める形式はSWF、GIF, PNG, JPEG
GIFアニメの場合は1フレーム目のみ
swfはどのバージョンでも読み込めるが変数を参照する場合は同じバージョン同士でなければならない

 import flash.display.*;
 import flash.net.*;
 var loader_obj : Loader = new Loader();
 var urImage : String = "test.png";
 var url : URLRequest = new URLRequest("urImage");
 loader_obj.load(url);
 stage.addChild(loader_obj);

 var urImage : String = "test.png";
 var url : URLRequest = new URLRequest("urImage");
 loader_obj.load(url);
この部分を1行にまとめることもできるらしい いいね
 loader_obj.load(new URLRequest("test.png"));

画像やSWFを埋め込む

埋め込める形式はJPEG, GIF, PNG, SVG, SWF, TTF, MP3
埋め込むので、サイズの大きいものを埋め込むとSWFまで大きくなってしまうので注意
しかし一度埋め込むとSWF単体だけで動かせるという利点もある
 import flash.display.*;
 [Embed(source='hoge.png')]
 private var test:Class;
 var test:Bitmap=new test() as Bitmap;
 addChild(test);


スケールモードの設定

100%表示
 stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;
 または
 stage.scaleMode = "noScale";
すべて表示
 stage.scaleMode = StageScaleMode.SHOW_ALL;
 または
 stage.scaleMode = "showAll";
縦横比を変化させて画面にフィット
 stage.scaleMode = StageScaleMode.EXACT_FIT;
 または
 stage.scaleMode = "exactFit";
縦横比を変化させずに画面にフィット
 stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_BORDER;
 または
 stage.scaleMode = "noBorder";

FPSを表示する

 /************************
 * テキストフィールドの作成
 ************************/
 var drawFPS = new TextField();	//テキストフィールドを生成
 drawFPS.background = true;
 drawFPS.width = 60;
 drawFPS.height = 18;
 stage.addChild(drawFPS);
 
 /************************
 * フレームレートを表示
 ************************/
 var frameCnt:uint = 0;		//1秒間に実行したフレームをカウント
 var oldTimer:int = getTimer();	//flashを再生し始めてからの時間(ミリ秒)を取得
 
 stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME ,function(){
 	frameCnt ++;
 	if(getTimer() - oldTimer > 1000){
 		drawFPS.text = "fps = " + frameCnt; 
 		
 		oldTimer = getTimer();
 		frameCnt = 0;
 	}
 });