※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


3D View

モデリングの全てをこの窓で行います
ショートカット■基本操作 ぐらいは丸暗記してください

モード

選択しているObjectが変更可能なモードが表示されます。
  • Object Mode:ショートカットで戻るとこの状態になります
  • Edit Mode:メッシュをポリポリします
    --Tab
  • Sculpt Mode:ねんどモード
  • Vertex Mode:頂点に色をつけます
    --V
  • Texture Mode:
  • Weight Mode:ソフトボディやボーン等の影響度を塗ります
    --shift + Tab

Draw Type

3DViewのシェーディングを変更します
  • bounding box:最も遠い頂点同士で作る方形を表示します
  • Wire Frame:頂点と辺のみで表示されます
  • Solid:マテリアルカラーを表示します
    --Z
  • Shade:陰影を表示します
    --Shift + Z
  • Textured:
    --Alt + Z

Pivot

変形に使われる中心を変えます。Editモードで重要になってきます。
  • Bounding Box center:
    --,(カンマ)
  • Median Point:
    --Shift + ,(カンマ)
  • 3D Cursor:3Dカーソル
    --Shift + .(ピリオド)
  • Individual Centers:選んだ頂点の中心
    --Ctrl + .(ピリオド)
  • Active Object:最後に選んだ頂点
    --Alt + .(ピリオド)

3Dマニュピレーター

マニュピレーターで変形に使う座標。
Global:Global座標に沿った変形をします。
Local:Local座標に沿った変形をします。
View:視点が基準になります
Nomal:法泉方向を基準にします。法線の表示はEdit>Mesh Tool More>Draw Nomal

レイヤー

Objectモードのみ表示されます。
Ctrl+0~9で表示するレイヤーを変えられます。Ctrl+Shift+0~9で複数レイヤーを選択。
Shift+MでObjectのレイヤー移動が出来ます。Shift+クリックで複数レイヤーにまたがって表示します。

カメラロック


スナップ

対象の面や点にくっつきます


レンダリング



たまに使うキー


  • Ctrl+P(ペアレント):2つのObjectを選んで親子化します。最初に選んだ方が子です。1親に2子繋げる事は出来ません
  • Ctrl+J(ジョイント):Objectを結合して1つのObjectにします。
  • Alt+C
  • Alt+Shift+A:Duplicateで複製した物をメッシュ化します