Richard Kane Ferguson


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Richard Kane Ferguson

Richard Kane Ferguson(リチャード・ケイン・ファーガソン)は、マジックのカードのイラストレーターの1人。幼少時はニューヨーク州のミドル・グローヴ(Middle Grove)で過ごす。

レジェンドより参入し、多くの伝説のクリーチャー達を手がけた。
もやのかかったような、輪郭のはっきりしない画風(グアッシュ画と思われる)が持ち味で、その深い魅力で固定ファンも多く獲得してきた。
彼を語る上で欠かせない代表作である黒き剣のダッコン/Dakkon Blackbladeの人気の程は凄まじく、本人にとっても快作であった。
同カードはクロニクルでの再録にも選ばれ、日本人プレイヤーの人気を獲得した原動力であったことは相違ない。

その他の代表作には、略奪/Pillageアライアンス第6版)、大気の壁/Wall of Air第5版)、ワイルドファイアの密使/Wildfire Emissaryなど。

  • 独特すぎる画風が災いしたのか、いくつかのイラストが似すぎていて、一見で判別しにくいと苦情が来た事があった。
  • だが、「Harold McNeillよりはよっぽどましだ!」、とは多くのプレイヤーの声。

エクソダス以降新しい絵をお目にかかる機会が失われていたが、時のらせんでリバイバルを果たした絵師の一人となった。こちらはアンヒンジドの充電期間もない突然の再登場であり、プレビューカード菅草スリヴァー/Sedge Sliverのクレジットに彼の名が記されたのを見て驚いたファンも少なくないだろう。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。