プログラマメモ VB6.0_ウィンドウの表示状態を制御する

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィンドウの表示状態を制御する


1、WindowsAPI-SetWindowPosを宣言します。
'指定したウィンドウの位置、サイズ、および表示状態設定API
Private Declare Function SetWindowPos Lib "user32" (ByVal hWnd As Long, ByVal hWndInsertAfter As Long, ByVal X As Long, ByVal Y As Long, ByVal Cx As Long, ByVal Cy As Long, ByVal wFlags As Long) As Long

ウィンドウを常に手前に表示/解除


Public Enum ENUM_HWIA
    HWND_TOPMOST    = -1
    HWND_TOP        = 0 
    HWND_BOTTOM     = 1
    HWND_NOTTOPMOST = 2
End Enum

Public Sub TopWindowKeep(Optional ByVal veHwia As ENUM_HWIA = ENUM_HWIA.HWND_NOTTOPMOST)
    Call SetWindowPos( _
	Form1.hWnd, _
	veHwia, _
        Form1.Left / Screen.TwipsPerPixelX, _
        Form1.Top / Screen.TwipsPerPixelY, _
        Form1.Width / Screen.TwipsPerPixelX, _
        Form1.Height / Screen.TwipsPerPixelY, 0
End Sub